バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.7
ドラム

時代に取り残されたオヤジの運命

洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

撮影方法が独特
よくあんな狭い中を撮りましたね〜

結末がよく分からず、何回でも観たい

色々と考えさせられる
現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
皆んな好きでした

アレハンドロ凄いです
前編長回し。
見たあともずっと頭に残る。この監督は生と死がテーマまたいな陰鬱な雰囲気の作品が多いけど、この作品は主人公が暗い感情でもどこか明るさが常にある。

やはり生と死はテーマになってる感じがするけど、生のイメージが強い。
ドラムロールが最高にクールで、すっっごく好き。ドラム好きとしてはそれだけでテンション上がりました。
カメラワークがめちゃめちゃ素晴らしかったなぁ。
監督のセンスに痺れたよー!!!
見始めてすぐに「あ、これは絶対に好きな映画!」って確信。
妄想と現実がゴッチャになるお話は大好き。
この主人公、#ハッピーボイスキラー の彼と同じ病気だったのね。 (ここからネタバレしますので注意)





ラストシーン についてですが、これ、めちゃめちゃハッピーエンドじゃないか!
やっっと負から解放されたね。
ここからが本当のスタートだね、頑張れ!
って思いました。
彼は死んでなくて、妄想のバードマンとちゃんと決別出来たんじゃないかなって。
その決別を娘のサムを使って映像として表現したのかなと。(空へと旅立ったのはバードマンのみで彼はちゃんと病室にいる)

鼻が吹っ飛んで色々大変だと思うけど、再び栄光をしっかり掴んで欲しいと思いました!

これはあくまでも私の解釈だから、他の解釈も沢山あるんだろうな。いいねー、こういうの。
雰囲気良いけど話つまんない
bluepoets

bluepoetsの感想・評価

3.0
音楽がよき
nyam

nyamの感想・評価

3.8
ノーカットなんてありえないはずなのに。
藏人

藏人の感想・評価

5.0
エドワードノートン
>|