日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

泣いた、なんどもなんども
岡本喜八版視聴済。全体的に向こうの方が面白かった。夏のジリジリとした熱さ・敗戦への焦燥が感じられなかったです。しかし各俳優の演技は此方も見応えがありました。松坂桃李の行きすぎた愛国心のあの目付きがとても素晴らしい。後、もっくんの天皇は別格でした。何故に役職を字幕で出してくれなかったのかな?ちょっと混乱します。
K

Kの感想・評価

-
鑑賞済み
リメイクというからには昭和版も観なくてはならないだろう。あくまで本作に対する評価としては、かなり満足度の高い作品であった。

しかし世間の評価がそこまで高くないのも事実で、それは昭和版との比較によるものが大半を占めるだろう。しかしそれ以外の理由として、自身が和平派か抗戦派のどちらに感情移入するかによるものもあると思う。

これは単純に物語中のみの対立構造ではない。少なからず個人の思想が反映されるからである。

そして本作は敢えて言うなら和平派を正義として描いているように解釈できる。

だから私は思想を置いておいて、「和平派(あるいは阿南)が苦渋の決断で抗戦派を抑え屈辱ながらも降伏する様子を描いた物語」として観て、深い感動と満足を覚えた。

その意味で、本作のメインを占める会議のシーンはリアリティがあってすこぶる良い。無駄の多さも含めてあれこそ日本人らしさの最大の表現であろう。

もっと強行手段を取れば良いのに、あくまで書類上のことやルールにこだわるひたむきさや意地のようなものが私は好きだ。海外の人からすれば「妙な行動・こだわり」なのかもしれないが、その詰まらぬ意地を張るために強行手段を取ってしまう自己矛盾・危うさに心を動かされずには居られない。

そんな青年将校を見事に演じきったのが松坂桃李である。私の中のキャストMVPは間違いなく彼。純朴そうな見た目と凶器に満ちていく内面のミスマッチが光っていた。

映画として不満な点は終盤の場面転換の多さ。阿南の妻が語りかけるシーンや畑中少佐の演説シーンなどはもっとじっくり描いても良かったのではないかと思う。

長くなるが敢えて書くと、私は和平派に肩入れしているわけではない。むしろ、戦い抜くこと、戦死することを美であり正義と「産まれたときから」教えられてきたゆえに抗戦を主張し続けた青年将校達と、そんな教育をしてきながら考えも伝えずに降伏を決めてしまう幹部達。どちらに矛盾があるかは火を見るより明らかだ。しかし、その大人たちの決断により今の日本があるのもまた事実。

だから抗戦が正義だったと言いたいのではなく、戦争を良しとしている訳でも決してない。ただ、あの場で誰よりも「純粋」で自分を尊重したのは畑中少佐をはじめとした宮城事件の首謀者達だった。それがたまらず悲しく、尊い。
まこと

まことの感想・評価

3.9
美談でも美学を伝える必要は無いが、もう少し日本の戦争について学生や子供には触れさせるべきだと思う。
国や家族の為に戦った尊い命や、2000年にも及ぶ天皇から成り立った日本の国という価値観は、ただの反省の戦争だけでは、何も見ようとはしない。
美術セット細かい◎
日本語詳しくないと
日本人でも、映画の大半を
理解できないと思われる。
kirokuyou

kirokuyouの感想・評価

4.0
「ポツダム宣言受諾」の一言で習った歴史、いろんな人の思惑と努力と犠牲があった上での出来事だったんだと知ることができて良かった。
特に鈴木総理、この映画を観るまで知らなかったけど、戦争を終わらせる為に動いたことももちろん、敵国の国民に哀悼の意を述べるなんて、本当に素晴らしいと思った。

それと印象的だったのが、昭和天皇と東条英機が会話する中の、サザエの殻とナポレオンのくだり。すごく納得してしまった。

正直、聞きなれない軍事用語や政治用語、宮中の用語、しかも何か早口で、全部理解できなかったのだけど、観て良かった。
>|