繕い裁つ人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

本当に進むべき道はどこなんでしょうか?色々考えさせられました。
とにかく中谷美紀さんは姿勢、動作全てが綺麗でした。
神戸の風景が素敵。カフェサンパウロは実在するみたいなので行ってみたい。
映画自体は、なんか綺麗に作りすぎてる感じがしてあまり感情移入できなかった。
こパん

こパんの感想・評価

3.1
雰囲気とビジュアル面はいいんだけど…
うーん、、。前作とどうしても比べてしまう。

でも自分だけのたった一つのとびきりの洋服を作ってもらいたい、着てみたいなって。

中谷美紀はやっぱ美しいな。
あゆ

あゆの感想・評価

3.5
淡々と話は進むけど、ほのぼのしてるし黒木華ちゃんはかわいいしでよかったです。母親の服を仕立て直して、今度は自分が着るっていいなあ。
あと、花嫁衣装が本当に綺麗でよかったです。花飾りもかわいい!車椅子も真っ白で、実際に車椅子で結婚式を挙げる方はそうなのかな?
ただ主人公がいきなり前振りもなく語りだすから、そこはちょっとついていけませんでした…。

夜会に飾られたジャケットと、それを見たおばあちゃんの一言にじわじわと涙。
いくつになっても着られる一生モノの洋服って素敵だな〜。

このレビューはネタバレを含みます

感動シーンで安易にピアノとストリングスの音楽を入れたらテレビドラマ感が出てしまって良くない。カメラワークと音楽がちょっとあざとすぎる。
出てくる洋服や小物はとても素敵で良い。
主人公が洋裁屋さんで華やかな服を作ってて、でも自分の着ている服は落ち着いた青系の服ばかりで(でもとても素敵な服)。そこから仕事人の心構えみたいなのが伝わってきて良かった。メッセージを細部から間接的に伝えてくるのはグッとくる

衣装デザイン:伊藤佐智子
no

noの感想・評価

3.5
洋画にはない邦画独特の暖かさがある。音楽がいいね。
洋裁をかじって入る者の視点から見ると色々思うことがある。
白くて丸いケーキ、是非食べたい。
changye

changyeの感想・評価

2.9
hulu鑑賞

歳を重ねて思うこと。
安いものを使い捨てするではなく、
値がはってもお気に入りの良いものを長く持ちたい。


自分だけのお気に入りの逸品を探して、丁寧な暮らしをしたい。
三島監督の作品は「しあわせのパン」も観ましたが、映像が常に暖かく優しいのです。
ダイレクトにセリフで伝えるのではなく、比喩や描写で心情を語る、映画って本当はそうだよね、と思います。
なんて偉そうなことを書きましたが、黒木華さんが出ているから、とそんな単純な理由での鑑賞です。
中谷美紀さんの最後のシーンの笑顔が美しかったです。
りり

りりの感想・評価

3.8
三島監督のファンタジー感溢れる世界観好きい。2回目の鑑賞。
夜会に出れる人でありたいし大切な洋服が私も切に欲しい。
原作も推しらしいので読んでみたいなあ。
わこた

わこたの感想・評価

4.5
全体通して雰囲気が大変よろしい。チーズケーキ、大変よろしい。