湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 629ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

杉咲花ちゃんの演技が最高!
深い愛の作品で心が温まる、余韻の残る作品。
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.5
人とまっすぐ向き合って行くっていいなって思う。涙腺崩壊でした。
ogatch

ogatchの感想・評価

4.8
やっと観れた。たくさんの愛を見た。めっちゃ泣いた。銭湯行きたい。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

4.6
最高に素晴らしかった!
(なんとなんと5日前から近くの映画館で上映開始!)

湯を沸かすほどの熱い愛

泣いて泣いて笑って泣いて我慢泣いて泣いて笑って泣いて
悲しさ・・・ もあるけど 優しさ・愛に 涙涙涙鼻水涙涙
レビュー不要 とにかく たくさんの人にお勧めします!

この映画をありがとう!

映画68本目/17年 半田コロナ
Miyaz

Miyazの感想・評価

3.8
キャッチする側の熱量と状態に左右される剛速球情熱愛情物語。

始めに言い切っていしまいますが、めちゃくちゃ泣かせようとしてくる映画です。
卑屈な言い方をすれば「お涙頂戴」のオンパレード。
これが、観る時のテンションや自分のコンディションに滅茶苦茶大きく影響します。
簡単に言えば、どこかでハマれば泣きまくりの大号泣、うまくハマらなければどんどん冷めていってしまうそんな作品。
そして、私はまんまと見事にハマり終始嗚咽が出そうなほど大号泣しておりました。

主人が蒸発し休業のままの銭湯、そんな中慎ましくも逞しく娘と二人暮らす母親の主人公、そんな中、倒れた折に末期癌が発覚。
先が長くないと分かった主人公が人生の清算をしていく...

この王道ともいえる不幸な物語の中、まあ、宮沢りえ演じる主人公がめちゃくちゃ強い。
強すぎる。
ヒューマンドラマ界のスティーブン・セガールかというぐらい負けない曲げない譲らない。
自分の信念をどこまでも真っすぐに貫いていく。
ここが結構重要なポイント1で、その主人公に対して「うぜぇ...」となるか「すげぇ...」となるかでこの映画の8割がたの評価が決まると思う。

次に前述したように「泣かせよう」とするギミックが多い。正直、波乱に満ちた出来事が起こり過ぎる。
ガンダムレオパルド(画像検索してみてね)か!というぐらいに過剰武装。
ここがポイント2。これらの、多くは映画的というか「そんな事ある!?」というようなご都合主義的な問題と最強の主人公との応酬が続く、それらにツッコミを入れること無く、連続性のあるモノとして観るのでは無く数分間の短編を観ているような気持ちで一つ一つ受け止めれるかどうか。

これらを鑑みて自分なりに一つの結論が出た。
この映画で感じる感覚って部活の引退試合や三年生最後の文化祭的な空気感に近いという事。
圧倒的リーダーシップを持った人間に弱気な女子も、やる気のないヤンキーも、卑屈な根暗も皆一丸となっていく、しかしそんな最強に見えたリーダーが倒れそうになった時皆が手を差し伸べる、的なね!!

故にこの「まさに湯を沸かすほどの熱量」がグッとくれば終始泣き続けます。
ツッコミどころとか分かってても全く意に介さない程に、「ああ...真っすぐやなぁ...」と熱い気持ちやられる。

ハッキリ言って内容はすごく大衆向けなのでどんな人にもお勧めしやすいかと。

あなたが学校行事の時
「だるいしめんどくせぇ...仲間とか言うてるけど、どうせ卒業したら他人やろ」
と心底思っていたか、実はニヒルに構えながらも隠れ熱い奴やったかが分かる一本かも!?

あと最強やった主人公の宮沢りえが衰弱して弱気になっていく演技は個人的にはグッときた。
気軽に観ても、身構えて観ても楽しい映画だと思うので是非!!

PS.タイトルの意味が具体化するオチは引く人も居るかも
KTHB

KTHBの感想・評価

5.0
こんなに高得点つける邦画初めてかも。
文句なしで最近見た映画で1番よかった。
湯を沸かすほどの熱い愛っていう題名に最後の最後まで本当に納得させられる。
桃香

桃香の感想・評価

5.0
かなり遅めの記録
めちゃくちゃいい映画。
杉咲花ちゃん、宮沢りえさん、日本アカデミー賞最優秀賞おめでとうございます!
Soak
熱いお湯に浸かることができました。

この作品を思い出すと、こころを鷲掴みにされるような気分になる。切なくて温かいってこんな感じなんだと初めて実感してる。観終わったあとの帰り道は心ここに在らずでした。
弱いところを他人に見せないようにしているお母ちゃん(宮沢りえ)を見せられるのは本当に辛かった。胸の奥に手を突っ込まれて一掬いで自分の内面を全て持ってかれるような目を背けたくなるシーンがあって映画館から逃げ出したくなった。
今やりたい事、本当にやらなきゃいけない事を考えさせてくれるような気がした。
しゃぶしゃぶのシーンはもう、ズルいです泣。
Tomoe

Tomoeの感想・評価

5.0
本物の母性とはこういうものと教わった気がする。涙スポットが5、6回はあった。
見終わった後は、熱い湯に浸かった後にのようにスカッとした爽快な気分だった。
kojikoji

kojikojiの感想・評価

4.0
家族の素晴らしさ、母の愛を全力で感じさせてくれる映画。
母と一緒に見たら、ある意味危険です(笑)
普段、母と離れている人ほど、観るときはハンカチの用意を!