日本のいちばん長い日のネタバレレビュー・内容・結末

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 敗戦色濃くなってきて、戦争をどうやって終わらせるのかの上層部と戦争継続を訴える青年将校たちの苦悩の話。

 どうしてもオリジナルと比べてしまいますが、いちばん長い日というよりいちばん長い半年と結構描かれる時期が長くなってしまっていますが、これはこれで面白いと思いました。鈴木貫太郎が昭和天皇から総理大臣を頼まれるところから始まり、玉音放送までを描いていきます。原田眞人監督の得意技である群像劇としても面白く見ることができました。会議のシーンとか退屈になりがちですが、これまた原田監督作品の特徴である細かいカッティングや膨大なセリフ量で引っ張っていってくれてよかったです。
 役者さんもよくて、特に青年将校さんたちは難しいセリフを大声ではっきりと喋っていてよかったです。
 オリジナルにはなかった鈴木貫太郎、阿南惟幾、昭和天皇の家庭人としての側面も強調されていきます。

 ただやっぱり半年前から描いていくのはちょっと長くて、物語のテンポは悪いと感じました。それに後半は宮城事件がメインで描かれていきますが、そこでの畑中少佐が放送されていないとわかっていながらも国民に向けて演説するシーンなんかは感傷的すぎると思いますし。阿南大臣の次男の戦死の状況を話し始めるというのは、唐突すぎて、あそこで話し始めるのなら、もっと宮城事件と同じくらいの比重で次男の戦死について描かないといけないと思いました。
 それに個人的には昭和天皇が宮城事件についてどう思っていたのかとかも見たかったです。

 オリジナルには到底及ばないと思いますが、これはこれで面白い映画だとは思いました。
まず言葉を理解するのが大変。今の言葉ではないから尚更。
見るのであれば時代背景を勉強してからの方が入りやすいかも。なので、クーデター未遂事件があったのね、ぐらいしか分からんかった。
この作品のMVPはあなたは誰を選ぶ?
私はぶっちぎりでラジオ局でブレーカーを落として紐でグルグル巻きにした女の人やッ!
2015年版の元作品は未鑑賞です。
元作品の副題は「The Longest Day」でしたが、2015年版では「THE EMPEROR IN AUGUST」と変わっています。
つまり2015年版は天皇陛下を中心の物語というわけですね。
だからなのか、史実なのか今まで見た映画の中で最も天皇陛下の台詞が多い映画でしたね。

映画は1945年4月の鈴木貫太郎内閣の組閣シーンから始ります。
明治天皇から「軍人は政治に関与せざるべし」と教わった鈴木は
内閣総理大臣の内示を固持しようとしますが、そこを曲げてと陛下から言われます。
その際に、「阿南といたころが懐かしい」と漏らされます。
鈴木が侍従長、阿南惟幾が侍従武官だった時代のころを懐かしんでのお言葉であったそうです。
最終的にそういった人間関係があったからこ、終戦に導けたとい書かれ方をしています。

陸軍は常に権力闘争 いわゆる「陸主海従」 にこだわり続けているように描かれ
海軍の米内光政が割とバランス派に書かれているように書かれていますね。
特に、陸軍の東条英機の描かれ方は組閣に反対したり、 阿南のやり方に対して留守の隙に
「勤皇には狭義と広義二種類がある。狭義は君命にこれ従い、和平せよとの勅命があれば直ちに従う。
広義は国家永遠のことを考え、たとえ勅命があっても、まず諌め、度々諫言しても聴許されねば
陛下を強制しても初心を断行する。私は後者をとる」と火をつけて回りました。
ただ、陛下とのサザエのやり取りに関しては陛下の台詞は創作であったそうです。
今となっては真実は不明ですが、陛下のような返答があったらそれは相当のキレ者です。

度々出てくる最高戦争指導会議(Big Six)。
参加者は内閣総理大臣 、外務大臣 、陸軍大臣、海軍大臣 、参謀総長 、軍令部総長で
それに陛下を加えると御前会議になるそうな。
よく会議は開かれているけど、いつも何も決まらない最高戦争指導会議と描かれている。

中でも薄氷の上を迫水久常(内閣書記官長)が花押集めたり、うまく言いくるめたりして、
手続きの正当性を踏みつつ裏工作をしていくシーンは事務方としての凄みを見たような気がします。

全般的に早口で何を言っているのか分からず、前後の文意から推測するのはわざとでしょうね。

陸軍式の敬礼がとても印象的でした。
東条英機が訓示をたれるとき、文中に「陛下」を示す言葉が出ると
背筋を伸ばさねばならない伝統は、「ジョーカーゲーム」でも揶揄されていましたね。
ただ宮城事件を起こした青年将校たちも、戦争を終わらした指導陣も
当時の考えの中では真剣に日本の将来を考えての行動であったと強く感じました。

当時の当事者が皆鬼籍に入っている今だからこそ描けたシーンがもっとあってほしかったです。

5点満点中4点です。
8月15日を起点にした終わりと始まり。

前半、目から入ってくる情報も、耳から入ってくる情報も、とても穏やかで、とても品があるようでいて、そこかしこで理性的な狂気が吹き上がっていて、

ふざけんなという気持ちになる。やりきれない気持ちになる。

瀬戸際にあって、こんなに美しくあってほしくない、どうしてそんなに呑気でいられるんだ、こんなに理性的であってたまるか、そんな理性があるならば、何故、一体何故なんだ、ということが多すぎただろう、などと思う、

