FOUJITAの作品情報・感想・評価・動画配信

『FOUJITA』に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

3.0

【イメージ主体の映画だから】

日仏合作、小栗康平監督作品。

戦前、フランスに渡って活躍した画家・藤田嗣治を描いた映画である。藤田を演じるのはオダギリ・ジョー。

時期的には、第一次大戦後にようや…

>>続きを読む
mam

mamの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

フジタについての知りたいことが、何ひとつ語られていなく、只々ながい...。
この作品は一体何を伝えたかったのだろう。

2時間近くの半分は日本の戦時中。その後レオナールになる過程が見たかったのに..…

>>続きを読む

2022年341本目
「FOUJITA」

画家藤田嗣治の映画
伝記としなかったのはあまりにも恣意的な感じがしたから

期待して見ただけに残念

パリで認められた日本人画家藤田
今でもフランスでは日…

>>続きを読む
CharlieZG

CharlieZGの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

🖼勝手に秋の絵画展🎨㊳

フランスで評価され後に帰化した画家藤田嗣治の物語。

これは伝記ではなく、藤田の人生の一部分だけを切り取って、ゆっくりとしたテンポで幻想的に描いたアート作品。

パリでの自…

>>続きを読む
山市

山市の感想・評価

-
多用される引きの画が冷淡さを醸し出していてよかった。
あと序盤のオダジョーが楽しそうで笑ってしまった、思い返せばゴリラ野球映画の時もやたら楽しそうだった気がする。変わり者の役やるの好きなんだろうな。

日本を代表する洋画家である藤田嗣治の半生を描く伝記映画。
アートを勉強する上で彼の代表作と人生についてはある程度知っているが、この映画からは作品の魅力や人生については若干の説明不足な印象。
どちらか…

>>続きを読む
futile

futileの感想・評価

-
小栗は見直したい。特にこれと『伽倻子のために』は記憶があまりない。
ARiES

ARiESの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます


小栗康平監督の詩的な映像〜

オダギリジョーさん似てますね
中谷美紀さん美しい、感動しました。

エンドロールのフジタ礼拝堂に鳥肌✨
小さな空間から強いメッセージを感じる。

フジタ夫妻は
"最後…

>>続きを読む
さぁ

さぁの感想・評価

3.5

藤田嗣治、この間行ったモディリアーニ展で見て、本当に真っ白な裸婦。凄くいいなと思って本借りて読んだり調べたりしたんだけど
私はまだまだ藤田嗣治を知らない。そしてこの映画を見たところで、まだまだ知らな…

>>続きを読む
azkyon

azkyonの感想・評価

3.6
映像が美しく静かな作品。

藤田の作品は乳白色とちょび髭藤田の自画像が印象的で、ほかはあまり記憶にない。

エコール・ド・パリ展だと藤田よりシャガールやパスキンに目がいく。
>|

あなたにおすすめの記事