バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.7
ドラム

時代に取り残されたオヤジの運命

洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

撮影方法が独特
よくあんな狭い中を撮りましたね〜

結末がよく分からず、何回でも観たい

色々と考えさせられる
現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
皆んな好きでした

アレハンドロ凄いです
yuu

yuuの感想・評価

4.0
TSUTAYAでコメディに入れられてるのはおかしい。

商業的な作品を批判したり、演劇というものを必要以上に神格化し、一部の権力を握った批評家の意見に左右される環境を批判し、そもそも演劇とはなんなのかということを描きたかったのか。というか、「リアル」ということか。
カメラワークやワンカット風な映像、BGMの大部分がフリージャズのドラムなど、生々しい演出で、より監督のリアルを描きたいという想いが強調されていた。

最初から最後まで難解。
何度か観てみたい。

サウンドトラックかっこよすぎるのですぐApple Musicでダウンロードした。
舞台のような舞台映画。え?

本作に出てくる俳優らへの知識が無いと確かに絶望的に本質的な面白さは理解できないだろうなあって作品なんですけどそれでも、分からなくても、単純にストーリーも撮り方も面白かったです。

そこまでアメコミやら大衆娯楽作品にアンチアンチ皮肉皮肉しとるかなあ。
あくまで「そういう風潮が嫌いな落ちぶれ俳優が殻を破って昇華するまでのストーリー」なだけで、いやまあ作中の人物に代弁させてると言えばそれまでだけど、それでも単なる設定のための批判にしか映らなかったんだけど。

長回し風撮影もドラムもツボ。
ノートンは相変わらず最高。
オチも完璧。
大衆受けを批判する主人公の予期せぬ奇跡がアカデミー賞という大衆受けだったんでしょうよ。賞とるとこまで含めて現実か幻か舞台か分からなくなってくるな。すんごい映画だ。
たまき

たまきの感想・評価

4.0
無知がもたらす予期せぬ奇跡
面白かった!
ハチャメチャなのに有無を言わせぬ説得力があって、ユル〜イのに妙に緊迫感があって、滑稽なのにシリアスで。
映画演劇界の舞台裏を覗く面白さもあり、現代エンタメ界への諷刺でもあり、古典へのオマージュでもあり。
主演のM.キートンからして初代バットマンでこの役なわけだし、過去映画や役者を知ってるとニヤッとできるけど、知らなくても脚本自体が面白いので楽しめる。
そして何故か見ながら、あぁこの映画の現場ってすごい楽しかったんちゃうかな〜って思った。
MargaretZ

MargaretZの感想・評価

3.2
ワンカットで繋がられたシーンは見る人に緊張感を与え続けていた。ドラムの音と音楽はカットの代わりにリズム感を作り上げて、感情の区分けをした。
内容は難しいけど楽しい映画でした。
ダークでお洒落
カメラワークがツボ
沢山の賞を受賞した作品と言う事でTSUTAYAレンタルで鑑賞しました。

過去にバードマンシリーズの主役を務めて人々の賞賛を浴び、名声を思うようにしていた主人公のリーガン(マイケル・キートン)でしたが、
役を降りてからは過去の名声に囚われ、それを超える事も出来ず、忘れる事も出来ず
うだつの上がらない役者人生を歩んでいました。
それを超えたい!と言う想いから、
舞台を立ち上げ、演出から役者まで、
全てを作り上げ、また人々の賞賛を得ようと人生を賭け再スタートをきるリーガンでしたが…

と言う内容をブラックユーモアを交えながら、バードマンを具現化したり、
少し奇妙で不思議な味付けの作品に仕上がっていました。

独特の世界観で、好き嫌いはっきり分かれそうと言うのが率直な感想です。

大ヒットシリーズの主役を演じると、
中々そのイメージから抜け出せなくて悩み消えていく役者さんも実際いますよね。

私的には、初代 スーパーマンをイメージしてしまったり、
あと、ハリーポッターのダニエル・ラドクリフや、ロード・オブ・ザ ・リングのフロド役の イライジャ・ウッド もイメージの払拭が大変なんだろうな… なんて思ってしまいます(^_^;)

嵌まり役であればある程、その後の役の切り替え方(出演作品の選び方)次第で
役者人生が決まると言っても過言ではない様な気もします。
難しい世界ですね(´ε`;)ウーン…

過去の名声に囚われるのではなく、
常に前を向いて新しい自分と向き合うことの大切さと難しさを描いた作品なのかも知れませんね。
(過去を捨て去れないとどうなるか…の顛末を描いた教訓なのかも知れませんけど(笑))
>|