雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 317ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

じろう

じろうの感想・評価

3.2
飛行機にて。3分の2は正直つまらなかったがジェイクがマセ坊主と仲良くなるとこらへんから徐々にギアが上がっていく感じ。エンディング頃にはもしかしたらものすごく深い映画なのでは?とハテナがつくところで終了。demolition=解体
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
機内で観たけど、日本未上映やったんか。
これ日本人ウケするのかな?
ホワイトカラーアメリカンには受けそうな作品。
奥さんを事故で亡くして、主人公にスイッチが入る話です。
完全なるサイコパスの誕生です。前々からその気はあったんですけどね。
憎めないサイコパスです。
kaname

kanameの感想・評価

3.5
逆玉に乗り何不自由ない暮らしをしていた男が、妻の死によって狂ってしまった人生を立て直そうとする姿を描いた物語。

やり場のない複雑な思いを抱える主人公が、人との関わりを通して生きる希望を見出していく話がよく出来ていて面白かった。

静かで地味な内容ではあるが、独特な余韻を残してくれる上質な映画だったなぁと。
すいか

すいかの感想・評価

3.6
ちょっとした編集の仕方とかがかっこよくて最初から引き込まれた。内容が内容なのに重くなりすぎない?というかなんだかスカッとする映画だった。あとナオミワッツの息子役の子が、ジョンコナーみたいでめちゃくちゃイケメンだった
ひたすら淡々と進んでいく。交通事故で妻を亡くした男が立ち直る映画。面白さはあまりないかな…。笑
ラストは良かった。
umi

umiの感想・評価

5.0

これも飛行機にて。海外での評価はあまり高く無いけれど、日本人の方がむしろ受け入れ易いストーリーな気がした。ツボに入る人は入るし、入らない人は入らない。それで全然構わないと思う。

辛い事、悲しい事が起きた時、人はそれを書くこと、話す事で少しずつ楽になれると科学的にも証明されていて。その自然な流れはもちろん、壊れたものは解体しようという発想への行き着き方もとても納得が行く。個人的にはすごく分かる衝動。

分解と破壊の境目がちょっと薄くなってしまったのは勿体なかった気もするけれど、何かを失った人間の話はやはり好きらしい。

男の子がすごく若い時のホアキンにちょっと似てる気がする。
Juliakyli

Juliakyliの感想・評価

3.8
細かい小節ずっと気にしない男が、
急に奥さんが事故で亡くなった。

何かの解答が見つかる為に、自分周りの全て: 冷蔵庫、ラジオ、テレビ、トイレの扉を解体して、細かいパーツを理解しようとし始めた。

その破壊することにより、物の構成、かみ合う関係も理解できるから。

自分の今まで意味のない人生と生き方を全て壊し、ずっと隠している自分心中の本音を探すミッション。周りの人見ていると、ただ頭が壊れているじゃないかと思うかもしれませんが、ポジティブな癒しプロセスでした。

少しfight club思い出すのですが、jake やはりよかった^ ^
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

3.5
壊れてしまった男が再生する過程を暗喩を散りばめ、描いたメタファー映画。

比較的わかりやすい暗喩なので、難解なメタファー映画が苦手な僕にもすんなり話にノレたのが良かった。

FREEのMr.Bigのシーンは最高です。
そしてメリーゴーランド。

撮影がとにかく素晴らしい。

シューズのMV、ナイトクローラーでの、静かな狂気を孕むギレンホールにヤラれたくちなんで、評価が甘くなっているかも。

追記: 邦題が致命的にダサい。なんとかならないのだろうか? 原題のままでいいのに。個人的に、このタイトルだったら、まず観るのためらっただろうなー
ダラス・バイヤーズ〜のマコ兄にも通じる主役の引き立ち方
ミニシアターだと勿体ないくらい
ramu

ramuの感想・評価

4.4
投資銀行家デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は妻を事故で亡くしてしまう。
それから、あることをきっかけに自動販売機会社へクレームの手紙を送りつける彼だったが、ある日カスタマーサービスのカレン(ナオミ・ワッツ)と出会う。
彼女とその息子の助けを借りながら、デイヴィスはそれまでの人生を"demolition"(解体)することで再生を図っていく。


大好きなジェイク・ギレンホールに、大好きなカフェ・ド・フロールのジャン=マルク・ヴァレ監督ということで楽しみにしていました。


重い内容ながらも、デイヴィスが物を解体していく所などクスっとしてしまうくらいに全体的には重くない雰囲気。
人間の内面の微妙なバランスを、映像に仕上げるのが得意な監督だなーと毎度思わされます。
さらに色々なところにメタファーが含まれていて、独創的な世界観を楽しむことが出来る作品だと思います。

例えば、M&M'sが詰まって落ちてこないシーンなんかは、デイヴィスの心に何かが詰まっている表れなのかなと思ったり。



そして相変わらずの楽曲センスの良さ!
ジャン=マルク・ヴァレ監督は、自身が音楽好きらしく、楽曲もこだわっているそうで、また選曲が私好みでどの作品も良いんですよね!

クリスがドラムを叩き、デイヴィスがヘッドフォンで流し、駅や町で踊りまくるシーン。
曲はFREEの「Mr.Big」。
このシーン何回も観ましたー!
お気に入り!!!


ラストも良いです。
走るデイヴィスの顔。
とっても印象的。


万人受けは良いか分かりませんが、私はこの監督の作品、肌に合うんですよね。
本作もバッチリでした。
劇場でも是非観たいです。