奇跡のひと マリーとマルグリットの作品情報・感想・評価・動画配信

「奇跡のひと マリーとマルグリット」に投稿された感想・評価

ふじこ

ふじこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画になって語られているくらいなんだからそんな事ないんだろうけども、
観ながら最初の方は(無理では…)と思ってしまうくらい、世界を何も知らなかったマリー。
そこに、身体が弱いながらも出会った魂をどうにか人として導きたいマルグリット。

目も見えず音も分からず、ただ一人の世界で生きていた彼女が悩みながらも献身的に指導するマルグリットのお陰でやっと物事にはやり方がある事、物には名前がある事、それを手を使って表せる事、それを理解してからは言葉の奔流で見違えるように普通のお嬢さんになっていく。
野生児のようであったけれどそれでも愛を注いでいた両親との再会も正直観ていてむっちゃ笑顔になってしまった。

後半はマルグリットに迫るお迎えと、受け入れる覚悟をしたマリーの強さが胸を打つ。

この施設に来た時点で幾つだったのか分からないけれど、知能に問題がなければ何時か言葉を得られるはずと信じる気持ちは何処からきたんだろう。
後天的であれ知能に遅れを伴わなかったのはそれこそ奇跡なんじゃないかなあ。
つい最近も、乳幼児期の聴力検査で見逃されてしまったが為に知的障害者として特殊学級に居たけれど、脳ではなくて耳が聞こえないのでは、と気付いた先生が再検査を促して発見されたけれども学習機能に大きな遅れが、というニュースを見た。

この映画のラストで空に向かってマルグリットに語り掛けるマリーの様は他人を想う優しい心で溢れていて、まさに人は一人では生きられず、他者の存在こそが世界を作るものであり、そしてそう言った出会い自体を奇跡と呼んで良いんじゃないないかなと思った。

そして同時に、ヘレン・ケラーはお金持ちの家の子であったが故にサリバン先生という家庭教師を雇う事が出来たし、もちろん本人の努力もあったのだろうけれど、家が貧しくて誰にも受け入れられなかった人や、同じ努力をしても結果を得られなかった、映画にもならないような人たちはどこへ行くのかなぁ…とも思った。
sasha2022

sasha2022の感想・評価

3.8
想いを伝えることや言葉の力の尊さを教えてくれる作品。暗闇の中にいた少女を外界に連れ出し、伝える喜びや生きる意味を与えるマリグリットの深い愛に泣く。。ほとんど手話で字幕もないのに感情だけで分かるくらい役者さん達の並外れた演技がすごい。ご飯も、髪を解くのも大暴れして一苦労。誰かのためにこんなにできるって本当にすごい。生まれつき視覚障害と聴覚障害を患っておりほとんど教育を受けてこずに育って教会もお手上げ状態と言われたマリーと、状況で彼女に自分を表現する方法を教えたマルグリットの感動物語。
もう1人のヘレン・ケラーって触れ込みだったけど、そもそもヘレン・ケラーって名前しか知らなかった。
目が見えず耳も聞こえないってとてつもなく恐ろしい。
そんなマリーを献身的に支えてコミュニケーションの取り方を覚えさせるってすごいこと。
信頼関係を築き上げたマリーとマルグリットのお互いの愛は美しいな。
qoo

qooの感想・評価

4.0
「今日、魂に出会った」
オススメより鑑賞
ヘレン・ケラーとサリバン先生の
関係を描いた'奇跡の人'から
オマージュともとれる邦題を付けられた
フランスに実在したもう1人の
ヘレン・ケラーの実話の物語

見えない、聞こえないってどう生きてけば
いいんだろうって思う人に対しての教科書
自分もその1人
今自分は五体満足で障がいが無いからこそ
生まれつきにしろ盲目+難聴=聾唖なんて
余計にどうすればいいのか、
どう生きていけばいいのかが
さっぱり分からない想像できない
この映画のおかげでそんな世界を少しでも
知れた気がする
マリー役を演じるアリアーナ・リヴォアールは
一般公募の本当の聾唖者であり
今作が映画初出演かつ演技力に驚かされる

