あの日の声を探しての作品情報・感想・評価

あの日の声を探して2014年製作の映画)

The Search

上映日:2015年04月24日

製作国:

上映時間:135分

3.9

あらすじ

1999年、ロシアに侵攻されるチェチェン。両親を殺され、声を失った9歳の少年ハジ。 一人放浪する彼はEU職員キャロルに拾われる。彼が伝えたかったこととは? 生き別れた姉弟と再び会うことはできるのかー?

「あの日の声を探して」に投稿された感想・評価

Norie

Norieの感想・評価

3.9
チェチェンの9歳の男の子ハジが、赤ちゃん抱っこしながら八の字眉で涙流す姿が、かわいそうで泣けます。
対してロシアの普通の青年が殺人兵に徐々に変貌していく姿はとても怖いです。
シリアもそうですが、子ども達が犠牲になることが一番心が痛いです。
sayu

sayuの感想・評価

4.0
過去鑑賞作品。

「衝撃の感動作」と言われても‥

どこに感動したら良いのかわからない。これは「衝撃作」。ショックと言う感想しか出てきません。観たくなかったけど観るべきだった映画と思い、ショッキングなラストの後味の悪さを味わうしかありません。

ありきたりな言葉ですが、日本は本当に平和です。


2016年11月6日 スターチャンネル
Komey

Komeyの感想・評価

4.5
中学生の時に見た。
衝撃すぎて声が出なかった。
悲劇の連鎖。
悲劇の中に見えるわずかな希望の光を求めてたくさんの人が一生懸命になる人たち。
戦争は人を変える。
最初から最後まで怖くて悲しくて寂しいけど、生き方を見直せるかもしれません。
チェチェン紛争

日本人にはこの紛争自体あまり知られていないけどつい最近まで実際にあった戦争を基にした話し

家族と声を失った男の子とごく平凡な青年の2つの物語が少し違う時間軸で描かれてます

まずハジ役の男の子のナチュラルな演技が素晴らしい

そして平凡な青年が戦争のせいで変わり果てて行く様はとても切ない

ラストシーンはなんとも言えない気持ちになる
0naiii

0naiiiの感想・評価

5.0

親を殺されても、声を失っても、人間としての純粋さを持ち続ける男の子。兵士として徐々に戦争に染められていく男。国際社会で正義を貫こうともがく女。


いくつも視点があるけど、全部が繋がっていて、心に響く。何が正しいのか、自分の頭で考えろ、と言われているみたい。そんな映画。
チェチェン紛争の話し。あの兵士には「人間らしさ」を感じていただけにラストの衝撃が凄かった。流れに逆らって生きて行くより周囲の流れに合わせた方がきっと楽だと思う。戦争中のあの雰囲気の中にいて果たして自分は「NO」と言えるのか自問する。戦争の犠牲者はいつも弱者であることを痛感する。
75点
78

映画というよりドキュメンタリーを観ているようだった。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.7
チェチェン共和国におけるロシア連邦軍と独立派武装勢力との紛争の最中、目の前で両親を殺され声を失った少年ハジ。家族を全員殺されたと思い込んだハジはまだ赤ん坊の弟を連れ家から逃げ出す。
戦争孤児や赤ん坊まで容赦なく虐殺したというロシア軍の兵士たち。そんな悲惨な戦争のなかでの人の優しさや絆は一層温かく感じられる。孤児を引き取る施設に引き寄せられるように流れ着くハジの姉ライッサ。施設の責任者ヘレン、フランスから来たEU調査員キャロル。それぞれの人生が交差し、起きる奇跡に涙。

時系列を別にしたもう一人の主人公コーリャ。普通に暮らすどこにでもいる青年が残虐な兵士へと変貌していく様は痛々しく哀しく残酷。あぁでも、コーリャのような体験を積み重ねたなら人は残忍になれるのだろう。そんな兵士達もまた戦争の被害者なのだと。
戦争においての加害者と被害者の目線が表裏一体で描かれた作品。
ただ、生きたいー。と願う人間らしい共通の想い。

ハジたちとコーリャの人生が交わるラストに衝撃を受ける。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.5
戦争映画で、離れ離れになってしまったきょうだいを探す物語。
様々な視点で進んでいき、兵士になってしまった場面、音楽に救われた場面、人々の優しさなど、印象に残る映画でした。
楽行

楽行の感想・評価

3.0
原題 THE SEARCH 監督ミシェル・アザナヴィシウス
記念すべき第1回目 
アクションのところにあったが、アクションはほぼない。
物語は、チェチェン戦争で姉と生き別れた少年とEU職員の女性の話。
間に兵になった青年の話が交互に入る。
そのせいで、登場人物たちに感情移入が難しかった。
良かった点は少年と青年の涙が美しかったこと。
少年の最後の表情だった。
その表情はEU職員にはできないものだった。
監督がアカデミー賞を取っているため、調べてみると、
モノクロ映画の『アーティスト』。
明るい映画だったので、『あの日の声を探して』とのギャップに驚いた。
>|