さらば冬のかもめの作品情報・感想・評価

「さらば冬のかもめ」に投稿された感想・評価

ハルアシュビーの映画は全部好き。これは18歳の囚人の軍人を二人の水兵が移送させるだけのロードムービー。淡々として特に大きい事件が起こる訳ではないが、日蓮宗と出会ったり、売春宿に行ったり、ジャックニコルソンの自由奔放で人間臭い兵士に段々と黒人兵(オーディスヤング)と囚人(ランディクエイド)が感化されていくのが自然体で描かれる。チョイ役でナンシーアレンとキャロルケーンが出てるけどとても良い。音楽も軍隊マーチだけに徹してて、さりげなく始まりさりげなく終わるのもいい。主人公がずっと白い息はいてて、本当に寒いロケだったんだろうなと判る。あんな寒い中でのソーセージ焼くシーンが印象に残る。アメリカンニューシネマの隠れた名作。
これアクションのくくりで合ってるのだろうか。青春ロードムービーにしか見えない。ところが唐突に日本の新興宗教を流布する女が現れ全部そっちに持って行かれる。ナンシー・アレンが勤行を唱える姿にぶっ飛んだ。何が冬のかもめなのか全然忘れてしまったが、見えない敵と戦い必死に唱える姿はアクション映画と言えなくはない。なんだこれ。
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
たった40ドルを盗んだ罪で8年の刑と除隊を命じられた新兵を刑務所まで護送するロードムービー。その重すぎる罪の訳は隊長の奥さんがやってるボランティアの献金箱に手を出したからという大層くだらない理由。
くだらない話ではあるけど、2日で行けるとこ7日間使って行ってきていいよという話だし、日当も3人分出るし、ニューヨークやワシントン経由してるから遊べるし、これは美味しい任務だぞ!とっとと新兵刑務所に入れて新兵の日当7日分も頂いて遊ぼうぜ!という、言い換えると会社の経費を使って豪遊するサラリーマンの出張もののような話なので、当然ご当地グルメも堪能するし、ナンパもするし、娼館に立ち寄って童貞の新兵の筆下ろししてあげる。単純に面白いのだけど、こういった全く生産性のない無駄なことにたくさんの税金が使われてるという皮肉含みなのは間違いない。
食パン

食パンの感想・評価

3.7
囚人護送ものというジャンルがあるなら『ミッドナイト・ラン』より僕は断然こっち派。男3人のロードムービーだが、妙に馴れ馴れしい感じもなく、至って自然な彼らの非日常。そこで芽生える奇妙な友情。恐らくこれは人情ものなのだけど、リアリズム演出で描かれたカラッカラに乾き切ったドラマなので、個人的にそれもまた味わい深いなあという印象。ホテルをとって、酒飲んで冗談言って笑い合い、狭い店の狭い席で不味そうなハンバーガーを食らうのが超楽しそうだが、メシがどれも不味そうで笑えるアメリカン・ニューシネマの佳作で、ニコルソンがカンヌで男優賞受賞。
だんご

だんごの感想・評価

3.9
ブラボーヤンキーヾ(´ー`)ノ

適当にこなすはずだった任務でメドウズのピュアさに惹かれて、人生の楽しみ方を先輩として教えていくバッドアスたち。
メドウズが心をひらき表情が豊かに大人になっていくのがいい。

ジャックニコルソンがまだ若くて細くてびっくり!
強烈な変態が出てくる映画と思いきや真っ当な情にあつい兄貴でした。期待せずに観たのもあってか中盤まではかなり好きだったので引き込まれました。後半は少し尻すぼみ。あっけない終わり方だなとも最初思いましたが、いい感じの余韻もありました。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
これ好きィィィ、もう見始めた瞬間からずっとこれ好きィィって思ってた、好きィィ。

荒くれた2人のベテラン海軍下士官と、年若い新兵との間に芽生える奇妙な友情を描いたヒューマンドラマ(wikiより)ってあらすじだけで最高やん…絶対面白いやん…
18歳の新兵を刑務所に連れて行くおっさん2人が話聞いてたらかわいそうになって「刑務所入る前に少しはいい思い出作ってやろうぜ」って連れ回すゆるゆる寄り道ロードムービー。

さらに脚本はロバートタウンさん、調べてみると「チャイナタウン」「俺たちに明日はない」「ミッションインポッシブルI&Ⅱ」「ゴッドファーザー」などに関わっているというハリウッドの名脚本家!!!これは絶対間違いないのも当たり前、とにかくみんなにおススメしたーい!!

味わい深いのよ、とにかく。噛めば噛むほどなスルメ映画。何歳になっても何度も見たい。

ジャックニコルソぉぉぉン😭好きィィ。何気に今まで見た中で一番好きなジャックニコルソンになった!海兵の服と帽子かわいいし、ちょっと血の気が多いけど大らかでお調子者で友情に熱い男。ほんとすきぃ。相変わらず顔の動く範囲が広くて表情豊かで見てて飽きん。すきぃ。こんなん大好きに決まってる、最高。

最後もめっちゃ好きやねん…なんとなく寂しさと優しさと哀愁があり、もうすき。大好き、この映画だいすきー!!!!

リンクレイターの作った続編も見たくなった…

アメリカで何妙法蓮華経が彼女作るための手段と使われている時代があったのか…!
メル

メルの感想・評価

4.0
アメリカ海軍の水兵さん2人が手癖の悪い新兵を刑務所まで護送する。

この新兵の盗みは未遂だったのに、上層部の奥さんが設置した募金箱に手を出そうとしたという理由で懲役8年とその後は除隊とかなり厳しい処分。(これも一種のパワハラか)

常々不満を募らせているものの生涯を海軍で過ごすしかない水兵2人の新兵への同情と思いやりがユーモラスに描かれる。

2人の水兵がちょっとだけお互いの身の上話をするシーンに彼らの人生が垣間見られる。

新兵役のランディ・クエイドはデニス・クエイドのお兄さんなのね( ^ ^ )

原作者自身も海軍に在籍していたことがある作家なので、道中のエピソードやラストでジャック・ニコルソンが若い海兵隊員に嫌味を込めて罵るところなどが面白い。
海軍と海兵隊が別の組織というのも新発見(笑)
切ないストーリーを打ち消す様に海軍らしいマーチが明るく流れるのも印象的。

最近の「30年後の同窓会」も同じ原作者で、海軍の刑務所に収監されそのまま除隊になった男が出て来る。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
軍で理不尽な刑を食らった囚人の護送にやんちゃな2人組が当たり、彼に同情してさまざまに脱線していく...護送の時間をフルに使ってハメを外しまくりつつ絶望の淵にいる囚人と心通わせ理解していく、という刹那的だがどこかハートフルで個人的にも大好物なロードムービー。だからこそせっかくハモりだした旋律がぶつっと途切れてしまうような余韻に面喰うが、まだこれがイージー・ライダー公開数年後、まだニコちゃんの髪の毛が十分ある頃の(失礼)アメリカンニューシネマ全盛期のハル・アシュビー作品だという事を考えると至極納得ではある。
2018年9月8日
BSで録画していたのを見ました。
若い?ニコルソン・・
やはり、味がある。
面白かったです。
>|