バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

4.7
ドラム

時代に取り残されたオヤジの運命

洋画にハマりはじめて、アカデミー賞に関心を持つようになったきっかけの作品

撮影方法が独特
よくあんな狭い中を撮りましたね〜

結末がよく分からず、何回でも観たい

色々と考えさせられる
現代の演劇や映画のアメコミ乱立批判など、色んな要素が折り込まれていて、メーセッジ性を感じた

俳優陣もそれぞれ個性があって良かった
皆んな好きでした

アレハンドロ凄いです
町工場

町工場の感想・評価

3.3
くっそー!タイトルの意味がわからん!涙
元バットマン俳優を主役に
元ヒーロー映画俳優が演劇界に挑戦する話であり

いわゆる楽屋ネタでもある作品

役者の業とか舞台裏の人間関係に
親しみや興味を持っている人間には
とても面白い作品だと思うし

表現も撮影も面白い
だからこそ賞をとれた感もあるのかもしれない

実際そういう役者の悲喜こもごもに馴染みがない人には騒ぐほどの作品には感じられないんじゃないかなー
何に注目していいのかわからないんじゃないかと思う

私は演者じゃないし舞台人そのものでもないけど
周囲にたくさんその業界の人がいるので
なんとなくわかるからいいのかもね

コメディ棚にあったけど
ライトでポップなコメディを期待して見始めた人は間違いなくコケるだろうなと

間違いなく、皮肉っぽくてへそ曲がりなコメディだと思うけどね
主人公は統合失調症なのかなあ、、そっちが気になってしまった。ラストの舞台のシーンではブラックスワンのような、もしくは青い春のような、ブラックユーモアなものだった。カメラは1台だけなのか、カメラがどういう動きなのかも気になった。バットマンの俳優さんらしいので、映画好きが観ると楽しいのでしょう。
あんまりハマらなかった。
カメラワークとバックのドラムとドキュメンタリー的な雰囲気はかっこよくて好き。ストーリーは疑問点多々で私には難しかったかなあ。
ika621

ika621の感想・評価

3.2
噂通りカメラワークが凄かった!ただそれが作品を長く感じさせることを助長しているかも。最後は不思議な終わり方ですね。
賛否両論あるかな。自分にはちょっと難しかったかも。
Asafilm

Asafilmの感想・評価

3.8
一本ひたすら長回ししたかのような映像。撮影すごすぎ。
オチは不思議。
うーん、これは映画の趣味嗜好
で分かれますね。
わたしは普通でした。
主人公が超能力だしたところで
ダメでした。苦手です。
フォースとやらの世界なら作品に
はいれるのですが。
超能力が必要不可欠だったのかな?
音楽はよいですね。
ドラムが最高。
ムービースターで芝居ふつうの主人公と
芝居上手な役者バカを
描いているところは楽しい。
エマ・ストーンが娘役で
でてますね。ララランドの
あとの出演作品が楽しみな女優ですね。
本番までの役者たちの忙しなさがすごく感じられて、見るだけなのになぜかこっちまで少し疲れるくらいだった。そしてラストは解釈が分かれそうな感じ。好きです。
えみ

えみの感想・評価

3.1
うわー難しい。

多くの賞を受賞してたのが印象的な今作。
見る前にみなさんのレビューをササーっとみてから鑑賞しました。

これ結構評価が大きく別れるなー好きな人はかなり高い点数つけてるし、合わなかったーって人もなかなかに低い点数つけてますね。

結果:私は後者でした、残念。

カメラワークはみなさんいう通り凄かったです。最初から最後までノーカット(に見せてる)とかもう、それだけでも見る価値はあるわ。細い廊下とか階段とかそういうとこもずっと繋げてて、役者もだけど、なによりカメラマンさん!本当にお疲れ様です。

それと所々流れてくるドラムがかっこよかった!こういう演出好きですね〜!

でも他はウーンって感じでした。なんかガツンとくるシーンがなくて終わり方もぽやっとしてて…それがいいって言う人もいるんでしょうけど私はアンマリー…でしたネ。メッセージ性はあるんだけど、ううーんなんだか心に響かない映画でした…。

追記:字幕が黄色いのはバグか!?と思うほどなんか違和感が凄かったです。笑
>|