バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.7
ドラム

時代に取り残されたオヤジの運命

洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

撮影方法が独特
よくあんな狭い中を撮りましたね〜

結末がよく分からず、何回でも観たい

色々と考えさせられる
現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
皆んな好きでした

アレハンドロ凄いです
たうん

たうんの感想・評価

3.8
正直内容はよくわかってない。いや、生き様を描いていているのはわかるんだけど、うまく説明出来ない。ちょっと見るのも疲れてくる。ただ熱量だけはハッキリと見終わったあとに残る。見終わって、普段の映画とは違うこの感じは何かなと思ったら、まず全編長回しだった。舞台役者達の話だけど、まさに一本の舞台を見ているよう。BGMもドラムが多用されていて、なんとも異質で演技も演出も含めて迫力があった。これは確かに話題になるなあって感じ。
maiko

maikoの感想・評価

3.5
カメラワーク素敵でした。CGのレベルもさすが。ストイックだけど人間のもろさが露呈する。
マオ

マオの感想・評価

3.6
途中まで"ユーモアいっぱいなのに、なんか息苦しい映画だなぁ〜"と思って内容が全然入って来ず、一時停止しまくってた。

けどその原因が、ワンカット風の撮り方だって気付いてから見る目が変わった!すごい!

特に後半の大規模なCGと融合するところはどうやって撮ったんだろう?って気になったし、物語的にも動きがあってどんどん引き込まれていった。

最後のエマストーンの表情が印象的。
のわれ

のわれの感想・評価

3.5
映画館で見てよかった。
重低音のドラムが胸に重く響く。
いつが終わりだったんだろう。どこから始まっていた?
カタルシスはないけれど、水の中に潜って水面を下から見上げているような不思議な感覚。
「俺を降板させてライアン・ゴズリングを使うのか!(パンツ一丁)」
めし

めしの感想・評価

3.5
虚実入り乱れるワンカット風の演出で、
セリフとか演出とか撮影、映像の編集技術の高さがわかったような気がします。
よくわからないけど、
なんか哲学的な映画だと思った。
演劇的な何か、深いような気がする映画。
メモ

メモの感想・評価

4.6
実はすごいのが脚本
会話の部分とか、ずっと見ているとそれなりに見どころもあったとは思うが、如何せん、お話がつまらなかった(苦笑)のが致命傷。。。
ケンカのシーンでも憎めなかったり、ドラムの音がけっこう心地いい感じだったので見れたけど、見方を変えると大変しんどい思いをする羽目になるかもしれません。
ワンカットで話題になったらしいが、これはたぶん模擬ワンカットだよね。あんまりリアリティを感じない。ドイツ映画で『ヴィクトリア』というスーパーワンカット映画があったけど、あちらに比べるとあんまりワクワク感もなかったかな。
>|