バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.7
ドラム

時代に取り残されたオヤジの運命

洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

撮影方法が独特
よくあんな狭い中を撮りましたね〜

結末がよく分からず、何回でも観たい

色々と考えさせられる
現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
皆んな好きでした

アレハンドロ凄いです
とにかくオシャレ


オシャレだったな。撮影方法はいわずもがなで、周囲の弄り方なんかも面白かった。過去と今、プライドと現実の狭間での描き方が素晴らしかった。

芸術家なんて、誰だって名乗れるようなものこそ難しいのかなと。
絵を見るような感覚。
メイ

メイの感想・評価

3.3
エマストーンカッコいい
いみ

いみの感想・評価

3.0
凡人のわたしには、この映画で言わんとしていることが10%ぐらいしかわかっていないんだと思います。

映画のなかで起きるひとつひとつのエピソードはわかるのだけど、それを頭で組み立てて意味を推し量ろうとすると、もやもやしてはてなマークがたくさん浮かぶ、そんな感じ。
過去の栄光にすがりながら生きている俳優の話、そんなそのままの解釈でいいの?と不安になるのはなんでだろう?

この作品を面白いと思えない自分がなんだか悔しい。
あの頃は…なんて思える映画
何も情報無しで見て驚きの連続だった
movielover

movieloverの感想・評価

3.5
久しぶりに人知を超えてる映画みたわ。説明不要の世界観。

主人公と立ち位置違いすぎて共感できないけど、人生ってまさにこんな風に、夢と現実と理想の狭間で、迷ったり決断したりして、その中でまたアンコントロールな出来事が起こったりするっていう、まるで自分の一日のようにも感じた、たぶんそれはカメラワークとかも関係してる。
wataco

watacoの感想・評価

5.0
この映画をなぜ私は家で観ている…
イメージフォーラムあたりがゴンザレス特集やってくれないかしら。
ドラムの音を耳障りに感じてしまい、それに意識が囚われるために、雑然でよく分からんとストレスになる部分が何度かあった。ドラムが活きないと思うが、ボリュームを下げて欲しい(笑

ただ、躍動感を感じる近接撮りとカメラワークは、好み。

「全てを懸けてやっているんだ」
(リスクを負っていない立場の奴に分かるものか)
と、昂った想いを爆発させるシーンも良かった。
以前読んだエッセイに作家と批評家の関係について書いたものを思い出す。
批評家は作家と違って作品を生み出す苦しみを体験していない。作品を生み出す過程で感じる苦しみや疲労を知らずに自分の作品をいとも簡単に罵られるのには気が滅入る、というニュアンスの事が書いてあった。

自己承認を望むが、深い理解者は体験者くらい。
そもそも自己承認を望まなければいいのだけれども、耐えるのが難しい。
>|