あの日の声を探しての作品情報・感想・評価

あの日の声を探して2014年製作の映画)

The Search

上映日:2015年04月24日

製作国:

上映時間:135分

3.9

あらすじ

1999年、ロシアに侵攻されるチェチェン。両親を殺され、声を失った9歳の少年ハジ。 一人放浪する彼はEU職員キャロルに拾われる。彼が伝えたかったこととは? 生き別れた姉弟と再び会うことはできるのかー?

「あの日の声を探して」に投稿された感想・評価

iceman

icemanの感想・評価

-
1999 第二次チェチェン共和国侵攻に絡んだ1作。

何百年と続く終わりなき紛争…

" 自分というものを取り返す "

声なき少年の胸はいま何想う…

人其々に生きる道…

こういう作品を観ると如何に恵まれた環境に身を置いているかを理解する。

ドキュメントタッチで胸を打つオープニングに言葉が見つからない…
その銃を持つ兵士達の目からは既に理性が失われている。

世の中には現実として理解するに時間を要する事柄が無数とある。

無策に攻める者達と成すすべ無き人々…

この作品は心落ち着かせるべく週末には余りにも心が痛い史実なのです。
ウタ

ウタの感想・評価

4.4
内容が内容なだけに、手放しで賞賛するのは気が咎めますが
…傑作でした!

倫理や正義を上から翳して、良心の呵責を誘発させるのではなく、
あくまで身近に寄り添い、そっと問いかけるこの手腕…見事です。

戦争や内戦、難民問題…日本人にはどこか別世界の出来事ですが、
実は凄く身近な問題だと気づかされます。
彼らを可哀想とは思っても、自分の世界に戻れば恵まれた日常がある。
彼らも彼女達と同じなのに"難民"としか見ていない。

パーティーを語るシーン、
ラストシーンには特に強いメッセージを感じました。
これは色んな人に観て欲しい映画です。
目を背けちゃいけない…
重くても見なくちゃいけない…
伝えなきゃいけない…
これが戦争…

とにかく何も言葉にできない…悲しすぎる。
戦争(チェチェン紛争)の残酷さ、悲しみ、虚しさ…戦争は悲劇しか生まれない…全てが変わってしまう…

少年ハジの目、そしてラストのロシア人青年の姿…

この二人を見ればわかる…戦争の怖さを…(´・ω・`)
nobu0326

nobu0326の感想・評価

4.0
ハジのもの悲しげな眼差し、燃え盛る建物、エリチェン、プーチンが実名で登場、やる気の感じられない国際人道連合、救いようのないチェチェンを本気で描いたドキュメンタリー映画のような力作。
一生のうちで人が普通見受けなくていい地獄絵図を少年ともう一人青年の視点で描かれていて、一見別々のストーリーと思わせるも最後きっちりその二つが繋がったとき背筋が凍る思いで映画館を出るというね。その仕掛けは見事だけど何してくれてんだよ、という怒りも。最後にその冷や水ぶっかける?みたいな。
DSPEC

DSPECの感想・評価

4.0
彼女を見つめる少年の真っ直ぐな瞳、困惑顔、照れた仕草、はにかんだ笑顔、抱きしめた小さな身体。

姉との再会、自分には見せた事のない少年の最高の笑顔‥‥
実際はこれ以上で。
今この瞬間にも世界のどこかで。
と思うと、心詰まってしまうけど
色々と考えさせてくれる面を
抱えた作品で観て良かった。
人は人を殺めるために生まれてきたわけではないのに
誰かに殺されるために生まれてきたわけではないのに
狂気に堕ちてゆくコーリャと心を閉ざしたハジ、運命に翻弄される二人の主人公がなんだか悲しすぎて、観終わった後も胸のざわつきが止まないような、そんな映画でした。
戦争は人を変え、悲しさしか生まない。

正直言ってこの映画の舞台となっているチェチェンというのをよく知らない。つい最近の出来事なんですね。日本に住んでると戦争なんて昔の出来事と思ってしまいがちだが、世界中では、紛争、戦争がまだ続いている真実に気づかされる。平和ボケと言われることがあるが、平和ボケの何が悪いのか。戦争なんて誰も望んでないし、最悪の結果しか生まれない。
少しでも平和になるように祈りを捧げよう。自分たちに出来ることは真実を知り祈ることのみ。

ロシアの侵攻が原因で両親がこの世を去り声まで失ったチェチェン人の少年サジと警察に捕まってしまいロシア軍に送り込まれた青年コーリャの二人の物語を交互に描いている。

サジの物語は、戦争から始まる。
瓦礫だらけの中、幼い弟を抱え一人で歩く姿に胸をうつ。やがてサジ少年は良き理解者と出会うことで少しづつ戦争の傷を癒していく。保護されたEU職員のキャロルとのぎこちない交流が温かい。世界は悲惨なことばかりじゃない。キャロルみたいな素敵な人であふれてるんだ。この世界は希望だらけ。少しづつでいいから、ゆっくり前を向いて歩こう。きっと、いい事がこの先待ってるからさ。サジの物語は、希望、優しさ、温かさで終わる。

一方、コーリャの物語は平和から始まる。
何気なく生活していた普通の青年が、戦争に向かっていく。
ロシア軍に入隊され、少しづつおかしくなっていく。戦争の犠牲者だ。
戦争に駆り出され、犠牲者から加害者へ・・・。戦争というのはここまで人を変えてしまうのか。ただ、ただ悲しい。死体と話しかけている姿に、なぜか共感してしまった。そうでもしないとやってられなかったのだろう。そしてラストシーンを観て絶句・・・。こちらは絶望で終わる。

何が正しくて、何が間違いなのか。それすら分からなくなる。

レンタル
sachiyo

sachiyoの感想・評価

3.9
ハジ役の子の困り顔に涙がでるー。
映画を通さなければ知らなかった事実。
もっともっと知ってくべきだな、、
>|