こういう障がいがテーマの映画が
自分は好きなんだなーって改めて実感した
マリーが匂いを嗅いだり触れたりして、
その存在を感じ取ることができる自然界の
様々なものが、あたかもマリーの視点や
感性から描かれているかのようで、
それがとても新鮮で心地いい
やっぱりフランス映画の色彩感覚も好き
多重障害の人の実話をもとにした映画。
目の見えない子たちが集まる修道院に入ろうとしたら、耳も聞こえない多重障害の子は預かれないと一度は断られるも、何か縁を感じたシスターが受け入れ担当してくれる。
どうやっていろんなことを教えるか、大変な日々…
手話なり覚えられたと思ったらそこで終わりではないこの映画。

違う結末を見せてくれる、
流す涙はいろんな意味で違った。

多重障害の難しさ、
本当に通じ会えることって素晴らしいことだと思わされた。
Hana

Hanaの感想・評価

4.0
見えない、聞こえない、話せない苦しみが想像もつかない
マリーが何度嫌がって暴れても無理矢理ことばを教えようとしてた時はもう解放してあげてほしいとすら思ったけど
マルグリットだけが諦めなかったことで言葉を覚えたマリーの顔には表情が生まれて、周りとコミュニケーションが取れるようになって、一気に世界が広がった瞬間からは感動の連続🥲
ヘレン・ケラーの方も観たい✊
【不安、恐怖、警戒心でこわばったマリーの掌は、いつしか優しさ、愛、信頼に溢れた優しい掌になっていた。決して二番煎じではない、もう一つの“奇跡の人”の物語。】

サリバン先生とヘレン・ケラーを描く元祖「奇跡の人」(アーサー・ペン監督)は、フィルマの私のベストムービーランキングのとおり、人生でも3本の指に入るほど素晴らしいと思った映画。それほどの映画と同じタイトルを敢えてとっているが故に、登場人物も異なり比較する必要はないと分かりつつも、期待よりも不安が先行してしまうのは、先に観た「奇跡の人」の二番煎じに見えないだろうかという思いがあったからです。

しかし、そんな不安は杞憂に過ぎませんでした。

前半こそ、元祖「奇跡の人」のオマージュともとれる、悪く言えば既視感の強い、耳も目も不自由なマリーの怪物的な描かれ方と指導役のマルグリットとの全身と全身でぶつかり取っ組み合う“格闘シーン”が目立ち、やはり二番煎じ的な部分がどうしても気になってしまいました。

が、元祖「奇跡の人」のクライマックスであり最大の山場でもあるヘレン・ケラーが言葉という概念を覚えるくだりは、本作では決してクライマックスではないことが分かります。いや、それどころか本作の本当の魅力は、むしろその言葉という概念を知った後から現れるのです。そう、言葉を覚えた後のマリーとマルグリットの深い絆の描写こそが本作の核であり、それまでの格闘の過程はその絆を描くためのお膳立てに過ぎなかったのです。

元祖「奇跡の人」は、サリバン先生とヘレン・ケラーの日々の格闘の中でヘレン・ケラーが言葉という概念を覚え、それまで長い間閉じ込められた静寂と闇の世界から解放され、今まで触れることができなかった新しい世界の広がりとこれからの人生の可能性に対するヘレン・ケラーの喜びと、そこに導くまで最後まで諦めなかったサリバン先生の揺るがぬ信念と熱量こそに我々は感動し涙させられるわけです。ですが、実はこの2人がそれを通じてどれだけ深い絆を築いていったか、という部は触れられていません。

