Mommy/マミーの作品情報・感想・評価・動画配信

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

psyencekou

psyencekouの感想・評価

4.0
グザヴィエドラン監督、mommy。
ふと正方形に切り取られた、インスタグラムの世界に気を引かれ鑑賞しました。

この作品は珍しく正方形にトリミングされた、インスタグラムのような世界で物語が進行します。
アスペクト比が狭い分、
主人公がADHDという問題を抱え、母がものすごく生活と葛藤するように、全体を通して、ものすごく窮屈な印象を受けました。

女友達を引き入れ、三位一体となった瞬間、
画面は拡張します。
しかしそれは見かけだけの心の解放。
すぐにインスタグラムの世界へ。

この画角はどうしても自分たちだけという殻に閉じこもる印象を受けます。
3人だけの世界、現実逃避。
他者と隔離した世界、画面の両端の他者を切り落とす必要がある人生。


ただ単に、愛することだけが愛じゃないことを、母、mommyは知っていました。
クライマックスはそれを物語っており、

母と子が一体になることがすべての愛ではないこと、
自立させることが母親の役目。
mommyという題名は全てを物語っています。

内容以上に深すぎる話の印象を受けた映画でした。
パステルカラーの色使いがまたこの閉鎖された世界を際立たせており、
グザヴィエドラン監督の世界にかなり引き込まれました。

一見の価値ありだと思います。
素晴らしい映画でした。
rpmu90377

rpmu90377の感想・評価

5.0
発達障害のある息子が、入所している施設で放火事件を起こし、母親が致し方なく引き取ることに。機嫌が悪くなると暴力をふるう息子は重荷でしかない。向かいの家に越してきた女教師に心を開いた息子は勉学に励み始め、母と子の関係もいい方向に向かい始める。しかし、放火が原因で傷を負った入所者から多額の損害賠償を求められ、経済的な苦境に陥ることに。

アンヌ・ドルヴァルが息子への愛情と憎悪の間で苦悩する母親を、スザンヌ・クレマンが母子に接して自らも心を開いていく女教師をそれぞれ見事に演じている。ドラン作品ではおなじみの演技派女優だが、二人の存在感のおかげで作品に現実味が出ている。

成長した息子が人並みの幸せな人生を歩む様子を描いた後、一変して奈落の底に突き落とすような流れに変わる。物語の悲劇性を強調するうえで非常に効果的な構成だ。きゅっと胸が痛んで涙がこぼれた。

息子の心模様を画面の横幅を狭くしたり広くしたりして視覚的に描く手法はなかなか面白い。最後、息子がガラスの壁に向かって走り出すシーンは、広いサイズにして将来への希望を表現してほしかったなぁ。
(ネタバレ)常識を逸脱していて、カオスだけど深い異様とまでにいえる愛で結ばれている母と息子。息子のオナニーにも淡々と接していてすごい🤣言葉がすごく多いシーンとゆったりとしたシーン。あっという間に時間が経つ作品だった。母親のつかうティッシュがリップ柄だったり、ミニスカートをはいたりが目を引いた。カッとなったら氷風呂ね😃スティーブはADHDだったけどおさえられない部分とか自分と重なった。すぐ普通に戻ったりね。母親が仕方なく息子を殴ったシーン。世間はこれを虐待て言うから困るんだよね(´・_・`)大人の悪い言葉を子どもはすぐに覚える。子どもに絶対手をあげないと決めていてすごいなと思った!!カイラが激変したところすごかったな。このカイラも自分と重なる。訴訟をどうにかしようとポールに相談。スティーブの気持ちもわかるがとことんだめにしてくれてむかつくよなー。【いつかママは僕を愛さなくなる。いいよ。】って言葉切なかったな。【母親の愛は永遠に続く。】もうそのとーーーり!!!だけど子どもはいつか他を向く。結局入院させられた。でも我が子が殴られるのを見るのは辛い。まつげも金なんだ、きれいーと見ていたら手がつかえなくなっていた。最後は逃げた。カイラが質問に答えなかったところなどいくつか謎な部分はあった。私実は人を殺したことがあるのとか言い出すかと思った。最後のダイアンの唸り。私もああなったことがある。母親の色々な感情がここにこめられていて深かったな。
なんてオシャレな映画。いっこいっこ描写が、素敵


「まだ僕を愛してる?」
「私たちにはそれしかないでしょ」
さとみ

さとみの感想・評価

3.5
おしゃれ
親子愛とは
sora

soraの感想・評価

3.9
映像も音楽もすごく良い。
母親の気持ちも息子の気持ちも大変さも経験したことがないからわからないけど、こういう家族の在り方もあるんだなと感じることが出来た。
なんだか言葉にできない。
wonderwallのシーンとラナデルレイのエンディングがよかった
ロングボードはじめて〜
amanatto

amanattoの感想・評価

5.0
素晴らしいとしか言いようがない。
泣いた。震えた。
最後ラナデルレイのBorn To Die流れた瞬間完全もっていかれた。やられた。
>|