特攻隊にしろ、現人神にしろ、神国ニッポンにしろ、思想統制にしろ言論弾圧にしろ教育による洗脳にしろ、一体なんなんだ、なんだったんだ、そう言える時代に生きてる、そう思える国に生きてるからこそ、

後半、松坂桃李の若く純粋すぎる必死の狂気に戦慄する、役所広司の静かな重みよりも、松坂桃李の苛烈なひたむきさに、むしろ、耳を傾けたくなってしまう。

怒りでもない、悔しさでもない、やるせなさ、過去になにを言っても届かない、ましてやフィクションである、でもだけど、そういう時代だったのかもしれないが、お前たちの高潔な精神とやらに巻き込まれて翻弄されて死んでいった人々の身にもなれ!人を救うのが神じゃないのか!救いってなんなんだ!と思わずにいられない、

平和にボケていたい、庶民感情からの野次である。

平穏な瀬戸際から、玉音盤を巡り、終わりに向けて始まる狂騒、
それぞれの終わり。そして始まり。

始めたからには最後まで、これだけの犠牲を払ったからにはこれだけの利益を得るまで、と突き進むのは、貧乏性という、庶民根性なんじゃないのかという気もして、庶民ではない、皇族だからこそ幕を引けたのかもしれないという、説得力を感じられたのは良かった。

戦争を、始めるのは簡単だけど、終わらせるのは難しい、だって誰だってハッピーエンドが好きなんだ、でも現実には、戦争には死という取り返しのつかないアンハッピーが張り付いている、死はアンハッピーではない、死ぬことこそがハッピーエンドなのだと定めてしまえば、信じてしまえば、そりゃ簡単だけれど、現実は死んでからも続いていく物語に溢れている、どころか、誰かの終わりは誰かの始まりだったりする、それが現実である、

だからこそ、現実的な終わりと始まりを選び取った昭和天皇、その難しすぎる役どころを演じた本木雅弘が光る。

素晴らしい男優陣が揃い踏みしていて、役所広司は本当に、素晴らしい男優なんだけれども、でもこの時代のことをこういう「年長者の重み」を持って、それらしく演じて語れる世代はここまでなんじゃないのか、という気もしてくる、

「これからは老人の出る幕じゃない」という台詞が出てくるけど、なんだかきなくさい、いまの時代にあって、待ってくれ、もうちょっとそこにいてくれ、とも思ってしまう。

世代の問題じゃないのかも知れないけれど。戦争を知らない子供のまま、私たちは平和にボケたまま、もうどうしようもなく幼い言葉と態度でしか戦争を語れなくなってきてる気がする、実写よりもアニメ、メインカルチャーよりもサブカルチャー、複雑怪奇な現実よりもわかりやすい現実が真実であってほしい、

でも、幼いなりに、平和ボケなりに語れることもあるんじゃないかとも思うし。

なんだかなあ。もじゃもじゃもじゃ。
高2の夏、土曜の昼間にチリソースのかかったホットドッグを持ち入場。

あたりは見渡す限りご老人。

強烈な臭気を放つホットドッグのせいで周りの視線を感じながらの鑑賞。

その日こそが正に日本のいちばん長い日でした。
・もっと深刻な映画だと思っていた
・フランク過ぎた部分もあったかと
・でも現実に行われていたと考えると、感慨深い
・無駄に長い決裁体制、悪しき風習
・やはり天皇はかっこいい
・天皇のでる映画にハズレはない
・眠気まなこで登場人物の相関、主役性がよくわからなかった
・史実を知ってから観るべき映画
・武士道
・切腹は出血多量で死ぬもの、数分間は地獄
・偉人の陰には偉大な妻がいる
日本の終戦の裏にはこんなすごいことがとは言えない
まぁこんなことはあったでしょう感
戦争に関連する美化系はあんまり好きじゃないけど、この映画はそうのにありがちな嫌らしさは感じなかった
と言いつつもドラマっぽくはしてるんだろうなぁと邪推してしまう
始終堅い絵が続く中、スーパーサラリーマンの堤真一が出てくる度に和んでました

評価付けてて思ったけど見てる人ほんまに少ないな
本当はこんな気持ちなんだろうなとか
立場的に言わなきゃいけないんだな、言ってはダメなんだな、とか
観てて、この人の本心はどうなんだろうとか、そういう意味でも考えながら観れました。
終戦を知らせるあの有名な天皇陛下直々のラジオ放送。そこにいきつくまでの数日間、日本の中心で何が起きていたのか。考えたこともなかった。陸軍の上に立つものの苦悩と陸軍であることに誇りを持った青年将校たちの姿がよく描かれていた。
阿南が陸軍大臣だったから、天皇陛下と割りと近い存在だった阿南だからこそ、終戦に向かって考えることができたのだろうと言うのは買いかぶりすぎだろうか。
日本人なら1度は観てほしい、そう思えるドラマ。
>|