幕末太陽傳の作品情報・感想・評価

「幕末太陽傳」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

3.8
フランキー堺しか考えられない
ようなハマり役。

芦川いづみが可愛いし若い頃の裕次郎もすごくいい。

幻のラストシーンも観たかった。
まず早口でよくわからない
この時代ってのは皆そうなのか?
基本は遊郭のなかで繰り広げられる群像劇
そして話はどこに向かっているのか
気づいたら終わる
いまいち楽しみどころがわからない
不安を掻き立てる主人公の咳の
スパイスにはなるが最後まですっきりせず
外は雨

外は雨の感想・評価

4.2
相模屋という実在した遊郭を舞台に落語のエピソードを織り交ぜた物語。冒頭当時の品川の風景から始まる。居残りさんとして遊郭の困り事を機転を効かせて解決したり、ちゃっかりお金儲けしたり。遊郭の暮らしを活き活きと描いている。女郎同士の取っ組み合いのシーンの二人の移動によって遊郭自体を体感する。

フランキー堺の小気味好い駆け出し方がもーう、スタコラサッサって言葉を絵に描いたような軽妙さ!正に「首が飛んでも動いてみせまさぁ!」
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.8
2018年2月9日

川島雄三作品はおそらく初めて鑑賞。
大掛かりなセット!
オールスターキャスト!知ってるキャストだけでも凄いし、前から観たかった作品で、名作と言われる所以は分かりますが、台詞が聞き取りにくかったのと、バタバタしすぎてせわしなく、ストーリーにのめり込めなかったのが残念。
でもフランキー堺の軽妙な立ち回り。石原裕次郎は"太陽に吠えろ"くらいしか印象にないのですが、この頃は人気絶頂期だけにやっぱりスクリーン映えは半端ない!しかも脇役に据える贅沢さ。おそめとこはるの長回しによるえげつないケンカは必見!
また全体を通して役者たちの勢いというかエネルギーを感じられる作品。
nknskoki

nknskokiの感想・評価

4.0
洲崎パラダイスに筆頭する川島雄三の名作
大好きな村井美樹もオススメしてたコメディ映画

60年前に作られたとは思えない細部の完成度
図々しくて泥臭い
、なのに憎めない新しいヒーローの形

やっぱり赤線モノは鉄板だしそしてラストカットの構図が好き

俺はこの時代の女優だと芦川いづみが一番好き!かわいすぎる!
くずみ

くずみの感想・評価

4.0
フランキーの落語のイキがまことに鮮やか。図体ばっかり大きい長州勢が野暮ったく思える。江戸っ子の感覚ならそう。
芦川いづみの存在感がだんだん増していくのがいい。真の才覚とは。おかしな日々にふとよぎるさみしさ。
テンポとリズムが良くて、古くて難しい単語のセリフが聞き取れなくても楽しく鑑賞。
登場人物全てがイキイキしてムダな人が居ないのも良い。
わからん!
フランキー堺は面白くてかっこいいし、
石原裕次郎もかっこよかったけど、
肝心な映画の内容の良さはイマイチわからなかった。 もっと映画の知識が育ってから再チャンレンジする。
花魁がかわいい
主人公をずっと脇役の悪い奴だと思って見てたからあんまし移入はなかった。
jackpov

jackpovの感想・評価

4.9
多分これ何度でも見れる
まだうまく言語化できないけど、クレイジーキャッツみたいにナンセンス全振りじゃないところが良い
時代批評的なものを感じる
>|