• Filmarksトップ
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    脚本
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    ニコラス・ジャコボーン
    アルマンド・ボー
    キャスト
    マイケル・キートン
    エマ・ストーン
    エドワード・ノートン
    ナオミ・ワッツ
    アンドレア・ライズボロー
    ザック・ガリフィアナキス
    エイミー・ライアン
    ジョエル・ガーランド
    メリット・ウェヴァー
    ナタリー・ゴールド
    リンゼイ・ダンカン
    クラーク・ミドルトン
    ダミアン・ヤング
    あらすじ
    かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

    「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

    犬
    4.7
    ドラム

    時代に取り残されたオヤジの運命

    洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

    撮影方法が独特
    よくあんな狭い中を撮りましたね〜

    結末がよく分からず、何回でも観たい

    色々と考えさせられる
    現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

    俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
    皆んな好きでした

    アレハンドロ凄いです
    小林
    2.8
    “愛されるものと呼ばれ、愛を実感できる”“芸術家になれないやつが批評家になる”みたいに結構名言の引用でカッコいいけど、序盤マジでつまらん。
    ブログもTwitterもFacebookもやってないのは存在しない人っていうのはなんか納得できるし寂しいね。主人公哀れすぎて…。転落って一瞬なんだね。
    批評家に対しての反撃は拍手もの。
    全体的にアーティスティックな映画で理解できなかった。頭オカシイ系の主人公苦手だなー。
    全編通しての長回し風な作り込み方がすごかった。
    ずーっと繋がってるみたいに。
    BGMも、ドラムのみのシンプルさ。

    虚構と現実を行ったり来たりするストーリーなので、それにこの撮影技術は、ちょっと疲れました(笑)

    すごいんだけども。

    様々な深読み憶測ができそうだけども、
    正解はないかもしれないねー。

    アカデミーが好きそうだなあと思いました(笑)
    TICTAC
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    予備知識なしで観たけど、率直に言って凄く面白い!

    イニャリトゥ監督初の(ブラック)コメディらしく、パンツ一丁でTimes Squareを颯爽と歩くシーンあたりで結構笑えた

    ワンカット風の特殊な技法で、アカデミー撮影賞
    うまい具合に映像を繋げてるのが観ててすぐ分かって、それも見所の一つですね~

    様々な解釈がネット上に転がってて、映画を観た後も楽しめるし、総合的に好印象でした

    クラゲの死骸とか隕石の映像は、最初何かと思ったけど笑

    超能力もバードマンもリーガンにしか見えてなくて
    病室は死後の世界を描いてて
    そのシーンで「求めていたものが手に入った」という内容のやり取りがあったけど
    画面越しになんだか虚しさが伝わってきた
    結局、人生で大切なのは、名声ではなく、妻や子への愛なんだな〜と

    他の作品は暗いものが多いみたいなので、また時間を空けて鑑賞します!たのしみ!
    nutaki
    4.0
    話題の長回しカメラは最初は疲れたが、慣れると臨場感があった。感情を表すかの様なドラムだけの音楽も良い。次は予想出来るがその次は予想出来ない展開に2時間が釘付けで、見応えがあった。斬新と難解な積み重ねが挑戦的で、作り手の誇示が過ぎた感じがしたが。ノートンの『ゴズリングに替えるのか?』等リアルな発言がユーモラス。斬新な作品だ。
    ほどよく情熱的
    ほどよく狂気
    ほどよく滑稽
    ほどよく皮肉的
    ほどよく無情
    そして、ほどよく奇跡
    最後は意味わからないしサブタイトルも違う気がする
    ながお
    3.1
    異常な緊張感ある
    映画批評家の解説ブログとか見た方が楽しめそう
    たっち
    3.5
    ワンカットだったのは覚えてる
    gonchie
    3.5
    1,2回めちゃ笑った。エドワードノートンとエマストーンだったから最後まで見れた感じ。
    >|