青春群青色の夏の作品情報・感想・評価

青春群青色の夏2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:

上映時間:115分

3.2

あらすじ

東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。七夕の夜、好きな娘の短冊を見…

東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。七夕の夜、好きな娘の短冊を見つけてしまった真太郎。そこに書かれたその娘の願いには思いもよらぬことが書かれていた。中学時代の卒業アルバムに眠らせたままの耕介の初恋相手。なんだか最近、自分に冷たい真太郎の態度に微妙に悩まされ続けるゴロー。夏休み、急に黒ギャル化したゴローの彼女。花火大会の夜、夏期講習の塾の予定があるどこか孤独なヒロト。援助交際をする少女。それぞれのそんな小さな悩みも、それぞれの10 代の小さなハートで抱えようとすればするほど、それは自然と溢れ出し、時には破裂する。普段あまり笑うことのなかった耕介も、仲間たちとの時間の中で少しずつ忘れていた大切なものを思い出す。そんなひと夏の内緒の共同生活もやがて終わる日がやってくるのだった。

「青春群青色の夏」に投稿された感想・評価

おもいのほか面白くなかった。見なくてもいい作品だからてか、昨日みたのに印象にないし。
青春の瞬間を作品にしたかったんだろうな
夏の終わりの切なさと、みんなが帰っていなくなった部屋の寂しさが押し寄せる

俳優さんの演技とかめちゃくちゃ変な感じやし
ガングロて!とかいつの時代!って思ったけど
なんなんやろこの感じは、、、
観て良かったなーって思ったし
不思議と羨ましく感じた。
つまんない人にはクソつまらんってなると思うし
観るにも耐えんかもしれんから
むやみにオススメはできひんなあ。


結局特典映像も全部観るほどに
ハマってしまった。
家族とか友達とか弱ぇ、
くだらん事で勝負したり言い合いしたり
しなくなってからしかその魅力には気づかんよなー。
この作品好きな人と夏過ごしてぇ〜
一杯飲み交わしてぇ〜〜

ただ1つ、主役がずっとキュウソの
セイヤさんに見えて違う意味でおもしろかった(笑)
結局マキちゃん出てこねーし。
友達は大事だけど家に転がり込んできたら嫌だなあ。
っていうか、長期休暇が羨ましい。
荒削りであっても、描くものが見える。
ベテラン勢が出揃っても見えない原作ものより、伝わる。
kaede

kaedeの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

タイトルが好きで、最初のシーンが流れたとき、映像の色味、これはやっぱり好きなやつだ!!と思った。しかし、登場人物が皆、青臭すぎて、さすがにサムイ〜と思いながら観ていたら、最後のシーンにまんまとやられた。

とても個人的な話になると、私は最近、生きていた人が死ぬってことをはじめて知った。そんな直後だったから、もう会えないはずの人の温もりを感じてしまう最後のシーンに、心がギューっとなった。
tommy

tommyの感想・評価

1.0
うざい
ごめんなさい、この作品は身体に合いませんでした。

キャストの方々が、まず高校生には見えず、青春のキラキラした感じは光の加減だけで、人物からは受け取れませんでした。

平成の現在で、わざわざ昭和の一昔前のものを見せられてるようで(笑)

今年初の途中で観るのをやめようかと思った作品です。

いやいや、たまたま自分には合わなかっただけですよ。
登場人物の不潔感がすごい。
>|