日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

2回繰り返して観たけれど、難しく理解できないところもあったが、知らなくてはいけない歴史があると感じた。

この作品はリメイク版だそうで、そちらが凄すぎたとのレビューが多いですね。
恥ずかしながら三船敏郎さんの映画を観たことがない…
今まで、昭和天皇を正面から映して登場させたことがなかったらしい。
本木雅弘さんが演じる昭和天皇、凄かったと思います。勝つか負けるかよりも、国民の生命を大事にしてくださって…
あの時、あの聖断がなかったら日本はどうなっていただろう。私の先祖は生きていなかったかもしれない。

役所広司さん、渋くてかっこいいからこそ、CMとかでキャラ崩壊させてほしくないなー。(O_O)
松坂桃李くん、こういう役いいなー!
青春イケメン俳優も好きだけれど、命を投げ出す覚悟で正義を貫き通そうとするこういう役の方が良い!
nyam

nyamの感想・評価

3.7
ついつい原作まで手を伸ばしてしまった。それぞれの立場から、戦争とどう向き合うか人間味が出ている良い作品でした。
たかぱ

たかぱの感想・評価

4.0
序盤は自身の知識が足りず物語を追うので精一杯だったけど、後半はかなりのめりこめた。知識をつけて67年版を見たい
もん

もんの感想・評価

2.5
wowowでやっていたので視聴

ちょっと自分には退屈だったかな、、、
原作を超えられないというのは分かってる。だから若い人たち戦争とはなんぞやを語るための作り方をして欲しかった。
riona

rionaの感想・評価

4.0
戦争という状況下で、日本の未来を案じて奔走する閣僚たちの熱さに感動した。菊の紋が要所要所で意味ありげに鈍く光っているところが個人的にお気に入り。「菊と刀」でも久々に読もうかな。
さく

さくの感想・評価

2.5
岡本喜八版を観てしまった後ということもあってか、かなり微妙でした…。本木雅弘は名演でしたし、山崎努はさすがといった感じでしたし、松坂桃李は頑張っていたと思いますが、岡本喜八版のような重厚さが感じられない。

岡本喜八版は、軍服が汗で滲み夏の蒸し返すような暑さが伝わってきて、あまつさえ黒沢年男も暑苦しいことこの上なかったのでけれど、こちらはデオドラントされていて、全体的に小奇麗すぎる。あと、三船敏郎と比較してしまうのは可哀想だとは思うけれど、役所広司も軽すぎる。変に家族的なシーンを取り入れたことで、余計に軽くなって、三船阿南の重厚さに比べると物足りなすぎます。
YukiSakai

YukiSakaiの感想・評価

3.1
命をかけた意思決定の連続

戦時はどの国も混沌としてトチ狂っている
ただ大義をこれほど重んじ感じさせる国に生きていることに改めてアイデンティティを感じさせられる
アサコ

アサコの感想・評価

3.2
歴史に疎い者としては勉強になる一方退屈ではありました。
こういう淡々とした作品はなかなか難しいですがぜひ岡本喜八版も鑑賞したいと思います。

本木雅弘、松坂桃李の演技がとても良かったです。
特に松坂くんは若手ながら頑張りましたね〜〜。
鬼気迫るものがありました。
りぃ

りぃの感想・評価

3.4
やっぱり戦争映画はどれだけ観ても当時の人たちの気持ちとか考え方が理解出来ない。
>|