日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    candypocket
    candypocketの感想・レビュー
    1日
    3.3
    戦争終結へ向かう流れの中で、心血を注いで抗う事こそが陸軍兵としてのプライドなんやろうな。
    この映画を観てあの有名な玉音放送により重みを感じた。

    本木雅弘演じる昭和天皇、反響通り良かった。玉音放送の話し方も本物に近かった。

    登場人物が多かったので、相関図見てから観ておいて良かった。
    KAZU
    KAZUの感想・レビュー
    1日
    4.0
    記録
    ip
    ipの感想・レビュー
    1日
    4.0
    終戦記念日にこの映画を見たことは意義のあることだったと思う。
    歴史的事実を全く勉強することなく生きてきたので、こういう映画はありがたい。かなりわかりやすかった。
    シヴェーダ
    シヴェーダの感想・レビュー
    3日
    5.0
    日本人であるならば、是非とも見て欲しい作品だ。私はこの作品を映画館で見た時、感動して泣いてしまった。日本に戦争終結を決断させた男たちの生き様が、死に様が描かれた素晴らしい作品だ。
    鈴木総理は亡くなる直前、「永遠の平和、永遠の平和」と申されたと聞く。自分達の命を賭けた者たちの思いを感じられる作品。
    19700309
    19700309の感想・レビュー
    3日
    -
    「日本のいちばん長い日」て題にしなくてもよかったんではないか?前の映画と比べられるし、これはこれでおもしろいのに。
    えむろく
    えむろくの感想・レビュー
    4日
    2.5
    私が日本人ではなく
    歴史にも詳しくなく
    岡本喜八版も観ていない
    と言う状況でこの作品を観たら
    と考えると玉音盤争奪のドタバタ?は
    映画としてカタルシスに欠ける物語だよなと
    感じました。

    本木さんの演技は良かったです
    ごっち
    ごっちの感想・レビュー
    4日
    4.3
    勇ましい
    onitan99
    onitan99の感想・レビュー
    5日
    3.7
    終戦にあたっては、裏でもう一つのドラマが繰り広げられていました。その時点で海軍は壊滅していましたが、陸軍は兵器を温存し、本土決戦に備えていた訳で、気持ちはわかる気がします。しかし、戦争を継続していれば、国体護持はできなかったでしょう。現在の問題は国体護持は叶ったが、GHQの政策により、国民が日本人としての魂を失ってしまったことです。教育勅語は善です。なんで悪なの? 自分で国を守ることは当然じゃないの? この辺から変えていかないといけません。まずは教育改革(教育者も…)です。それと、阿保な野党に目を覚まさせること(洗脳されすぎ。日本人やめて、○国人になりなさい)
    夙沖波耶音
    夙沖波耶音の感想・レビュー
    6日
    3.6
    戦争物はちょっとと思っていたのですが
    見応えのある作品でした。

    本木雅弘さんの演技には本当に高貴な気品がありました。

    それぞれが国を思う気持ち。

    平和はいまだからこそ、見る価値作る価値のあるものなのかもしれません。
    渡邊こーき
    渡邊こーきの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.8
    こういう系ってぐだぐだして長いだけだと思って敬遠していたけど、観やすかった。
    テンポが良くカットが切り替わる感じもあってそれなのか、自分が鑑賞者として受容できるようになったのか分からないけど長いのに飽きなかった。
    ノンフィクションなので歴史の勉強と思って観てみるのもいいかも。


    松坂桃李が少佐やってたから将校って思ってたより若いんだなと思った。
    昭和天皇の演技すごい。
    文句を言うとするなら夏なのに暑そうじゃなかった点。
    >|