バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価・動画配信

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.7
ドラム

時代に取り残されたオヤジの運命

洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

撮影方法が独特
よくあんな狭い中を撮りましたね〜

結末がよく分からず、何回でも観たい

色々と考えさせられる
現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
皆んな好きでした

アレハンドロ凄いです
ずいぶん前に見たけど酔いすぎてて何も覚えてないや また見よ
kuu

kuuの感想・評価

4.0
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
原題 Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance).
映倫区分 PG12.
製作年 2014年。上映時間 120分。
シリアスな人間ドラマで高い評価を得ているメキシコのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のダークファタジー。
『バードマン』というヒーロー映画で一世を風靡した俳優が再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を、『バットマン』のマイケル・キートン主演で描いた。

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の底にいる俳優リーガン・トムソンは、復活をかけたブロードウェイの舞台に挑むことに。
レイモンド・カーバーの『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色し、演出も主演も兼ねて一世一代の大舞台にのぞもうとした矢先、出演俳優が大怪我をして降板。
代役に実力派俳優マイク・シャイナーを迎えるが、マイクの才能に脅かされたリーガンは、次第に精神的に追い詰められていく。。。

今作品は、大胆で、信じられないほど独創的で、感情豊かで、豪華に撮影され、まぎれもなくエネルギッシュで生き生きとしていました。
芸術と人生がいかに絶望的に絡み合っているか、人々の人生、エゴ、意見がいかに芸術の決まり文句になっているか、舞台という泥臭い戦場で真の意味と社会的受容を求めている人々、ファンタジーと現実、過去と現在、人気と名声、批判と批判、人生の謎のごちゃ混ぜ感など。
バードマンはこれらのアイデアを見事にバランスさせ、獰猛に、怒りを込めて伝えている。
登場人物たちは、誰もがいかにインチキか、誰が最も情熱的で本物か、劇場の観客は金持ちの白人で、終演後にどこで食事をするかしか興味がない、映画の観客は銃撃戦とスーパーヒーローにしか興味がない白痴だと、常に互いにわめき散らしている。
これらの考えは辛辣で、今作品の真髄をついている。
今作品の良かったシーンは、リーガンの娘であるサムが、1マスに150の点があり、それぞれの点が10万年を象徴するトイレットペーパーが、地球の歴史に似ていると説明するところ。
人間がいかに自己中心的であるか、自責の念や真実の追求が、物事の全体像の中では結局は無意味であるか、人間が無視されるなら、芸術も無視されるし、その逆もまた然りである、なんて。
我々は、我々が云うほどには意味がない。
これは、作中でリーガンが物理学の法則を曲げる能力によって示された考えです。
彼は自分の分身であるスーパーヒーローの力を純粋に信じ、信じることによってその能力を発揮することがある。
今作品のテーマやアイデアには非常に印象的な技術的側面も感じました。
今作品の体験は、まるで2時間続く意識の流れのようなジャズ曲で、一瞬たりとも気を抜くことができなかった。
アレハンドロ・イニャリトゥとエマニュエル・ルベツキは、主に途切れることのない1テイクのように見えるはずの『バードマン』を撮影した。ヒッチコックの『ロープ』(1948年)に似ているが、この場合、ワンテイクの技法はより魅力的であり、意味深いものとなっている。
それは、現実の生活とファンタジー/アートの融合を強調する、奇妙な超現実主義を体験全体にもたらすもの。
常に動き続け、瞬きもしないカメラアイは、観てる側に自分自身が物語の一部であるかのように感じさせるのに効果的で、注意深い観客にユニークで超越的な経験を与え、実に見事な決断であると思う。
音楽はほとんどパーカッシブで、『バードマン』の鼓動とよく似ているように感じる。
カメラが動き、登場人物も動いているときはドラムが鳴り響き、カメラが静止してドラマチックなトーンやメランコリーになると、ドラムは鳴りをひそめる。
また、演技については、出演者全員が素晴らしく、例外はまったくない。
まるでジャズミュージシャンのように、お互いのヴァイブスとエネルギーを出し合って、壮大なオーケストラの旅を作り上げていました。
マイケル・キートンとエドワード・ノートンは、間違いなく自分自身を誇張して演じており、それがすでに働いている無数の風刺の層に拍車をかけている。
リーガン役のキートンは、その演技の幅を存分に発揮し、数少ないですが今までに見た中で間違いなく最高の演技の一つを見せてくれました。
ノートンはもっとストレートやけど、それでも知性と神秘的な憧れを放っている。
ザック・ガリフィアナキスは、その気になれば素晴らしいドラマ俳優になれると思っていたコメディアンの一人で、今作品での彼の小気味よい演技で、その思いは確信に変わった。
エマ・ストーンは、リーガンの若い元麻薬中毒の娘を力強くも親密に演じ衝撃を与えてくれたし、今作品で最も印象的な暴言のシーンや、今作品で最も刺激的で示唆に富んだシーンを演じてました。
ナオミ・ワッツ、エイミー・ライアン、アンドレア・ライズボロー、リンゼイ・ダンカンら豪華女性陣も大活躍。
感無量です。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督と製作陣は、面白くて、刺激的で、考えさせられる、まさに衝撃的な作品を作り上げたと思います。
とても善き作品でした。
Sho

Shoの感想・評価

4.5
900レビュー目はダウンロードして飛行機で観た作品!

マイケルキートンのキャリアを知っていると何倍も面白くなる作品!!
皮肉の効いた演出が最高だったし、実際の作品、役者の名前を使ってて、ワンカット風な撮影だったから、ドキュメンタリーチックでさらに引き込まれました

ラストの舞台シーンは本当にドキドキしました。「無知がもたらす予期せぬ奇跡」そういう意味だったのか〜

出演者チェックせずに見たらなかなか豪華ですごかった!笑
huu

huuの感想・評価

4.2
マイケルキートンがお空飛んでました
カメラワークとドラムが印象に残った。少し難しくてうまく文字に表せないけど面白かったです
爲

爲の感想・評価

3.0
ほぼワンカット、ドラムが素敵
ももも

もももの感想・評価

3.5
まとわりつくようなカメラワークが印象的
えっとすみません。何が良いのか心の底から本当にわかりませんでした…
早尾

早尾の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

一度終わってしまった男の映画。忘れ去られるということを恐れている。めちゃくちゃ酒飲んだ翌日に悟りを開いたみたいな感覚になることはあるあるだよな。
>|

あなたにおすすめの記事