日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

    aaa
    -
    日本映画専門チャンネルで字幕を付けて見ました。
    難しい言葉が多く出てくる作品は、字幕があったほうがいいと思います。
    xxx
    3.6
    若さはそれだけで人を傷つける。若い将校の「最後だけは美しくありたいな」というひと言が残る。

    松坂桃李の演技光ってた。

    信じるものが何であれ、本当の愛国心とは と考えさせられる日本の歴史。
    ak
    2.5
    こうゆう映画って歴史を知るために必要なんだろうけどあまりにも思想が違いすぎて昔の日本が理解できないよ。
    大変な時代だよな。
    命もっと大事にしよう。
    たなか
    3.6
    つらい。これが現実にあったんだなと。
    自分の命を投げ打ってでも戦に勝ちたかったんだよなあ。この時代に生まれてたらどんな人生だったんだろう。
    yuka
    3.9
    本木雅弘の好演
    昭和天皇のことは玉音放送の声でしか知らない私のような若輩者には、声(話し方)というアプローチ方法がしっくりきた
    その他役者陣も重厚になりすぎず良かったと思う

    岡本喜八版と比べて下に見られがちだけど普通に映画として面白いと思った
    matskei
    3.0
    太平洋戦争を集結させるために、天皇陛下や総理、陸軍大臣?とかいろんな人がどんなことをしてたかを再現した映画。
    とりあえず、知識がなさすぎて、陸軍クソだなという感想しか持てなかった。なかでも松坂桃李くんがヤバイ。サイコパスとしか思えない。

    陸軍がどういう思想でクーデターしようとしてたのか、勉強したくなった。


    映画としては、まあ、ドキュメンタリーを普通に見てる感じ。可も不可もなく。
    リメイクの定めとしてオリジナルと比べられるのは避けられないところだが、原田眞人に作家性というものがほとんど感じられない点だけでも、個性がもろに出ていた岡本喜八版に劣っていた感は否めない

    というかそもそも役者の演技や映像の質感含め、戦時中の雰囲気が薄い時点でのめり込めず、現代人が昭和の真似事をしている程度にしか到底思えなかった

    これを庵野秀明が撮ったなら、少なくとも岡本喜八へのリスペクトが感じられる代物にはなっていて、この作品よりは評価が上のものには仕上がるだろう
    asaka
    3.1
    チラ見してたら面白くなって本気見。松坂桃李すごい。チラッとうつるセリフのない女性職員、動きが上手いなーと思ったら戸田恵梨香だった。ベテランの演技の方がワンパターンじゃよ特にT…
    岡本喜八バージョン見たい。
    ayapork
    4.0
    思うことも考えることもあるけれど、当時皆それぞれにそれぞれの信念と思いに、とても苦しかったのだろうなと胸に迫る。
    >|