あの日のように抱きしめての作品情報・感想・評価

あの日のように抱きしめて2014年製作の映画)

Phoenix

上映日:2015年08月15日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

「あの日のように抱きしめて」に投稿された感想・評価

FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.4
終始苦しくてイライラ…
という面では、まんまとやられた感あります。
真っ直ぐな愛…なんだろうけど、どちらかというと親友のほうに感情移入してしまったが為に、両方バカモノー!!と、イライラと不甲斐なさがピークに。
映画だから仕方がないのだけど、粉々になる程の顔の骨格の変形があると、普段の声で気づかない程、声質が変わったならば、歌声や歌い方はもっと変わるはずだから、それで気づくのは違うんじゃないかと現実的な視点で観てしまったのです。
とはいえ、設定やラストのホラー感は好きです。
テーマや方向性は違うだけに、同じ整形手術ものとして、キム・ギドクの絶対の愛を思い出してしまったのは、不謹慎かな…
そういう面では、整形ものって映画にするの難しいんじゃないかと、ふと思った。
keinoshin

keinoshinの感想・評価

2.5
NTV月曜深夜の映画天国で。
何回かに分けてしかも間を開けて観たから、あまり感情移入は出来ず。

最後、思い出の(?)しかも歌詞が意味ありげな歌を歌いながら、腕に刻まれた囚人番号を夫・ジョニーに見せつけることで「私はよく似た他の誰かじゃなくてあなたの妻本人なのよ」と知らしめたあとの呆然とするジョニーがよかった。
あの後どうなったのかは受け手の感性に任せます系のラスト。どうせなら銃声で終わりにして欲しかったな。
フライ

フライの感想・評価

3.9
愛を信じて疑わない妻と、戦争により荒んだ夫とのすれ違いと裏切りは見るに耐えないものがあった。
戦後ユダヤ人収容施設にいた女性を取り上げた内容は、本来であれば多少なりとも光が当たる作品を期待したのだが、ここまで報われない内容は、正直理解するのに苦労した。
最初これ以上ない身体的に悲惨な状況から親友に助けられ、更に最愛の夫とも再開し複雑な状況ながらも幸せになれると思わせてから、終盤の裏切りと悲しみの展開は余りにも残酷で観てる自分まで受け入れ難いものがあった。特にラストシーンの妻と夫の虚無感に襲われたような表情は観ていてかなり辛い。
ユダヤ人として、親友として、妻として、全てに裏切られる絶望感は筆舌に尽くし難いものがある。正に人生の終焉を見るようだった。
映画天国録画。いや、途中で気付くでしょ。普通。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.1
ショッキングな裏切りと愛の一方通行。

夫を信じ続けた妻と妻を利用し続けた夫。


あまりにも残酷な夫の仕打ちには唖然とさせられた。

死んだはずの妻が実は生きており、夫は死んだものだと信じているという点においてはたしかにヒッチコックの「めまい」と類似する。

しかし少し話のテンションが淡々とし過ぎており、大事なシーンさえサラッとしてしまっていたように感じた。

妻が綺麗に着飾り、"戦闘態勢"に入る姿は颯爽としておりかっこよかった。

心理戦はもしかしたら彼と会ってからすでに彼女にとっては始まっていたのかもしれない。

ラストの締め方はスッキリした!
natsuco

natsucoの感想・評価

2.7
夫の妻への思いが稀薄だったから妻だと気が付かなかったのかな。匂いとか声とか分かりそうなもんなのに。本当にモヤモヤした。ラスト暴れたくなる所を、静かにひとり部屋を出ていくところがかっこいい。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.2
夫まじでわざと気づかないフリしてるんじゃないかと。高度すぎるサスペンス映画。じわじわとくる。こんなこともあるんやなぁ。
aya

ayaの感想・評価

2.5
気づかないっていう設定がありえなくて理解できなくて最後までモヤモヤしたまま終わってしまったけど、解説を読んだらほほぅ…となった。でもやっぱり気づかないってありえないと思うから腑に落ちない。一方的に好きなだけだったならまだしも、結婚していたから不思議。
友人の助言は大切。
映像のトーンが美しい。
miri

miriの感想・評価

3.6
んー、なんで気づいてくれないの??
切ないし悲しすぎる〜
いままで2人が築いてきたものはなんだったんだろう〜
ミナミ

ミナミの感想・評価

3.8
言葉に出さずに真実を暴く妻かっこいいし
とにかく綺麗だった

馬鹿夫の最後の間抜け面は圧巻

ドイツ映画ってなんでこんなにも
戦争の時代を取り上げるのかなと思うし
独特の雰囲気とテンポがあって
あんまり得意ではないので3.8
>|