クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅の作品情報・感想・評価

上映館(7館)

「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

3.2
ナチュラルに、罪の意識も無く犯罪をする主人公に、どうしても入れなかった。
特に子供時代のスリって。

だからイケアでのお洒落な会話も恋も何も響かず、ただ退屈。
途中、人に施す喜びを知って変わったという事なのか?詐欺した金だけど。最後は子供に説く先生になるって、いいの?!


イギリスの警察のシーンとイタリアでの女優とのダンスシーンは、よかった。

今年1番残念だった映画。
ちまき

ちまきの感想・評価

3.2
思ってたのと違った
たいしてあらすじも読まずに勝手に【落下の王国】的な映画だと思ってた

これはこれで楽しめたのに、終わってみたら印象と思い出が薄い…
あ、でもイタリアの部分は好き!
楽しかった!
kyoko

kyokoの感想・評価

3.0
お気楽に楽しめるものが観たくなり
結構期待して鑑賞。

あれ?なんかそんなに笑えない‥
かといってストーリーにひねりはなく
何よりもっと歌って踊ってくれー!!

「バジュランギおじさん‥」みたいなベタなインド映画ではありませんでした。

笑えて!ワクワクして!泣ける!
の三拍子を今か今かと待っているうちに終わりました。

でも、こんな無理な期待せずに素直に楽しめる方には良くまとまって観やすい作品なのかも。
国際的な社会問題も含まれていたりして、
そのへんは◎
sksk

skskの感想・評価

5.0
ハイパーチャーミングな映画。私はうそばかしがだいすきなので、飲み干すように観たよ。夏だからたのしい気分になりたいな…っておもって観たら、すかなものぜんぶのせみたいな映画でした。2時間で巡る世界旅行!ってだけで、どうしたってこの胸は踊る。
まりん

まりんの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

インドの人って一目惚れ好きよね。そう言うストーリーが好きなのかな。

アジャはやっぱり、貧困のせいで将来の選択肢が少ない。母子二人にしては頑張っていると思うけど。
ドタバタと、思いもしない方向に流されて行くんだけど、勿論、上手い。

出会う人たちがね。奇想天外なんだけど、上手い。

アジャよりも貧乏・・なんて言葉で片付けられない境遇の人達との出会いは、本当に、成長させたね。
勇気要る行動だよね。

何だろう・・盗みはするけど、正しい事をする心を持っている。みたいな感じ、インド映画は好きよね。
ちょっとお馬鹿っぽい、そう言う憎めないインド人の男性キャラが、世界的に可愛く見える・・ってインドの人は理解しているのかな。
osowa

osowaの感想・評価

3.5
奇想天外なお話だから、どこに転がって行くのか分からない。
ハラハラドキドキの大冒険だった☺
原作は小説『IKEAのタンスに閉じ込められたサドゥーの奇想天外な旅』。

インドのお国柄といいますか、思想がよく表れた作品です。
程よく気持いいくらいに、おもしろいです。
“一期一会”をモットーにしている僕にとっては、ハッピーな気持ちになる物語でした。

貧乏なインド人青年が、生き別れた父との再会を果たすためにありとあらゆる方法で、欧州を巡る旅に“出た”物語。
ロマンチックな落としどころです。運命なんて、ひょんなことで風向きが変わる。
そのときは必死だったとしても…。

人生って本当にそうだよな、、、と。
映画の中の設定といえど、どこか観ていて勇気を与えてもらえる。
そんな作品。

インド映画は“踊り”が印象的ですが、この映画でもその要素が存分に味わえます。
言葉はわからない。けれど、メロディがとにかく美しい。
気分がノってきます!

殻にとじこもっていても仕方ない。
旅に出たくなりました。
旅先に答えが、必ずあるから。
せりな

せりなの感想・評価

3.0
本当に奇想天外な旅だった!
原作者の人が国境警備隊だった頃に、通勤途中にスマホで書いていた話らしい。難民問題に触れているのは執筆中の職業の影響だったのかなと思った。
基本的にはコメディベースなんだけど、さらっと社会問題も織り交ぜつつもエンターテインメントに仕上げている所が上手いなと思った。
がっつりインド映画って訳じゃないけど滲み出るインドテイストも面白い。
イギリスの入国管理局の人とかコメディとしては笑えるし。
あと、色々な国を旅していくので英語のアクセントがはっきり違ってて楽しかった。
原作はIKEAがタイトルについてるし、映画も撮影はIKEAでやってるのに名前が出てこないのは撮影までした許可が下りなかったのかな?

このレビューはネタバレを含みます

お涙タッチングかつ、ハートウォーミング、難民問題も出てきて、それは凄く考えさせられたけど、
英人入国審査官のお前ら全員バルセロナ好きだよな〜、じゃあみんな飛んでいけ〜っ♫のミュージカル調のシーンは最高だった😂

オチはディズニー的なハッピーエンドで、未来への明るさも見えた。

インドダンスもしっかりあって、それがまた曲が良くてさ
話の流れも良くて、日本じゃなかったら俺は立ち上がって踊りたかった笑笑

見終わって強烈に感じた事は、
あの主人公は俺ではないんだな、という虚無感。あー旅したい

DVD買おうかな、また浸りたい。
るぅ

るぅの感想・評価

3.0
「ありえない世界旅行へ!」

インド映画×パリのラブストーリー×旅番組
ちょっとだけミュージカルで、テンポ良く進むストーリーの中に社会問題もちょこっとあって観やすくて少し考えさせられる物語でした。

主人公アジャは貧しいムンバイの青年。
母と二人暮らしで広い世界に憧れて、勉強し日々小狡い方法で生活をしていたが、母の死をきっかけに一枚の偽札を持ってパリへ行く。
そこでたまたま入り込んだクローゼットが搬出されてしまい、奇想天外な旅がはじまる…!
>|