ワンダーウーマンの作品情報・感想・評価 - 662ページ目

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

ガルガドットが素晴らしい!そして後半がとくに良い!
ストーリーは普通だけど、アクションが良い!
最後泣ける!
芯が強い女性は、同性から見ても惚れますね。
戦闘シーンの動きとかスローモーションになる感じ、色んな映画でよく見るけど、やっぱりかっこいいんだよなあーー!!!
みきち

みきちの感想・評価

3.5
キャップとソーを足して2で割った感じ笑

散々アクションシーンかっこよくてカメラワークも最高だったのに最後の一撃だけなんかださくてもったいなかった🙊
待ちに待ったワンダーウーマンを観ました。galgadotとてもキュートです〜めちゃ強いプリンセスが自立して恋をして愛を知る物語です。けっこうなロマンスでかなり強いです!夏の終わりの気分にぴったりの大満足映画でした🎬
TT

TTの感想・評価

3.5
いちばんの感想は「ガル・ガドットめっさ綺麗」恥ずかし。内容の前に女優の容姿。
でも綺麗でアクションが映えてカッコよかったので魅入って時間が気にならなかったですね。要所要所、ダイアナの無知さが微笑ましかったです。
あと戦争の悲惨さを押しつけてこなかったのも良かった。
でもキスシーンで思ったのが、『ジョゼと虎と魚』と共通のことなんですけど、男と付き合いのない女がすんなりディープキスいくのやっぱりおかしい。変。主人公アマゾネスなのに。
あと予告のコメディ感煽るのはやめてほしかったな〜〜。もうちょいコメディシーンあるかと思ってました。
kiwinese

kiwineseの感想・評価

4.2
アメコミはあまり映画館に見に行かない派なのですが^_^
主役が、ワイルドスピードのジゼル役で大好きになったガル様と大好物のスタートレックのクリスさん何をためらう必要が?!という事でみてきました〜!

結果、面白かった☆
とにかく無敵すぎるガル様(≧∀≦)
ハンパなくキレイ!!!
これからもワンダーウーマンみ続ける!
あかね

あかねの感想・評価

3.9
【ガル・ガドットは100点満点!!】
ものすごくDCしてた!
正直なとこ最初に標的にしてた敵を倒すまでがピーク。映像はさらにそこから過激になるもののやはり「神の戦い」は若干ついていけないところがある。
ワンダーウーマンが前線にたちみんなを率いて前進するシーンは圧巻やしワンダーウーマンの勇姿に感動すら覚えた。
ラブシーンもワンダーウーマンの成長に欠かせないものやったしそのまっすぐな心を貫き通すのも素晴らしかった。
声に出して言いたいのは

「伏線を張っとけ!」

やっぱり唐突のネタバラシは面白くないし必要性も感じない。ないよりマシで入れたなら徹底してほしいなという感想。

でも「マン・オブ・スティール」「バットマンvsスーパーマン」より確実に面白かった。
ガルガドットかわいい
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
@TC日本橋。
ダークな印象が強いDC系列としては群を抜く明るく痛快な作風と清く!正しく!美しく!最強で天然なガドットが魅了的。JLへのリンクが今イチなのがちょっち残念。その辺はマーベルのが一枚上手?
ガルちゃんキレイかっこいい!
キャプテンアメリカとかぶってる感じはあるがアベンジャーズよりジャスティスリーグのほうが断然面白い(^。^)
mits

mitsの感想・評価

3.3
今のところDCユニバースの中では一番面白い。
ジャスティスの誕生の時のダイアナさんには全然惹かれなくて、キツそうな女性としか思ってなかったけど、この映画のダイアナさんは超キュートで惚れました。