007 スペクターの作品情報・感想・評価 - 526ページ目

007 スペクター2015年製作の映画)

Spectre

上映日:2015年12月04日

製作国:

3.8

あらすじ

少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンド(ダニエル・クレイグ)。その写真に隠された謎に迫るべく、M(レイフ・ファインズ)の制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルチア・スキアラ(モニカ・ベルッチ)と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ(アンド…

少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンド(ダニエル・クレイグ)。その写真に隠された謎に迫るべく、M(レイフ・ファインズ)の制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルチア・スキアラ(モニカ・ベルッチ)と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビ(アンドリュー・スコット)がボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニー(ナオミ・ハリス)やQ(ベン・ウィショー)の協力を得つつ、スペクター解明の鍵を握る旧敵、Mr.ホワイト(イェスパー・クリステンセン)の娘であるマデレーン・スワン(レア・セドゥ)を追う。死闘を繰り広げながらもスペクターの核心部分へと迫るなか、物語の舞台は氷雪のアルプス、そして灼熱のモロッコへー。ボンドは追い求めてきた敵と自分自身との恐るべき関係を知ることになる――!

「007 スペクター」に投稿された感想・評価

前作で悲しみの死を遂げたMちゃん。
製作陣も彼女を失ってしまったことはかなり痛かったと見えて、たびたび今作でも登場している。

そんな感じでやはりMちゃんが抜けた穴はデカかった。

ニューMは頼りないし、代わりに振り回されるQは何か物足りない。

Mちゃんの存在はここまで大きかったのかと、感じさせられる作品だった。
先行ロードショウ カッコいい 理屈は、いりまへん。ワルサーPPK使ってた。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.0
2015/11 劇場

「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンドは、そこに隠された謎を追って単身メキシコ、ローマと渡っていく。その過程で悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルキア・スキアラと出会ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を突き止めるが……。(映画.com)

************

ひどい。ここ最近のボンドでは一番ひどかった。回顧もいいけど進化させてほしい。

兎に角テンポが悪すぎる。ものすごい間延び感。笑いのエッセンスも微妙過ぎるし話も荒すぎてめっちゃくちゃです。
キャラクターの魅力に頼り過ぎた展開で、なんだこれは…という気分になってきます。

そして話自体がまんまMI6=IMFじゃん…みたいな。目新しい何かもなく、一区切りの作品としては本当に残念な出来でした。
話としては京極夏彦の女郎蜘蛛を思い出したんですけどやっぱり無理やり繋げたったわ感がします。まあ途中からそういう構想を思いついたんだろうなあ、みたいな。

結局のところ、オマージュいっぱいだったりでファンの為の映画なのだと思う。
香港映画や韓国映画、○○監督作品、ボンド映画。そういうカテゴリーで見ることが出来る人用です。まあそれは悪い事ではないけれど、こういう大作でやられると正直困惑します。娯楽大作を見に行ったのにオナニーを見せつけられた感…みたいな。

52/268/320
冒頭のメキシコ「死者の日」の長回しから、触手フェチにはたまらないオープニングクレジットまでは最高!ただそこからは「スペクター」よりも「睡魔」との戦いでした…。テンポが悪くて、決め台詞も決まらず、尺ばかりは長いとか…。期待しすぎたのかもしれません。
chao

chaoの感想・評価

5.0
素晴らしい!!

オープニングから涙が出るなんて想定外でした。
Sam Smith「Writing's On The Wall」が合いすぎて、震えが(((>_<)))

ダニエル・クレイグのボンドはもちろん、いや~な悪役を演じさせたらピカイチのクリストフ・ヴァルツ、安定感のあるベン・ウィショー…そして、今回のボンドガールのレア・セドゥ!!!レアが居たから、この映画は本当に締まりがあったと思います。ツンデレ感がやばかった。

Is this really what you want, living in the shadows? Hunting, being hunted, always alone?のセリフを大スクリーンで聞けたことが嬉しくて。。。レアの衣装もかなり豊富だったので、大満足です^^

「映画史上最大の爆破シーン」でギネス認定された例のシーンも本当に凄まじかったし、ラストシーンはダニエル版のボンドらしさが全面に出てて、素敵でした♡
ボンドカー スーツ マティーニ そして可愛いボンドガール
今まで以上にド派手なアクションにめっちゃ興奮しました!
前3作を観てから行かないとなんだかよくわからないかも
観たことある人も復習してから行くのがオススメです!
『007 スペクター』、先行公開中だからまだ詳細は言えないけども、ダニエル・クレイグの『007』全作と『女王陛下の007』を観ておくと、より深く楽しめると思います。随所で見られるオマージュは秀逸。でも、全体的にサクッと描きすぎていて、物語に感情移入するのが難しかった。



撮影を担当したホイテ・ヴァン・ホイテマはすごく良い仕事してます。光と闇の使い方がほんと上手いし、ゆえにコントラストの作り方が絶妙。彼は『her/世界でひとつの彼女』や『インターステラー』でも撮影監督を務めましたね。
タロス

タロスの感想・評価

4.3
冒頭ダニエル・クレイグのシリーズでやってなかった'あの演出'が復活!
一気に引き込まれる♪
手に汗握る『痛い』『熱い』『カッコイイ』この流れでダニエル版Dr.No観てみたいなぁ
toggano

togganoの感想・評価

4.3
序盤、手に汗握るアクションシーンの数々!中盤、レア・セドゥ最高!終盤、最高!と大満足でした。
オープニングのメキシコのヘリコプターのシーンの楽しさ、そしてアストンマーティンとジャガーのカーチェイスは車自体がかっこ良すぎる…。
レア・セドゥは全部良かった、好き!このレア・セドゥをもっと観なくては!と映画終わって即パンフレットを購入。

スカイフォールが好きだったもんで、あの映画の後にどんな話やるんだ?くらいのテンションで行ったこともあってか、ガツンとやられた。
少なくともあと1回は映画館で見たいし、過去作も見なおさなきゃなってなる内容でした。
サム・メンデス×ダニエル・クレイグボンド、もっと見たいけど見事なフィニッシュ!断固支持です。
skiller

skillerの感想・評価

4.5
期待通りの出来でとても良かった♪
シリーズの最後にふさわしい