日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    そー
    そーの感想・レビュー
    3日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    日本の終戦の裏にはこんなすごいことがとは言えない
    まぁこんなことはあったでしょう感
    戦争に関連する美化系はあんまり好きじゃないけど、この映画はそうのにありがちな嫌らしさは感じなかった
    と言いつつもドラマっぽくはしてるんだろうなぁと邪推してしまう
    始終堅い絵が続く中、スーパーサラリーマンの堤真一が出てくる度に和んでました

    評価付けてて思ったけど見てる人ほんまに少ないな
    takahashi
    takahashiの感想・レビュー
    2017/01/30
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    本当はこんな気持ちなんだろうなとか
    立場的に言わなきゃいけないんだな、言ってはダメなんだな、とか
    観てて、この人の本心はどうなんだろうとか、そういう意味でも考えながら観れました。
    icinema
    icinemaの感想・レビュー
    2017/01/21
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    終戦を知らせるあの有名な天皇陛下直々のラジオ放送。そこにいきつくまでの数日間、日本の中心で何が起きていたのか。考えたこともなかった。陸軍の上に立つものの苦悩と陸軍であることに誇りを持った青年将校たちの姿がよく描かれていた。
    阿南が陸軍大臣だったから、天皇陛下と割りと近い存在だった阿南だからこそ、終戦に向かって考えることができたのだろうと言うのは買いかぶりすぎだろうか。
    日本人なら1度は観てほしい、そう思えるドラマ。
    めろんぱん
    めろんぱんの感想・レビュー
    2017/01/12
    2.9

    このレビューはネタバレを含みます

    暗い 暗すぎる でも2度ほどクスッと来るところはあったんだ〜 基本日本語を理解するのに時間がかかる…難しいねえ〜 もうちょっと鈴木総理は聖断を早くもらうことができなかったのかとか 天皇も早く自分の意見を言うことができなかったのかとか色々痒い気持ちでした…。 阿南さんは色々過激派を押さえつけるのんも大変やったろうねえ 結局クーデターおこっちゃったし 畑中ちゃん(松坂桃李)意外と最後にドーンとやらかしてびびる… まあ最後は昭和天皇の人間宣言で幕を閉じるという… なにせ長い そしてしんどいけど 私は2時間続けてみれたよ 疲れた疲れた。
    羊
    の感想・レビュー
    2016/12/21
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    最後の切腹、自決の演技には鬼気迫るものがあった。鳥頭には少し話がこんがらがってしまった
    まじぇすた
    まじぇすたの感想・レビュー
    2016/10/23
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    たくさんの人の名前が矢継ぎ早に出てきて前半は何が何だか分からなかった。でも演技に迫力があって状況が段々と何となく分かってくる。中盤になって阿南陸軍大臣(役所広司)の立場と思い、そして表面上は対立関係を演じる鈴木総理大臣(山崎努)との信頼関係が分かったとき、このときの日本の緊張感がとても心に刺さってきた。お国のための戦うことを日々訓練してきた畑中陸軍少佐(松坂桃季)の若い考えも分からなくもないが、そんな部下たちの思いを鑑みつつなるべく平和的に終戦させようとする阿南の立場をわきまえた立ち振舞いに胸を打つものがあった。阿南陸軍大臣の自決は立場仕方のないことだったのだろうか。突然任命されてあれだけ終戦のために尽力したのに表向きの立場のためだけにそのような責任の取り方は酷すぎる。。。

    この映画によって、最近見た映画「シン・ゴジラ」での矢口のセリフ「大臣、先の戦争では旧日本軍の希望的観測、机上の空論、こうあってほしい、としがみついたために」がよく分かった。でもこのセリフだけでは分からない葛藤と緊張感がこの映画に描かれている。

    この映画の時系列における歴史に文句を言うならば、ポツダム宣言をすぐに受諾して2度の原爆投下を避けて欲しかった。

    とにかく、出演者たちの演技が素晴しい。
    乙郎さん
    乙郎さんの感想・レビュー
    2016/10/05
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    8月31日@otsurourevue
    乙郎さん@otsurourevue

    『日本のいちばん長い日』(原田眞人) 多分だけど、この題材を使って『ソーシャル・ネットワーク』をやりたかったんじゃないかなー、と邪推。成功しているかは別にして。
    posted at 18:43:51

    8月31日@otsurourevue
    乙郎さん@otsurourevue

    『日本のいちばん長い日』 岡本喜八版と比べるのは酷なんだろうけど、どうしてもフラットには評価できないわけで。
    posted at 18:45:05

    8月31日@otsurourevue
    乙郎さん@otsurourevue

    『日本のいちばん長い日』 自分の思想によるバイアスもかかっているのだろうけど、あまりこの映画に同意できない。
    posted at 18:45:44

    8月31日@otsurourevue
    乙郎さん@otsurourevue

    『日本のいちばん長い日』 役者陣については、本木雅弘が特によかった。松坂桃李は、もっと狂気を表現して欲しかった。若松孝二監督の『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』の映画に出てきた満島真之介の演技が本当は必要だったのではないかと思う。
    posted at 18:48:09

    8月31日@otsurourevue
    乙郎さん@otsurourevue

    『日本のいちばん長い日』 個人的に、特に気になったのは、これを観て「軍部の暴走」が怖いと感じなかったんだよな。それを描くことを目的とはしていないかもしれないけど、それはそれで問題があるような気がする。
    posted at 18:50:15

    8月31日@otsurourevue
    乙郎さん@otsurourevue

    『日本のいちばん長い日』 正直、取扱注意なテーマだけに、思想的な部分と切り離せなくてあまり楽しめなかった。『この国の空』や『野火』と見比べる必要を感じた。
    posted at 18:52:16
    かまちゃん
    かまちゃんの感想・レビュー
    2016/09/30
    2.7

    このレビューはネタバレを含みます

    テレビで父親と一緒にみた
    最初から歴史背景まったくしらなかったからお父さんに解説してもらいながら...
    途中字幕出さないとほんと何行ってるか謎。でもストーリーはポツダム宣言受諾か、それを阻止する人の話ってのは理解。
    桃李くんすごかった。でも、主人公最後死ぬの理解できなかったなー。だって死ぬ意味なかった!
    しんた
    しんたの感想・レビュー
    2016/09/05
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    母と観に行った
    終戦にあたって起こった謀叛や、陸海軍大将の苦難について、知っているようで、全く知らなかったことを恥ずかしく思った
    日本人として、知らなければならないと感じるとともに、玉音放送に涙するとても複雑で史実に基づいた精密な映画だった
    リメイクらしく現代に合わせて会話のテンポを速めていて、独特の雰囲気が出ていた
    filmaholic1988
    filmaholic1988の感想・レビュー
    2016/08/15
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    それぞれの立場、役職から、
    日本のことを、自分たちのいる場、仲間のことを思うがゆえの葛藤。意見の違い。
    悲しくてつらくて誰もが命をかけていて。
    そのうえに今の日本があることを忘れてはいけない。
    多くの命を犠牲にしてまで本土決戦にいくか、ポツダム宣言を受けて今の日本を守り、未来ある日本人たちに復興を託すか。
    戦争ではないけど最近観たシン・ゴジラでも通ずるものがある。
    原爆で終わらせない、未来を思い日本を残す選択肢を。。
    天皇の制度が成り立つのは日本という国の性格だからこそなのでは...
    >|