複製された男の作品情報・感想・評価

「複製された男」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

3.5
dtv
前半の展開が緩いが中盤から
面白くなる
結末が意味不明な所除けば面白い。
yuukun46

yuukun46の感想・評価

3.0
中々難解な映画でした。世の中には自分とそっくりな人3人いるらしいので、すぐ身近にいたらどうなるんだろうかと軽く考えながら見ると楽しめます。
実際以前遠くに住んでる親から自分を見たと連絡があったくらいなのであり得なくはない話なのかもしれません。
WADE

WADEの感想・評価

3.8
一回目、ワケわからん。
解説検索。
二回目、なるほど。

でも正しい解釈は闇の中。
それを考えることが楽しいのだ。
ラストのあれは一体なに!?
って、そく解説を調べたが
うーん、、、スッキリしねぇ笑

ただのオッサンの浮気話って?!
ただそれを伝えたかったのか?w
えー 何を伝えたかった話なのか
ほんま解らん😩ムッズーww
これまで見た映画の中で一二を争う難解映画。ドニー・ダーコを超えた。
無言シーン多すぎて毎回音量確認させられる。

冒頭「カオス」の説明文が出てきたため、これはもしや「カオス理論」ひいては「バタフライエフェクト」が題材かと思ったがそんなこたーない。残念。

歴史教師の主人公がある日、映画の脇役に自分とそっくりな人物を見つけ、なんとかコンタクトを取るという話。自分には彼女がいて、相手は妻帯者。

各々の人物の心情が入り乱れながらストーリーが進むが、ラストはまさしく驚愕のシーンで幕を閉じる。
さすがにそのラストは予想つかない。

難解すぎて、考察も追いつかない。
一時間半の判断材料から、ラスト10秒のあのシーンを瞬時に理解できる人がいたら相当な天才か相当なやべえ奴だと思う。
※以下のサイトがよく考察されてる。
https://filmaga.filmarks.com/articles/2065/

上のサイトを読んでも中々スッキリはしない。原作の小説があるようだが、
作者は頭ぶっ飛んでると思う。
しー

しーの感想・評価

2.4
自分の敵は自分
出ました、全編宗教的メタファー映画。アメリカ好きですよねぇ。

人類史上初めてパパに反抗した男アダムと、縁結びや子宝に霊験あらたかと噂の聖アントニオの葛藤、ってとこみたいですね。
空の色を見るに全部脳内描写なので、1人の男性の中で罪人と聖人が葛藤しているのだと思われます。ミニードライバーのプリズナーをやりたかったのかな?だとしたら足元にも及んでないと私は思います。どうだろう?

支配とか教育の抑制とか言論の弾圧とか、後から効いてくるのかと思ったらそうでも無かったのも残念。

性欲をコントロールできないなら、日本に来て自転車借りてしまなみ海道をツーリングしたらいいのに、って思いました。

シュワちゃんのシックスデイが見たくなりました。複製された男って言えばアレですよね。
月に囚われた男も好きだなー。
なこ

なこの感想・評価

2.6
カオスとは未解読の秩序である
これは日本タイトルが100%悪い
浮気はだめだよ!と教える映画
過去鑑賞
意味不明
さな

さなの感想・評価

3.4
--- カオスとは未解読の秩序である ---
黄色いアーティスティックな世界の中で不気味さと違和感が流れる。レビューに書かれる難解の意味が分かった。意識して鑑賞していたがやはり疑問点はいくつも上がり、解決されないまま終わってしまった。ラストのインパクトはなんとも言えない。解説を読んで納得した部分も、未だ腑に落ちない部分も。邦題に翻弄された。もう一度鑑賞したらまた面白いかもしれない。
* 8 *
knjmytn

knjmytnの感想・評価

3.1
「小説が書かれ読まれるのは、人生がただ一度であることへの抗議からだと思います。」
を思い出した。

家庭を持つことによる妻からの性的な抑圧や夢である役者を不安定な職業として認めない母から受けた抑圧がカオスに分裂して2人の男になった。

混沌はまだ見出されてない秩序みたいなことを冒頭で言ってたから、分裂することが主人公にとっての生きるための秩序?
それぞれの理想と現実が歪んで分裂した男が自分の異常性に気付いて徐々に統合していく話だったのかなと思った。

でも冷静に観ると、ただ不倫するために小難しくしてるだけのようにも思えてよくわからん映画だった。
蜘蛛が何かのメタファーなんだろうけど難しくてわからないし、結果カオスな映画だし、大人しくあのいいマンションで家庭を持て。って言いたくなる。

画一的なマンション群の撮り方や、黄砂に覆われたような現実感のない都市の撮り方はかっこよくて好き。ブレードランナー2049もう一回観たくなった。
>|