怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアスの作品情報・感想・評価

「怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」に投稿された感想・評価

前半のオジサン(犬塚弘)、熊五郎(三波伸介)、八五郎(三角八郎)、子供たちなどは面白いんだけど、ムダなシーンも多く長過ぎるのでカットしても問題なし。これらは一度完成した台本に後から付け足したんじゃないのか?
優しい飼育係の斉藤(小坂一也)と嫌味な環境衛生省の役人の鈴木(小林昭二)のドラマをメインにした方がしっくりくる。
しかし円谷10周年記念作品と言うことで特撮は凝っているので怪獣ファンはぜひ観てほしい。
RartsMan

RartsManの感想・評価

2.6
設定やドラマ部分はそこそこ面白いのに、クライマックスの怪獣大奮戦になると途端につまらなくなる怪作。

「はらぺこ怪獣ダイゴロウ」 て … ww

要するに「大きなムーミン」ですやん。

「身長35メートル」って東宝怪獣のなかではたぶんミドルクラスだけど、それでも髑髏島の現役コングよりちょっと大柄か。

ただいま成長期真っ只中のコングくん!
2020年の怪獣王者決定戦に備え、よく食べてよ~く寝て、身長 90メートル超えを目指そうね♪

閑話休題。

1972年の冬休みシーズンに封切られた 「ダイゴロウ対ゴリアス 怪獣大奮戦」。

肝心の映画本編の内容はほとんど覚えておりませんが、南伸介に小松政夫に砂塚秀夫、昭和のオモシロおじさんたちを揃えたキャスティングが素敵ですね♪

同時上映が宮崎駿監督「パンダコパンダ」と、「怪獣総進撃」をギュ~ッと凝縮した「ゴジラ電撃大作戦」 という、いま思えば夢のような3本立て。
デストゥロ~イ・オール・モンスタ~ズ!

映画の帰りに運よくブルマァクのソフビ怪獣を買ってもらえた日には、昭和のチビッ子は狂喜乱舞したものです。ww

「東宝チャンピオンまつり」、いつかどこかでまたやってほしいなぁ♪
オーディオコメンタリーで「この当時はフランスの影響がね〜」って言ってて!?ってなったり
群青

群青の感想・評価

1.4
怪獣ダイゴロウは政府から保護を受けていたが政府はダイゴロウの毎食の食費に苦労していた。そのため食費を削減するためダイゴロウの成長を抑える薬を開発したが子供達は反発し…

東宝ですが大半の怪獣映画とは少し違う感じ。理由は円谷プロダクション主導だから。したがってウルトラマンっぽくさらに子供向けになっている。

登場怪獣
ダイゴロウ
ダイゴロウの母
ゴリアス

ダイゴロウは先に書いたと通りだいぶ子ども寄りな作りなのでデザインも可愛らしい。性格もわんぱく。被害が全く及ばない。被害があるのは国民の税金だけというイヤらしい怪獣笑 なぜ保護を受けているかは見たら分かります笑
ダイゴロウの母は回想で一瞬だけ登場。ぱっと見ウルトラマンのマグマ星人ににてると思いました。それ以外特筆することなし。
ゴリアスは今回の敵。なんやかんやあって地球、いや日本を侵攻します。

正直言ってウルトラマンのスピンオフくらいに考えたらいいかなという雰囲気。ひたすら優しい作りなので肩透かしを食らった。
ウルトラマンが好きな人ならここから入ってもいい…かも?
satoko

satokoの感想・評価

2.9
唯一排泄が描かれている怪獣の映画ということで鑑賞。
ほのぼのしてて歌が地味に良い…。
優しい!優しい世界!
ねんていうホノボノ路線。配給は東宝だけど制作自体は円谷なんだね。時期的にはガイガンやメガロの辺り。ゴジラシリーズがかなり低迷していた頃の一本。
円谷としても色んな方向を模索してたのかな?

監督はウルトラマンシリーズなどの飯島敏宏。音楽は冬木透で、かなりウルトラ色の強いメンツ。実際作風も第二期ウルトラのコメディ回のような緩さ。

ダイゴロウと名付けられた保護されている怪獣。母怪獣は放射能で巨大化して暴れた言わばゴジラのような存在。母怪獣は退治されたけど子供の怪獣は別途育てられたけど、餌代が掛かって大変、って所から話が始まる。
設定的にはミニラに近いし、怪獣の孤児を人が飼うというシチュエーションは設定遊びの面白さに溢れてる。如何にも雑談で生まれたアイデアって感じ。ゴジラの次の物語としてのアイデアの一つを提案したかったんっだろうな。

腹ぺこのダイゴロウに子供達が募金活動をしてお金を集めている。それに協力するのが「発明おじさん」犬塚弘。
「発明おじさん」だぜ。完全に放送禁止キャラだよ。
あと、それになし崩しで協力するようになる熊さん八つぁん。落語かい。熊さんが三波伸介だ。流石はてんぷくトリオ。素晴らしいコメディアンっぷり。良い芝居するんだ。もう全ての表情が可笑しい。

特撮的には、今の目で見ると若干痛々しいが、合成の多さは凄いな。あと、原寸大の頭部や手なんかも作ってる。地味に頑張ってるとは思う。
ただお芝居が全体的に冗長な演出かなぁ。無駄な歩いてるカットとかが妙に気になる。

後半に宇宙怪獣のゴリアスがやってきて特訓したダイゴロウと戦うんだけど、ゴリアスのエピソードがもうちょっとあったら良かったかな。尺の関係上しょうがないんだろうけど。

しかし、東宝チャンピオンまつりの一作として、パンダコパンダとゴジラ電撃大作戦(怪獣総進撃)との3本だてだぜ!めっちゃアタリの回じゃん!これを劇場で見た子供は羨ましいなぁ。