サムライフの作品情報・感想・評価

サムライフ2014年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:118分

3.2

あらすじ

たった一つ諦めきれないもの、本気になれる夢 ―それを実現させた男と彼を支えた仲間たちの、心を熱くする物語。 「“自分で生き方を決める学校”をつくる」それがナガオカの夢だ。 半身不随や恩師の死、そして周囲の反対を乗り越え、ナガオカは教師になった。5年後、彼は高校教師を辞め、 自分の夢を叶えるために走り出した。そんな彼の下には、自分の居場所を探していた4人の元教え子が集結。 そして、…

たった一つ諦めきれないもの、本気になれる夢 ―それを実現させた男と彼を支えた仲間たちの、心を熱くする物語。 「“自分で生き方を決める学校”をつくる」それがナガオカの夢だ。 半身不随や恩師の死、そして周囲の反対を乗り越え、ナガオカは教師になった。5年後、彼は高校教師を辞め、 自分の夢を叶えるために走り出した。そんな彼の下には、自分の居場所を探していた4人の元教え子が集結。 そして、学校設立の資金を集めるために彼らがやったことは、0(ゼロ)からのショットバー開業とナガオカの自伝本の自費出版!  夢の実現に向け奮闘する一方で、ナガオカは様々な事情から学校に通えない子どもたちと出会う。 彼らが抱える問題に向き合い、彼らを救いたいと思いながらも、責任の重さに押しつぶされそうになるナガオカ。  そんな彼を支えたのは、4人の仲間と妻、そして彼の夢を応援する人たちだった。時に衝突し、時に励まし合い、夢を追うナガオカと仲間たち。 学校開校に向け、本気で挑戦した彼らの熱い物語が、今始まる―。

「サムライフ」に投稿された感想・評価

脱線した先生が学校作る話。
主人公の行動力すごい。
ノリがちょっと寒い。
主人公がどんな学校作ったのかっていうので、具体的な掘り下げが少し欲しかったかな。
大杉漣いい演技しますなぁ。
ネネ

ネネの感想・評価

-
セリフとシーンがとっっってもクサくて何度か鳥肌立ったけど、実話ってのと松岡茉優が出てるってだけで全て許せちゃうな。
coro

coroの感想・評価

3.0
これが実話でなければ荒唐無稽すぎてついていけない、ウソのようなホントのお話。

三浦貴大のあの声で、諦めなければゴールは待っている。なんて言われると(まるでオビ=ワン・ケノビにマインドトリックをかけられたように)そんな気がしてくるから不思議。
観た
辞めたあとに会った子供から先生って呼ばれて、なんだかいいシーンだった。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.6
長野県に実在する侍学園、その理事長と仲間達の学校設立奮闘記で、直球勝負って感じの余韻…も、映画としては良くも悪くもって注釈は付けたくなるかなぁ。
そう、戸惑い迷いつつも不屈でガンバる姿は文句なく好感が持て、居場所探しじゃなく居場所を作るコトや開校式のスピーチにはとても頷けた。
が、引きこもりの少女のエピソード等を深く描かないので、先生としての資質が引っ掛かったままラストに。
まぁ、学園が成功してるんだから、実際に見ればいいのかな。
三浦貴大に松岡芙優がグッジョブ。
『勝手に震えてろ』に続き松岡茉優ちゃんシリーズ✨序盤あまり出てこないからちょい役なのかとおもったけど、途中からガッツリでてきて良かった!

・夢の実現に向け、あえて自分を追い込む
・叶えたい夢を強く思えば夢の方から近づいてくる。
・導くのではなく、一緒に歩く
炒飯

炒飯の感想・評価

4.4
新宿のツタヤすげぇvol3

やっとあった!!
松岡茉優が出てる作品を全て見ようと思って、見つからなかったのがこれ!

松岡茉優目当てで見たけど、普通におもろかった!!
ノンフィクションってのが良いよね

僕らは世界を変えることができないでも思ったけど、
偉大な事をやる人は基本考え方がシンプル、ほいでストイック

志が高い人の元にはそんな人が集まってくる。
プラスの連鎖

諦めない心は大事

、、、少年ジャンプか!笑

もっとレンタルすれば良いのにー
現実キラキラしてるだけじゃないとは思うけど
なんか暗い。

周りの支えてくれる人、特に奥さんが
こんだけ理解のある人じゃなければ
叶わないと思った!

あんまり〜
理想の学校を作るため立ち上がり、長野県上田市に「認定NPO法人 侍学園スクオーラ・今人」を設立した元高校教師の実話を映画化したドラマ。

実話とはいえここまで淡々としていると、残念ながら最後まで見るのが大変な作業のようだった。
確かなメッセージ性はあるのに、映画というエンターテイメントでは相性が悪いのではないかと思えました。
「自分たちの学校を作る!」
教師を辞め自営のバーでお金を貯めて自費出版もして学校を作るまでの実話を基にした物語。

なんだろうなぁ…全く重い話ではなくてコメディ?って要素が強い。
甘く考えて進んで行き、登校拒否とかの子どものシーンとか取ってつけたような印象でした。
「人生楽勝!」って言ってるようで、不快でした…。

岸井ゆきのが出てるとは思わずビックリした‼️
>|