日本のいちばん長い日のネタバレレビュー・内容・結末

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿されたネタバレ・内容・結末

戦争について触れる機会があって、良いタイミングだと思って鑑賞。戦場や空襲など、いわゆる絵的に派手なシーンは全くないのに、役者陣の演技・臨場感がすごくて迫力があった。

改めて自分は戦争について知らなすぎるなと思った反面、だからこそ感じるものがあったと信じたい。
是非は抜きにして、この時代の日本人は信念を大切にして生きていたんだと感じた。政治の真ん中・頂点に立っていた人たちは特に、自分の中で絶対に貫いているものがあって、それぞれに想いが強いからこそ、そして互いにそれをわかっているからこその、まとまらなさ?みたいなものが印象的だった。
教科書では間違った戦争だったと、罪だったとまとめられがちで、それをなんの疑問も感じずに生きてきたからこそ、映画を通して人間らしさというものを強く感じた。信念や想いが故意に作られたものであっても、それぞれの道標や支えになっていたのかな。
過去の同タイトルの作品も見ようと思った。
結構何喋っているのかわからなかったけど、とにかく役者陣の演技が凄いです。

特に松坂桃李は名だたる大御所俳優の中で唯一の若手でありながら、大御所に引きをとらない迫真の演技だったと思う。
後半のクーデターへと行動を開始した時の狂気感凄まじい。

個人的には阿南の妻が自決した阿南惟幾陸軍大臣に語りかけるシーンが良かったです。
第二次世界大戦末期の戦争の背景にいる日本国内のトップ達の様子を描いた作品。戦争を継続するか、ポツダム宣言を受諾するか、という状況が細かく伺えた。戦争末期では、皆表には言えないが降伏すべきというムードがあったことは知らなかった。軍司令部としては降伏はありえないという気持ちだが、天皇の望む降伏の決定には従わざるを得ないという板挟みな役所広司が可愛そうだった。ただ、天皇の気持ちを尊重する点においてはやはり良くも悪くもみな日本人なのだなと感じた。アクションシーンは少なかったので、個人的には3.0だが、一度は見るべき映画だと思う。
内容は…知識がないのであまり語れないけど、話のテンポが無駄無くて良い、あと画面の切り替わり直後のセリフがわざとなのかな、意味深のセリフが多く先が気になっていく…

終戦の日役所こうじが腹を切った時に、部下が「介錯致しましょうか?」を「お茶お持ち致しましょうか?」ぐらい平然と言ってるのが軍隊という組織と時代と価値観が今と違うんだろうな…
戦争を知らない私たち世代にとって、エンターテイメント化された題材とはいえ、見る必要がある作品であると思った。(内容の真偽の精度に関わらず)

エンターテイメントとは言ったが、事実に基づくドキュメンタリーといった感を受けた。


こういう事が起きたことを学校で習わない。伝え聞く人が減っていく。
戦争への認識が薄まる。玉音放送という言葉すら知らない。



過去を顧みる大切さと、死を覚悟して生きた人たちの想いをくんで、
現代においても、日々の幸せと自分の未来に努力を怠らない事の大切さを感じた。


ーーーーーーーーーー
私が見たのはこの新しい方であったが 間違えて古い方にレビューしていた・・・
恐らくこちらの方が、見やすいんであろう
そしてエンターテイメントよりになっているのであろう
1967年版と2015年版との一番の違いは、前作は主に若い陸軍将校たちがメインで、全体的にドキュメントタッチで、まさに玉音放送の前日からの24時間をメインに、時系列に沿って描かれている事に対して、今回は鈴木・阿南・そして昭和天皇をメインに、鈴木貫太郎が首相に就任されてから、玉音放送までをそれぞれの家族や、昭和天皇・鈴木・阿南の関係性を通して描かれていること。

映画を見る前に、「終戦のエンペラー」「天皇の料理番」「玉音放送を作った男たち」などを事前に観ていたので(別にこの映画を見る為にと言うわけではなく、この作品がそれぞれ戦時中の天皇陛下の食事シーンや、玉音放送に関する話が盛り込まれていただけ)

