繕い裁つ人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

記録用

記録用の感想・評価

2.5
原作が好きだったから観た。
良い感じで描かれてるけど間の取り方がいちいちちょっと長すぎた。やりたいことはわかるけど。
Canape

Canapeの感想・評価

3.3
中谷美紀さんが実生活で着ている服は彼女の友人が作る服だそう。この映画は強い思い入れがあったのではと思いながら見た。ややベタな演出が勿体ないが、先代の名を汚すことなく自分の道を模索する姿がとても素敵だった。大人だけの時間、着ているだけで魔法がかかるようなお洋服、それを作る人たち。大事にしたい。
s

sの感想・評価

2.5
GYAO!
・レトロな雰囲気は好き!
・市江が着てる服は全部可愛いのに作る服は微妙
・中途半端に終わるから市江も藤井さんも意見と服を他人に押し付けまくるお節介な人という印象に…
青と黒

青と黒の感想・評価

2.7
好みの分かれる映画と思う。私はあまり好きでは無い。古き良き物を必要以上に美化してる気がした。夜会なども「綺麗でしょ」と強制されている気分。
中谷美紀は良かった。
jyave

jyaveの感想・評価

3.4
劇場公開日:2015/1/31
キャッチコピー:
南洋裁店。
頑固な二代目店主が、
"人生を変える一着"を仕立てます。
hf

hfの感想・評価

-
中谷美紀鑑賞。喪服姿も美しすぎる。喪服にヘッドアクセはやっぱりマストだな。お話として、映画としてはさておき、やっぱり美人は良い。黒木華のウエディングドレスは確かにかわいかったな。彼女にとてもよく似合っていた。
mare

mareの感想・評価

4.0
丁寧な仕事をして喜ばれるという基本の姿なのですが、これが実際の人生で全うしにくい時代に自分が置かれていることを考えながら拝見し、映画の中が羨ましく、懐かしく感じました。
firstboy

firstboyの感想・評価

2.5
うーん、、テーマは良いんだけど。演出がリアリティ薄くて感情移入できず。
1着の洋服を大切に直しながら着るって、今の時代本当に少なくなったなぁと思う。
多少妥協して、安いもの選んで、飽きたら処分する。
そんな愛着のないまま着る服は、何も残らない。

私は趣味なだけだから仕立ては下手だけど、相手のことを思って服を作るし、喜んで着てもらえると嬉しい。
それはたとえ破れたり、汚れたりしても良い。むしろ、着た証がある服は幸せだと思う。

面白い描写だったのは、喫茶のチーズケーキ。

一人でチーズケーキを食べる至福の顔、人と食べるそっけない顔、人が去った後の味気ない顔。
食べ物の美味しさって誰と食べるか、どのような状況下で食べるかによって味は全然違うと思う。
あ

あの感想・評価

3.2
わたしは片桐はいりがすきだ。
おしゃれな小物と片桐はいりはよく合う。