湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 629ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

ANONE

ANONEの感想・評価

5.0
ストーリー自体はよくある感じなのに開始3分で泣き始めていた。
誰かのために動ける人は強いなあ
どんなことでもしてあげたいって思うのはそれ以上のことをしてもらったって思いがあるからなんですね。


何回でも観たいです。
マロ

マロの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

公開から2ヶ月以上経ったタイミングで、武蔵野館での鑑賞。

主人公の宮沢りえが、余命宣告を受け
前向きに、家族達と共に残された時間を過ごす。

ピラミッドに泣く。
子役2人の演技が凄い。

パンフレットには脚本が掲載されている。

最後の最後、園子温監督みたいなタイトルフォントと、それっぽいオチ。
Qoo

Qooの感想・評価

4.0
やっと観れた 新年1発目!!
田舎なもんで今週からやっと公開...待ったよ〜(笑)

2時間があっという間。
お母ちゃんの熱い愛に胸がいっぱい
私は一応、母親だからそういう目線で見てしまって...イヤイヤそれは無いわって思わずツッコミたくなるところもある。

映画だから?現実ではないから?
イジメにあってる我が子を無理矢理学校に行かせることは果たしていい事なんだろうか?これは...多分、永遠に答えが出ない。

そんな母としての複雑な気持ちも杉咲花の演技に度肝を抜かれる 鮎子役の子もすばらしい

お母ちゃんの無償の愛 ふがいないお父ちゃん お母ちゃんに引き寄せられてしまうまわりの人たち すべてが優しい

私はあんなふうに子供を抱きしめたことがあったかな?
幸せな子供時代を送って家族にも恵まれた私はもういい大人なのに何も成長してないなぁ…と反省しきり。

ラストも...衝撃だけどきっとこれで良いんだろう とても好きな映画でした!
ひろし

ひろしの感想・評価

3.8
湯を沸かすほどの熱い映画だった。
2017年 4本目
MOVIX仙台で鑑賞。あらすじには想像もつかない驚きのラストと書いてありましたが、ラストどころか全編にわたって想像もつかない驚きの展開で構成されてました。病気で余命少ない母親が家族のために奮闘する、という話なのですが、ほんわかする展開どころではなく、胸ぐらを掴むような強烈な展開。そして最後に残るものはタイトル通りの湯を沸かすほどの母の熱い愛。新年早々とんでもない映画を観た気がします。
maco

macoの感想・評価

4.8
凄く良かった‼️
映画館で号泣

宮沢りえはもちろん良かったし、オダギリジョーのダメオヤジっぷりもステキだったけど、娘役の杉咲花が素晴らしかったと思う

映画終わった後、みんなトイレ直行
女性はメイク直し必須ですw
ハンカチ忘れずに
Mitch

Mitchの感想・評価

4.3
重い、けど良い。
号泣。
お母さんも娘も強い!

役者さんの演技凄かった。
余命わずかの物語は泣くのが当たり前なので好きじゃないなぁと改めて思った。

泣けたけどもっと弱く生きたいと思った。
泣けるというより笑えるというか元気になる余命モノというのが
好印象。

なんか映画というより、
立川志の輔さんの新作落語
みたいな

ラストタイトルで落としたり
ぶっ飛びつつ、人情味を
全面に出して
登場人物の為に物語がある感じ。

と思ったら、なんかお笑い芸人
目指されてたのかな?中野監督は。ということ考えるとお笑いの人が本気で映画に向き合うと
このような良作かつ、
本来の映画人が作り得ないものが出来ると証明したと思う。

それに応えた俳優の方々
素晴らしかった。
宮沢りえさんはガリガリに減量されて死の間際の女性をビジュアルで作り上げてて
あそこまでしてくれてるから
全体が引き締まったと思う。