恋愛手帖の作品情報・感想・評価・動画配信

「恋愛手帖」に投稿された感想・評価

健一

健一の感想・評価

4.0
1940年 🇺🇸映画 モノクロ作品。

第13回アカデミー賞
主演女優賞(ジンジャー・ロジャース)受賞。

オープニングに流れる音楽がとても素敵! 一気にこの時代に引き込まれる。名作の予感。

女性の自立、日陰の女、未婚の母の問題など 現代でも通じるこの問題を半世紀以上も前から この作品は訴えている。当時の日本では考えられない事でしょう。
その為か日本では新憲法が発布されて 男女同権が確立した7年後の1947年に公開された。

二人の男性から求婚されて 板挟みになり 同じ真夜中の12時に二人とデートの約束をする。
彼女はどちらの男性の方へ向かうのか?
そんなおり 過去の恋愛の記憶が蘇る。

これは是非 女性の方に観てもらいたい名作。
80年も前の作品なのに こんなに女性の自立という問題を真正面から描いている作品があったなんて。
男の私でも衝撃を受けた。
当時(1940年代)の日本の庶民の女性が こんな生き方をしていたら? もしくは こんな考え方を持っていたら? 国賊として罰せられただろうに。

自分の未来のために、幸せのために。上流社会の古臭いしきたりに屈せず『お金が全てでは無い』と自らを貫く女性キティ・フォイル。
逆境にめげる事もあるが 常に凛々しく振る舞う女性の姿を描いていて なんとも 色々と励まされてしまう作品(男のくせに)。

彼女を演じ アカデミー主演女優賞を受賞したジンジャー・ロジャースが 主人公の女性を演じていて素晴らしい。

物語の進め方も この時代の作品としては良く出来ている。全く飽きる事なく一気に観てしまった。
これは 間違いなく名作。
おススメ!観て良かった!
ひでG

ひでGの感想・評価

3.5
「ロマンス映画DVD選」から4本目のチョイス。

1940年作。
「タイタニックの最期」や「哀愁」や「逢びき」など名作揃いのBOXの中で、知名度も質もややそこまではない作品だった。

案の定、中盤までは、あまり魅力的な映画ではなかった。

2人の男性にモテる女性のお話だが、
主役のジンジャー・ロジャースが、ややフケ顔で(失礼、、)
若い頃は違和感があり、それほどモテる女性には見えてこなかった。
出会いのきっかけもやや唐突で、
お話自体にも、それほど惹きつけるものがなかったように感じられた。

しかし、中盤、ジンジャー演じるキティが
たんかを切るシーンあたりから、
俄然、彼女の魅力が分かっていたような気がした。

考えてみれば、この当時、男に頼らず、
親に頼らず、
自ら生計を立て、

揺れ動きはするけれど、自らの運命を
切り開いていこうとするキティの生き様は
現在に脈々と通じる、「女性の自立」と
いう大きなテーマのさきがけだったとも言えるのではないだろうか。

終盤は、年相応の役になったのか?😅
役者、ジンジャーの魅力が自然に表れていて、とても良かった!

キティは、男に愛されたいと強く願い、
それを人生の目的としているが、
「自分らしく生きる・愛する」という点では妥協することがない、
そんなカッコ良さがある。

ラストもアメリカ的と言えばそうたが、
オーソドックスながら、満ち足りた気持ちで締めくくることができた。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.5
▪️Title :「恋愛手帖」
Original Title :「Kitty Foyle」
▪️Release Date:1947/07/29
▪️Production Country: アメリカ
🏆Main Awards : 第13回アカデミー主演女優賞
▪️Appreciation Record :2020-019 再鑑賞
▪️My Review
トランボ脚本の作品ですね。ユーモラスなエピソードを交えながらも二人の男性に愛されて、選択に迷って自己を深く見つめ直す、波乱万丈なワーキング・ガールの恋物語。時代背景を深く絡めて描いています。
ジンジャー・ロジャース演じるキティ・フォイルという女性の名前が原題になっていて、ベストセラーだったようですね。今ならなんてことはない恋愛物語かも知れませんが、当時としては、特に日本人にとっては過激で、積極的すぎるなどと評価されたようです。
映画の前フリは20世紀初頭の女性の姿。電車に乗れば男どもが先を争って席を譲り、控えめな求愛を受けただけで失神寸前。ければ今では参政権も勝ち取って(すると誰も席など譲らない)、バリバリ働き夜遊びにも励む。そんな「新しい女性」の恋物語ですよ、とわざわざ字幕が入るんです。当時はかなり新かったということでしょうね。
さすがトランボ?展開がよくできていました。古い作品ですが、今観ても最初のほうで退屈さを我慢すれば、きっと最後には作品の出来のよさに納得します。なんせ、怒涛の回想シーン。というか映画の大半が回想ですから。
エンディングはちょっぴりイキナリ感がありましたが、それなりに面白く見れたので。
さて、御曹司か、貧乏医者か?どっちだ!・・・