しかし本作においては、元祖「奇跡の人」では触れられなかった“コミュニケーションが取れるようになった後の2人の関係性”(誤解のないように書きますが、登場人物は各作品で異なります)に、その本質があると考えています。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、マリーにとってマルグリットがいかにかけがえのない大切な存在であったかが分かる後半部は、元祖「奇跡の人」の感動の涙とはまた違う涙を流すことになります。

特に前半部であれほどマルグリットと“格闘”していたマリーが、マルグリットに寄り添うシーンは、2人の間に神秘的な光が射しこむようで、なんとも儚くも美しく忘れられないシーンでした。前半部でマリーがマルグリットの顔を何度も掌で触り、マルグリットであることを認識しようとするシーンでは、マリーの掌から不安や恐怖、強い警戒心が伝わってきました。しかし、後半部では、一見同じように見えるその掌に優しさ、愛、信頼が溢れていて、とても温かい気を発しているようにすら映るのです。

奇跡に導いた人と奇跡を叶えた人、2人の“奇跡のひと”の絆の物語。決して二番煎じでは終わらない、噂に違わぬ素晴らしい作品でした。
furip

furipの感想・評価

4.5
めっちゃよかった
泣けます

マリーとマルグリッドの絆、信頼感、互いへの尊敬・敬意

見えない、聞こえない
生まれてきてから教育を受けておらず、野生獣のような少女マリー

そんなマリーと修道院で出会って、これは運命の出会いだと教育を買ってでるマルグリッド。見えないし、聞こえないし、世界のことを知る機会を与えられなかったマリー。

それはもう怖いの当然で
マリーへなんとか言葉を、世界を教えてあげようと献身的に支える、与えるマルグリッドの姿がもう、素晴らしい。
matsu

matsuの感想・評価

4.2
奇跡のひと。フランスの実話映画!!

ヘレン・ケラーの「奇跡の人」同様、メチャクチャ良い話。感動しました!!

マリー役、マルグリット役の2人の女優さんの演技が素晴らしかった!!


目も見えず耳も不自由(当然話せない)なマリー。14年間教育されず、野生動物のように育った。

耳の不自由な子向けの修道院の修道女マルグリットがマリーとの運命を感じる。マルグリットがマリーの教育係を志願する。

マリーとマルグリットの戦いが始まる。マリーは思い通りにならないと暴れ出して手がつけられない。言葉も全く覚える様子はない。

8ケ月後マリーの教育を諦めかけた頃、奇跡が起こる。マリーがお気に入りの小型ナイフの単語を覚えたのだ。そこからは水を得た魚のように、言葉を吸収する。単語だけでなく会話までできる。物事の仕組みまで認識するようになる。それに伴い行儀も良くなる。

育ての両親が面会しに来て涙を流しながらマリーと抱き合う。

マルグリットはマリーを自分の娘であるかのように愛情深く教育する。

「マリーは私の喜び 私の魂の娘 私の人生の光だ」とマルグリットは考える。


映画終盤、病気がちのマルグリットに死が近づく。医師から、仕事せずに静養するように言われるが、彼女はマリーの教育・マリーとの生活を選ぶ。

マルグリットはマリーに、人間には死があること、自分も死が近づいていることを伝える。マリーもそれを理解する。

最後、お墓の前で天国にいるマルグリットに向かって感謝の気持ちを伝えるマリーがいた。泣けました!!


この映画を見て一番感じたことは、どんな子供たちでも、隠れた能力や才能が何かしらあるということ。その時に発揮されていないだけで、諦めずに根気強く継続してやり通せば、能力や才能は開花するということ。

能力のない(何も取り柄のない)人間はいない、ということ。
umakoron

umakoronの感想・評価

3.6
慈愛に満ち溢れたフィルム

手話で紡ぐ世界の何と優しい事

清く、美しいものに囲まれ、
心が洗われる作品であった

宗教観だけでは到底語り尽くせない
マルグリッドの崇高すぎる人間性

彼女がどんな環境で育ったのか
そこに興味ひかれた
>|

あなたにおすすめの記事