繕い裁つ人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

kusareama

kusareamaの感想・評価

5.0
着るもので気の持ちようは変わる

お洒落は自分のためにするもの でも とっておきの服はたった一人の誰かのために着るもの

チーズケーキ食べたひ。
夜会に出られるような大人でありたひ。
CK

CKの感想・評価

3.8
女性監督ならではなのか、映像が美しく世界観が確立されていた。特に主人公の洋服が素敵だった。衣装も美術も大変だっただろうな。
南市江のように、一つのことに対して真摯で、融通がきかず、ちょっとこじらせ女子でおちゃめな部分もあるところは、実際の女優中谷美紀と共通しているのではないだろうか。
足踏みミシン、懐かしい。
ゆったり観れる映画。
kik

kikの感想・評価

3.1
神戸の街が最高に
マッチしてる映画だった!

裁ちバサミの音
ミシンの音
古い床を革靴で歩く音

全てが神戸らしさを
表現してくれているようで
嬉しかった!

ストーリーは
静かにゆっくりと
という感じ
jiji

jijiの感想・評価

-
古いミシンの音が良い!
あんな

あんなの感想・評価

4.5
毎年、年1回、何でもない日に観たい映画
mzkc

mzkcの感想・評価

-
綺麗な街と綺麗な服と。
この世界観がすごく好きで何回も観てる。
私も神戸が大好きだ。
花梨

花梨の感想・評価

3.0
おしゃれ、神戸
orizza

orizzaの感想・評価

3.0
おとぎ話の様な話
少女の達の話は余計だったのでは?

服好き、物作りが好きな私としては、クリエイティブな観点から見ると、違う面白さがありました