▪️Overview
「恋の十日間」のジンジャー・ロジャースが主演する映画で、クリストファー・モーリーの小説に基づきダルトン・トランボが脚色、「我等の町」のサム・ウッドが監督。新人デニス・モーガンとドェイムス・クレイグが共演するほか、エドワード・チアネーリ、アーネスト・コサートおよびグラディス・クーパー等が助演する。なおロジャースはこれで1940年度アカデミー女優演技賞を得ている。

女性が働き自立していった時代。「5時半の気分」にキティはある選択を迫られる。自分を一途に愛してくれる人か、何年も思い続けた人か。大きなスノードームの中の雪ゾリに乗る少女と真っ白な粉雪。なんとも素敵な回想シーン。でも彼女の過去は決して明るいばかりでない。それを乗り越えたからこその幸せがこれから訪れる。ジンジャーロジャースの強くロマンチックな演技はアカデミー賞主演女優賞を獲得した。
イシ

イシの感想・評価

-
うーん、がんばってる映画。
キャラクターも俳優自身もがんばってる映画です。

トランボ脚本やん。
ニューヨークの有名化粧品店に勤めているキティは、医師のマークから二度目の求婚をされるが、彼女にはウインという思いを寄せる別の男性がいた。一度はプロポーズを受けるが、彼女の自宅に突然ウインが訪ねてきて...。

ミュージカル女優としての一面を封印し、本作で演技派女優としての確固たる地位も築いたジンジャー・ロジャース。こちらでアカデミー賞主演女優賞を獲得しています。
ありがちなダメ男に惹かれる一方で、自分のことを本当に愛してくれる男性にも想いを寄せてしまう、という典型的な物語ですが、ジンジャーのまっすぐな演技がとても魅力的な作品でした。
『市民ケーン』を彷彿とさせる、スノードームを使った回想シーンなど、1940年の作品にしてはかなり斬新な効果もありつつ、見応えたっぷりでした。女性の社会進出がちょうど本格化しだした頃ということもあり、ひとりの女性の人生を力強く描いていて、今見ても共感できる部分が多々。
ラストも当時の世相を考えると、だいぶ衝撃的な展開...!

ダンスシーンは無くとも、とにかくジンジャーの美しさが映える一本。でも、女学生の頃の回想シーンはさすがに設定に無理があったかも(笑)。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
フレッド・アステアとの絶妙なコンビで一時代を築いていたジンジャー・ロジャースがそのコンビを解消し、踊りを捨てて演技派路線へと舵を切った一本。まあこの作品でオスカーを獲って新境地を開いたわけだが、確かに今までその華麗なステップにばかり行きがちだった視線が彼女の「派手さはないが明確な心理描写力のある」演技のほうに奪われてしまう。我慢ならないが忘れられない男と新たに現れた魅力的な男性、この2人の間で揺れ動きながら時に強く時に弱く(そして時に無茶な年齢設定もこなしw)悩みぬく姿に可憐さと風格の両方が備わっていて、さすが大女優という他ない。
犬

犬の感想・評価

3.5
未来

とある女性キティの恋愛事情と彼女たちから見た20世紀前半

クリストファー・モーリーの小説をダルトン・トランボが脚色したロマンスドラマ

参政権、女性の社会進出、大統領選などなど
アメリカを転々としたあの頃を思い出す

母になるということ
キティのいろんな覚悟がみえた

主演のジンジャー・ロジャースがキレイ
制服姿も可愛い

21世紀へ思いを馳せて、、
邦題が何とも意味不明。簡潔な筋立てながらGingerの演技力に引っ張られる。主題は新しい時代の女性らしさらしいが、20代前半の美貌最盛期に男性に選ばれないといけない、10年後ではもう見向きもされないという女性の覚悟が切ない。Kittyほどの超絶美人だからこそ、新しい生き方とやらは無理なのが現実のよう。
pier

pierの感想・評価

3.9
ミュージカルのロジャースとはまた違った良さがある。
最後もあれで良かった。
>|