湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    今年17本目!予告をみてからずっとみたかった宮沢りえちゃん主演の湯を沸かすほどの熱い愛。

    途中色々とうーんってなったりもしたけれど、後半の伏線回収がしっかりしてて泣けました(TT)

    オダギリジョー。ダメダメおとうちゃん役。この人の演技力は神です。

    この世でいちばんすごいひと
    それはおかあちゃんなのかな

    「この人のためにはなんでもしてあげたい。それはその何十倍もその人にしてもらっているから。」

    改めて、幸せを気がつかされる映画です。
    Asami
    4.7
    久しぶりに涙腺大崩壊だった...。本当良い話だった...。どんなに辛い現実が待っていようと、逃げずに立ち向かうことが大事。そして、目標を持ってしっかりと最後まで懸命に生きる事。心の底から暖まる作品だった。きのこ帝国の「愛のゆくえ」が流れた時は本当に涙を抑えられなかったな...。またいつか、どこかのタイミングで観たい。
    miki
    4.5
    一人一人の演技力が
    スクリーンの中で光ってた
    ひたすらに涙が出ていたのは
    映画をみてきて初めてだったかもしれない
    本当に良かった
    愛で溢れている作品、あたたかい
    Filmarks2016参加したいのでタグつけます!今年一番良かったです!
    やすだ
    4.2
    ツッコミどころも多かったけれど、やっぱり泣けました。「これはファンタジーだ」という部分と「これはリアルだ」という仕分けをしっかりできれば、作品の世界観に浸れると思います。死や家族とのこんな向き合い方もあるんだよという掲示とともに、これほどの愛を与え合うことができているのかと日常と思わず照らし合わせてしまいました。
    良い作品。

    おかあちゃんのこの時のためにしてたんだ。ってシーンと
    ピラミッドが泣けました。

    ただ、最後はあまり好きじゃない。
    Mariina
    4.5
    涙腺ダム大決壊。バスタオル〜!
    邦画で今年イチ。

    色んな伏線がちりばめられていて、繋がっていく見事な構成。
    その効果が最も発揮される一番の泣き所は、おかあちゃんが教育してくれていたことが役に立ったシーン。
    出てくる女性が子供から大人まで全員頼もしい。
    ラストの煙突、家族の愛情感じた。最初から最後までずっと愛情に溢れてた。

    おかあちゃんのために、とみんなが必死に動く姿が胸を打つ。
    そこまで誰かのためにできるのは、それ以上のことをその人からしてもらってるから。
    私もおかあちゃんみたいな人間でありたいと思った。
    DEMI
    4.1
    宮沢りえ様の美しさとオダギリジョーのかっこよさと杉崎花ちゃんの上手さ。
    mitz
    2.0
    銭湯「幸の湯」を舞台に余命2ヶ月の母双葉を中心に展開するコテコテの人情ドラマです。悲壮感を最低限に抑え、利他的な母親の愛情の深さを描いた作品です。
    「湯を沸かすほどの熱い愛」というフックの利いた響きとそのフォントが表すように概ね美談ではありますが、終始顕在的な愛情表現に特化し押し付けがましい演出が目立つ感動ポルノです。4人家族の血縁関係やその他の登場人物たちの背景がいちいち複雑で「泣かせよう」という意図が強過ぎるが余り、不自然な言動に胸やけがします。また演技力云々以前に宮沢りえとオダギリジョーに下町の銭湯を営む夫婦を演じさせるのには無理があり、情緒が半減しています。
    そして問題のラストシーン。斬新でインパクトは強いですが、あれを「愛情」とすることに強い違和感があり、結局一滴も涙は出ませんでした。
    clementine
    3.5
    外連味のない真っ直ぐな作品
    中心人物のキャスティングがばっちりハマっており
    王道的なストーリーでありながら見応えがある
    宮沢りえは熱演であった

    港における手話のシーンは
    双葉がいないにも関わらず
    積み重ねてきた彼女の像が一気に解放される箇所であり
    涙腺を刺激する