マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

超衝撃的作品で度肝抜かれましたwww
狂気、バイオレンス、ド派手アクション・・・ここ数年、これほどまでハイテンションアクション映画はなかったと思います。歴史に残る大傑作と言っても過言ではない。

「ヒャッハー!水だ女だガソリンだ!!!」
まさにリアル北斗の拳www

トム・ハーディが渋カッコいい!シャーリーズ・セロンは片腕ないのに美しい!!!ほぼセリフなくて8割アクションだけど、とんでもない映画でした\(^o^)/

臓弱い人にはオススメしません。熱く狂ったアクション映画が好きな方には絶対的に超オススメっす( 'ー`)あ、吹き替えはクソらしいですよw
はな

はなの感想・評価

3.8
2回目。とにかくすごい映画だったてのは覚えてたんだけど、内容はあんまり覚えてなくて、そしたらまんま同じ感想だ。
内容よりも映像、アクション。
最初から最後まで走ってる。
やっぱりあのギター野郎は最高。
どうやって撮影してんだろ、外国はすげーわ。
こういう映画もいいよね。
lotus

lotusの感想・評価

4.0
何も考えなくていい、見たものが全て。
それを受け入れて入り込めたら最高の傑作
愛で空が落ちてくるかと思った。

俺の胸に落ちてくるかと思った。

ずっとカーチェイス

ひたすらカーチェイス

これ、カーアクションで合ってるの?

世紀末カーアクションだな

世紀末だからほとんどのシーンが危険

世紀末だから力こそ正義

世紀末だから爆発しまくる

世紀末だからロック

CGに頼らない体を張ったアクションがビンビン伝わってくる。人間シーソーも本当に撮影しちゃうし、スタントマンが死んでもおかしくないレベルの世紀末。白い人たちに度肝を抜かれる。トムハーディはトムハーディだし、シャーリーズセロンの演技に唸る。

圧倒的世界観と細部にまでこだわり抜いた世紀末。絶望と希望と生と死がごちゃまぜになって、ド派手なアクションが狂気と一緒にノンストップで押し寄せてくる。あっという間の2時間だった。

カーチェイス終わったら映画も終わった。
miyo

miyoの感想・評価

3.2
最初から最後までストーリーは入ってこなかった。アクション、音楽よかった。
最初から最後まで訳わからんまま終わったがなんかすごかった
車に専属ギタリストとドラマーいて運転中にアツい生演奏してくれるの羨ましい
初)名作近未来作品の続編⁉️一作二作三作目はあのザラザラ感が良くてスゲー世界観なんだけど今作はちょっと綺麗過ぎないか_| ̄|○…なんなら清潔感さえ漂ってるなぁ〜〜と鑑賞続けてるうちにこの見易さも今のご時世や映像技術なんだものね…と見入ってしまいました…🚜💨🚛💨🏍💨

(ノ-_-)ノ~┻━┻Cセロンがカッケェーなぁ〜
KIRIN

KIRINの感想・評価

3.8
アカデミー賞を総なめした理由が分かった。監督賞もとれたんじゃないかとは思う。
惹きこまれたのはとにかく画と音楽。
そりゃ好きな人ができるわと思う映画。
菜月

菜月の感想・評価

3.7
最初よく分からなくてついていけなかった。どっちかというとストーリー重視の人間なのであまり楽しめなかったかも…。
アクションが派手でスリルがあって面白い。
・前作見てないから意味わからないまま見たけど派手なので飽きずに見られたけど、よくわからないまま行って帰ってきて気がついたら終わってた
・千葉繁さんの吹き替えとチンドン隊が良かった
・主人公の吹き替え散々クソって言われてるけどそこまで気にならなかったしとにかく千葉繁さんがよかった
・とにかく千葉繁さんが良い映画
>|