湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 629ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

泣ける、泣けると前評判を聞いて期待値が上がりすぎてたのもあったかもしれないが、あまりにも泣けるポイント、逆に言うと泣かせにきてるポイントが明確だったため、若干が興が冷めてしまった。

ストーリー自体は間違いなく良いのだが、早々こんな人物像いないだろ的なキャラ設定と急展開さが相まって、涙の押し売り感を感じてしまった。

しかしながら現実に照らし合わせて考えるに、女性は母として母たれるが、男性は必ずしもそうではないのだろう、ということである。

自分に子どもができたときに母のような無償の愛を与えることができるだろうかと考えると自信がない。母は偉大である。
銭湯を含む一帯の全景、煙突、夕陽に染まる鰯雲、くらげの水槽、草むらのダート道を走る車、湯船に浮かぶたくさんの花…そういったビジュアルがいい。

商業映画第1作の中野監督は、とにかく自分みたいなペーペーの監督が映画を作るお金を集めるためにはいい脚本を書くしかないと思って1年かけて脚本を練りに練ったとのこと。
様々な伏線が単に後で回収するためにちりばめられるのではなく、最初に出てくるときからその場面では必然性をもって登場しているので、後々思わず唸ってしまう。

死にゆく哀しみより全力で生きようとする人々の力強さを多少強引にでも肯定する物語自体も自分の好み。
もちろん泣いてしまうのだけれど、泣きたいときに見に行く映画とはちょっと違う気がする…
naoto

naotoの感想・評価

4.8
母(双葉)と娘(安澄)2人での生活。
父の一浩は1年前に姿を消して以来家に帰っていなかった。そのため、父が後を継いで営業していた「幸の湯」は休業中。
そんなある日、双葉が体調を崩し病院で診てもらうことに。
そこで宣告されたのは「余命2ヶ月」ということだった…
家族、他人でも真っ直ぐに向き合う双葉の姿と明かされる事実に涙すること間違いなしの感動作。

言うことなし。
脚本・演出・音楽・カメラワーク・キャスティング全てにおいて。
1シーン1シーン一切無駄がなく、
どれもこの映画を構成するには必要なシーン
この1本で5回は泣いたけど、平和でなにもないシーンで涙したのは自分でも驚いた笑
ラストの締め方とタイトルの意味、字体がマッチした瞬間はただただ感心。

宣伝
テレビやCMでこの映画の宣伝をあまり見かけてないのは自分だけ?
だから自分も「何者」を観に新宿に行ったわけだが、満席で入れなくてふらっと観に行ったのがきっかけ。
観終わってから10人以上には直接「絶対観に行ったほうがいい!」って言ったと思う!
それだけこの映画に関しては口コミ効果がでかいんじゃないかな
ほんとに「何者」満席でよかった(笑)

母親の強さ、血の繋がりを超えた家族の絆。
母親、その子供にもぜひ観てほしい作品です。
tetsu

tetsuの感想・評価

4.3
逃げない双葉。彼女は初めから強かった訳ではない。逃げないと決めたかなら強くなった。余命わずかになったときに、周囲に、特に娘に伝えたかったこと。逃げたらだめ
母の強さを凄く感じる作品。
宮沢りえと杉咲花ちゃんの演技や
子役のこの演技が良かった👨‍👩‍👧‍👧💭
.
ただ期待していたものよりはちょっと
んー、、、って感じだったのと、
キャスト陣の演技の力がありすぎてストーリーは
ちょっとむむಠ_ಠと思う部分もちらほらだったかな🤔
.
泣けるシーンもあるが、笑顔になれるシーンが
テンポよく入っていて悲しい気持ちだけに
ならないのがいーかんじだった!
ƎOM

ƎOMの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ボロボロに泣いた。

なんだろう良いとか悪いとか言えないな。

主題歌の音がいいと思ったらきのこ帝国。どうりで!


忘れてしまいそうなので書くと
シナリオはわりとツッコミどころあるし回収してないところもある、たとえば阿澄ちゃんのいじめはその後解決したのか。母双葉のわりと強引なやり方に阿澄はそんなにすんなり納得できるのか。前妻がめちゃくちゃスッと入ってきてる。カニの伏線は回収したけど伏線の張り方が突然。双葉の母の件あんな顛末でよかったのか(かわいそうに…)。あんな別れ際で双葉とたくみくんの間に愛が生まれちゃわないかハラハラした。あと設定が盛り込みすぎじゃないってくらいもりもり。
でもなんか嫌じゃない。
まあ生活を描いた映画であるからして伏線とか転結とかそういう話じゃないんだよって感じか。
宮沢りえの包容力がすごい。これに尽きるかな?
キャラクターと俳優さんはどれも良かったように思う。
銭湯での葬式はシチュエーション勝ちのずるさがある。現代アートみたい
悲しい!とか感動!とかなんか泣いた理由がはっきりとわからないのだけどとにかく泣きに泣いた
もっと生きて欲しい人に限って短命なんだよな!
ともき

ともきの感想・評価

5.0
こんなに映画館でむせび泣いたのは初めてだ。
やはり親の愛、家族の愛は特別なんだな。
もちろんそれは自分が恵まれてるから言える言葉ではあるのだけれど。

登場人物が愛しくて愛しくて。
それにただ泣かせにきてるんじゃなく、
それぞれの行動も予想外。
どの点もよかった。


あの子役の女の子。
あんな芝居できるなんて。
これから楽しみだ。

お腹いっぱいな上でのあのラストのタイトル。
やられました。完敗です。
kosei49

kosei49の感想・評価

4.6
前評判を聞いていたので結構ハードルあげていきましたが、それに違わず素晴らしかった。



しっかりと主演は宮沢りえさんで、そこは揺るがないのだけど周囲の人物それぞれの物語もしっかり味が濃い。


描き方に妥協がなかった。



それぞれが想いを消化させて、繋がっていく姿に、悲しい物語のはずなのに観ていて嬉しくなったし、笑顔になった。


シリアスなシーンだったり、大事なシーンに挟んでくる笑いが絶妙。

なんか安心する映画。



杉咲花の破壊力たるや。
琴乃

琴乃の感想・評価

4.8
最初から最後まで泣きすぎた。私のお母さんに共通するところ多くてお母さんありがとう、ごめん、これからもよろしくってなる。DVDでたら借りて観てもらお。

それにしても母性に包まれたなー。
お母ちゃん強い、あずみも頑張る、お父ちゃん憎めない、妹がブサイクやけど愛しい。
オダギリジョーこういう役ほんまハマるなー。宮沢りえってやっぱすごいなー。杉咲花ちゃんにめっちゃ感情移入したし大好きになった。

エンドロールできのこ帝国聴きながら思い返してたらまた涙出てきて、涙もろいけどエンドロールで泣くのは珍しかった。それぐらいツボやった。
ちなみにこの前なんとなく愛のゆくえ歌ってたら涙出てきてびっくりした。笑

家族愛ってやっぱりグッとくるものがある。偉大やなー。お母さんに感謝したくなる作品。監督も撮影クランクアップしたら1番ボロ泣きやったらしい。監督良い人、絶対。

はー、これは何回か観たいし毎度泣くやろな。
泣く。とにかく泣く。
しかし、笑顔になれるシーンがテンポよく挟まれているので、悲しい気持ちにならない。役者さんが誰も素敵な演技をする。
"人の心を動かす力""人のつながり"色んなものに気づかされ、考えさせられました。
最後までぼろぼろに泣いたけど、最後の最後でも自然と笑顔にさせられました。
愛をひたすらに感じました。
とても観る価値のある映画だと思います。
(久しぶりに目が真っ赤になりました。)