多分、何も知らず、情報も無く、好きな俳優さんお目当てにこの作品だけを観たら、わからない事も沢山あったかもしれませんが、私自身はそういう事もなく観る事が出来ました。「あぁ、このシーンはあのドラマ、このシーンはあのドラマにあったな」って感じで、より色んなものが繫がり、理解しながら見る事が出来ました。残念ながら応援している役者さんの出演シーンが分かりませんでした(汗)が、松山ケンイチさんの登場シーンは短いけれどわかりましたよ(当たり前だわな)。一見、唐突にシーンが切り替わったように見えるけれど、前作は24時間ドキュメントと言う観点で物語が進むので、佐々木の登場シーンも、決起して横浜から首相官邸に突入するまで度々登場しますが(ほぼ毎回同じようなシーンの繰り返しだったけど)、今回は早朝、いきなり首相官邸にやってきたという感じですが、シーン的には首相官邸に寝泊りしている迫水書記官長の身に起きた事として、短いけれど登場します。もし迫水がそこにいなければ、このシーンはバッサリ、カットしても良かったのかも知れませんが、これも一見、畑中たちと関連は無いにしても、同じように決起した人達の実話のエピソードとしては、なくてはならなかったんだと思います。

意気揚々と首相官邸に来たのに、肝心の鈴木首相はいなくて思わず戸惑う佐々木が、折角来たのに、手ぶらで帰れるかという感じで「じ、じゃあ、燃やしちゃおう」って(^_^;)でも、以外とそんなもんだったのかもねって。

前作より、分かりやすく、そして何より、前回では描きたくても、描ききれなかった、昭和天皇の戦時中の生活や、阿南や鈴木とのやり取りや、御前会議、色んな表情を見る事が出来た事も良かったと思います。本当にモックンの昭和天皇の所作など素敵でした。

戸田恵梨香さんも短いシーンだったけど、反乱軍に屈せず、放送を阻止しようとする姿、放送されてないマイクに向かって自分の思いを話す畑中が切なかったですね。(でも同情はしないですけど)阿南陸相の最期も壮絶でした。あと少し速かったら奥様も息子さんの最期も伝えられたのにと思うと…

旦那は前作を観て「こういう映画は毎年放送するべきや」と言っていたけど、この2015年版の「日本のいちばん長い日」も本当に、色んな人達の色んな思いで、戦争を終結させるべきなのか、と言う事を考えさせられる作品だと思うので、多くの人に観てもらって、家族や学校などで話し合えると良いな。今ならまだ、当時小さくても、玉音放送を聞いた人達も生存されているので、生の声を聞くきっかけにもなると思うし、そういうことが平和を考えるきっかけにもなると思うなと。

でも、今回畑中少佐を演じた松坂桃李さんが、前作同役を演じた黒沢年雄さんが演じた時の方が年齢が若かったのに驚いた。
あの戦況で戦争続けたいって思ってる人がたくさんいたのにまず驚きだった
登場人物がほぼおじいちゃんな上に声小さくて言ってることが聞き取りづらすぎたので字幕がほしかったです
 敗戦色濃くなってきて、戦争をどうやって終わらせるのかの上層部と戦争継続を訴える青年将校たちの苦悩の話。

 どうしてもオリジナルと比べてしまいますが、いちばん長い日というよりいちばん長い半年と結構描かれる時期が長くなってしまっていますが、これはこれで面白いと思いました。鈴木貫太郎が昭和天皇から総理大臣を頼まれるところから始まり、玉音放送までを描いていきます。原田眞人監督の得意技である群像劇としても面白く見ることができました。会議のシーンとか退屈になりがちですが、これまた原田監督作品の特徴である細かいカッティングや膨大なセリフ量で引っ張っていってくれてよかったです。
 役者さんもよくて、特に青年将校さんたちは難しいセリフを大声ではっきりと喋っていてよかったです。
 オリジナルにはなかった鈴木貫太郎、阿南惟幾、昭和天皇の家庭人としての側面も強調されていきます。

 ただやっぱり半年前から描いていくのはちょっと長くて、物語のテンポは悪いと感じました。それに後半は宮城事件がメインで描かれていきますが、そこでの畑中少佐が放送されていないとわかっていながらも国民に向けて演説するシーンなんかは感傷的すぎると思いますし。阿南大臣の次男の戦死の状況を話し始めるというのは、唐突すぎて、あそこで話し始めるのなら、もっと宮城事件と同じくらいの比重で次男の戦死について描かないといけないと思いました。
 それに個人的には昭和天皇が宮城事件についてどう思っていたのかとかも見たかったです。

 オリジナルには到底及ばないと思いますが、これはこれで面白い映画だとは思いました。
まず言葉を理解するのが大変。今の言葉ではないから尚更。
見るのであれば時代背景を勉強してからの方が入りやすいかも。なので、クーデター未遂事件があったのね、ぐらいしか分からんかった。
この作品のMVPはあなたは誰を選ぶ?
私はぶっちぎりでラジオ局でブレーカーを落として紐でグルグル巻きにした女の人やッ!