日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    ふっか
    ふっかの感想・レビュー
    1時間
    3.3
    山崎努の風格がたまらない。
    なりさわ
    なりさわの感想・レビュー
    5時間
    3.8
    面白かった。緊張感がいい感じ
    anushka
    anushkaの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    凄くいい邦画。御前会議を経てポツダム宣言受諾から玉音放送が流れるまでの1日を描いた作品。
    こちらはリメイク版で、わたしは原版はみておりません。最近紙上を賑わす天皇制の意義ってなんだっけ?とか敗戦国である立場を考えるのになんとなくみた映画だったけど、学校でも一度は見せればいいのにっていうくらい良い映画だったなというのが感想。

    教科書では触れられない宮城事件がまざまざと描かれていて、玉音放送までの手に汗握る展開に、目が離せない。昭和天皇の国民を想ってポツダム宣言を受諾しようというお気持ちと、青年将校の敗戦後の日本を憂う気持ちと、どちらも根本は同じで凄く熱くて終わった後もしんみりしてしまいます。

    個人的には昭和天皇がヤドカリの例を用いた東条を論破するシーンが好きです。

    でもやはり「天皇陛下に面目立たないから切腹」「命を掛けてでも本土決戦」という心情には感動はすれど共感はできず。ゼロサムじゃなく、未来を作るべく生きとし生けるものとして行動することこそ真の責任の取り方では?とも思うわたしは平成教育の賜物なのかしら。
    シスタールゥ
    シスタールゥの感想・レビュー
    12時間
    3.5
    最近の邦画、ということでバカにしてたごめん。
    先日岡本喜八版観たので記憶のあるうちに、、、と全く期待せずだったのだけど、素晴らしかったです。
    もっくんの昭和天皇、気品もあったし暖かみも感じられた。
    山崎努も別格の演技でした。かっこよかった。キャストが多いし髪型同じだし軍服だしどれが誰なのかよく覚えきれなかったのだが皆さんすばらしい熱量で演じきっていたと思いました。できる人いっぱいいるんじゃんね。
    役所広司はあまり好きじゃないんだけども、そのせいなのか、三船敏郎と比べちゃうせいか、切腹シーンがイマイチ。きれいに死んでった感じがぢちゃって。三船の苦しんで苦しんでのあの切腹が素晴らしすぎるんだけどもな。
    くーちゃん
    くーちゃんの感想・レビュー
    2日
    3.5
    記録。もっくんの昭和天皇はハマリ役😑
    ちゃんさえ
    ちゃんさえの感想・レビュー
    3日
    3.5
    私の理解力ではやや難しかった。
    縞子
    縞子の感想・レビュー
    4日
    4.8
    初めて1人で映画館で観た映画
    最初から最後まで緊張感のある映画だった。陸軍の独特のあの堅い雰囲気が好きなんだと再認識
    今度は小説を読んでからもう一度みたい
    >|