日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

ako4u

ako4uの感想・評価

1.8
『おくりびと』『シコふんじゃった。』を観て、すっかり本木雅弘ファンとなった僕が
本木さんが見たくて観た映画だったんですが
ええ、期待通りでした
本木さんの昭和天皇は 本当によかった
昭和天皇の 喋り方 しぐさ
皇室の人だけが発しているえもいわれぬあの空気を、本木さん、ちゃんと発してた
本当に作り込んでくる 素晴らしい役者さんです
これ見られて すごいよかった

あと、松坂桃李も 狂信的な青年将校を 好演してます


ところで、あの玉音放送のうしろに、こんな事があったことを、恥ずかしながら 知らずにいました
庶民視点の戦争映画に比べ
この階級の人々視点から描かれる戦争の姿は珍しい気がします

長い戦争の間 常に
歴代の大臣だの将校だのが こうして戦争について討議し 日本の命運を左右してきたのでしょう
どんなに熱く議論したとて
張っているのは己の命ではなく 人の 人々の命であることの愚鈍さよ

ただ 1945年8月の 大臣 将校たちは 自分の命を賭すことになった
「一世一代の貧乏くじをひきました」
笑って言う 阿南陸軍大臣こと 役所広司が印象的でした
それまで 彼の号令ひとつで 数多の人が 死んでいったのだとしても


副題が『THE EMPEROR IN AUGUST』となっていますね

王とは民の上にのみ成り立つもの

二千万人の国民を死なせて勝ったとして
その国には一体誰がいるの
民なくして国とは何なの
なゆき

なゆきの感想・評価

3.9
後回しにすればするほど、亡くなる人が増えるって分かってて、亡くなる人の中には自分の大好きな大切な人が含まれてて、それでも死なないでなんて言えないし、引くことも出来ない立場もあるって、理解できるような出来ないような。でもそいういう時代があったのは誰も想像出来なくっても事実に変わりなくて。
好青年たちが人を殺して死んでいく、そういう時代があったんだな、と。
すんご

すんごの感想・評価

4.1
昭和20年。日本の一番長い夏。


面白い!
これぞ映画と言ったかんじ!最初から最後まで、退屈せず、観終わることができた。

この監督、毎回、専門家がたくさん出てきたり、今とは異なる時代を描くことが多いため、観客によっては何が何だかわからないシーンがたくさんあると思う。自分も時にはそんな観客の一人である。
だが、そこがいい!

置いてけぼりにされながら、ある種の臨場感、リアル感を目一杯感じることができるのである。
それだけ、普段観る映画やドラマ、小説、漫画が、視聴者・読み手にわかりやすく脚色されたフィクションであることが、わかる。フィクションの世界では、登場人物や読み手とのコミュニケーションの乖離がほぼ発生しない。
しかし、現実はそうではない。そういう意味で、この映画は現実に近い演出が特徴的である。


しかし、当時も大変だ。陸軍は面子を守りたい。天皇は早く戦争を終わらせたいが、口出しすると立憲君主制にもとる。首相は天皇の意見を尊重したいが、天皇の主張が通ると、天皇の政治席責任を連合国から問われる。
様々なしがらみがあった。

そんなお上のしがらみの被害を最も受けるのは、つねに、一般の人々である。
HRKN

HRKNの感想・評価

3.7
終戦間近の混沌とした日本の状況が良く分かるような作品。実写邦画としての完成度はかなり高い部類に入ると思う。

まず俳優陣の演技はみんな素晴らしかった。特に主演の役所広司は当時の軍人としての葛藤を良く演じられてた。本木雅弘の昭和天皇と松坂桃李の青年将校も良かった。

最近鑑賞した「検察側の罪人」でも思ったが、原田監督は人物が対面したときの緊迫感を演出するのがうまい監督だと思う。でもやっぱり章ごとにタイトル入れるスタイルはあんまり好きじゃない。

この映画は内容としてかなりドキュメンタリー映画に近いため、盛り上がりに欠けるといえばそれは正しい。しかし現実性を帯びた信憑性のある作品として、その見応えはかなりのものであった。
おもしろかった…。2回観た。エンターテインメントというより学びが多い。

自分の中の、終戦時の東京のイメージがまた更新された。
具体的には、宮中の設備、侍従職の服装、閣僚たちの生活、軍人の士気など。
終戦時の東京というとただ焼け野原のイメージが強かったから。

玉音放送を巡って、これだけのことがあったんだね。この作品を見たことで、現在wikipediaサーフィンをしまくっている。
そういう意味でも学びが多い。

映画としても非常に美しい。見て損はない。おすすめです。
りほこ

りほこの感想・評価

2.5
日本人として知っておくべき事柄。
何年か前にオリジナル版を観た。オリジナル版の方が緊迫感・リアリティがあり作品にのめり込んで観ていた気がする、
Kosuke

Kosukeの感想・評価

-
終戦に向けて、日本のために、あるいは自分のために色んな人がもがき苦悩した終戦前夜の話。

リアリティが凄い。切った刀が手から離れなかったり、腰が抜けたりうまく喋れなかったり、だんだん事を起こす毎に、恐ろしい状況に自分が踏み込んでしまったことを悟る将校たちの撮り方が好きだった。
実際には敗戦を認めたくない若手将校によって玉音放送を止めるべくクーデターが勃発していたのは知らなかった。

整った敬礼とか、早口だけど丁寧で熱のこもった喋り方も、頭のおかしい感じに拍車をかけてた。

でもこれ、終戦から22年しか経ってない1967年の日本のいちばん長い日の方が見応えある気がする。
飯

飯の感想・評価

3.8
至急67年版 岡本監督の同作を観なければならない。
そう遠くない過去にこれらの事件が実際にあった。まだまだ知らないことだらけだ。

作品の話。字幕がないときつい。とにかく分かりやすく説明なんてものは期待してはいけない。ある程度の知識前提での展開の速さ。堅い言葉と沢山人出ます。
原田監督の演出がかなり好み。映像一つ一つの画が綺麗で細やか。カメラの使い方というか、カットというのか美しさを感じる。
役者のチョイスに文句のつけようがない。
名だたる名優と、舞台俳優に重きを置きながらも流石の芝居である大場泰正、山路和弘ほか。そしてその中でも格段に良かった松坂桃李恐るべし。
「孤狼の血」でも思ったが、我が正義の思想を全うしようと周りが見えなくなり直進する瞬間は、狂気の目と血の通わなぬ声を出すことがある。
以前にNHKで特別番組を見た記憶が少しあったので、それほど難しいようには思いませんでした。が、最低限の知識がないと少しわからなくなってしまうかもしれません。(役職名がいまいち理解できなくて…)

ドキュメンタリーのように進む感じや、各人それぞれの立場の感情のゆらぎが僅かな演技に表れており、さすがだと思いました。特に本木雅弘さんの演じる昭和天皇には見入ってしまいました。それから阿南夫人にはかなり揺さぶられました。

太平洋戦争を扱った映画はいろいろと見ています。様々な視点から同じ事象を見つめることにとても興味もありますので、見てよかったと思う作品ですし、また他の映画を見てからもう一度戻ってくる気がします。

原田監督作品を始めてみましたが、とても好きな演出でしたので、他の作品にも興味を持ちました。
むかし学校で習ったかも...
程度の知識だとついてけない(´ω`)
知識があったら良いものと感じられるんだろうなぁ

三谷さんが作ったこれ見たい。笑
>|