青春群青色の夏(2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:115分
    監督
    田中佑和
    脚本
    田中佑和
    キャスト
    遠藤耕介
    金田侑生
    上川雄介
    中村唯
    生沼勇
    湯原彩香
    睡蓮みどり
    山田篤史
    あらすじ
    東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。七夕の夜、好きな娘の短冊を見つけてしまった真太郎。そこに書かれたその娘の願いには思いもよらぬことが書かれていた。中学時代の卒業アルバムに眠らせたままの耕介の初恋相手。なんだか最近、自分に冷たい真太郎の態度に微妙に悩まされ続けるゴロー。夏休み、急に黒ギャル化したゴローの彼女。花火大会の夜、夏期講習の塾の予定があるどこか孤独なヒロト。援助交際をする少女。それぞれのそんな小さな悩みも、それぞれの10 代の小さなハートで抱えようとすればするほど、それは自然と溢れ出し、時には破裂する。普段あまり笑うことのなかった耕介も、仲間たちとの時間の中で少しずつ忘れていた大切なものを思い出す。そんなひと夏の内緒の共同生活もやがて終わる日がやってくるのだった。

    「青春群青色の夏」に投稿された感想・評価

    荒削りであっても、描くものか見える。
    ベテラン勢が出揃っても見えない原作ものより、伝わる。

    このレビューはネタバレを含みます

    タイトルが好きで、最初のシーンが流れたとき、映像の色味、これはやっぱり好きなやつだ!!と思った。しかし、登場人物が皆、青臭すぎて、さすがにサムイ〜と思いながら観ていたら、最後のシーンにまんまとやられた。

    とても個人的な話になると、私は最近、生きていた人が死ぬってことをはじめて知った。そんな直後だったから、もう会えないはずの人の温もりを感じてしまう最後のシーンに、心がギューっとなった。
    ごめんなさい、この作品は身体に合いませんでした。

    キャストの方々が、まず高校生には見えず、青春のキラキラした感じは光の加減だけで、人物からは受け取れませんでした。

    平成の現在で、わざわざ昭和の一昔前のものを見せられてるようで(笑)

    今年初の途中で観るのをやめようかと思った作品です。

    いやいや、たまたま自分には合わなかっただけですよ。
    登場人物の不潔感がすごい。
    青春かー(シミジミ考える)

    光のコントラストがいい。
    夏が待ち遠しくなった。
    園子温おすすめ的な感じだったから見たけど、あまりにも……な感じで見ていてつらかった
    この映画のこのダサさがすきな人もいるんだろうけど、私には合わなかった。
    あと準主役の男の子が演技下手すぎて無理、キャストが全体的に下品な感じ。
    高校最後の夏、非リアの家になぜか転がり込んできたDQN達、退屈なはずだった夏休みが、刺激的に鮮やかに彩られていきます

    なんかほんと久しぶりにインディー臭たっぷりの青い映画を観たなーという気分です(^^)

    なんかこういうフィルターかけた淡い映像の邦画、90年代にこんなの多かった印象…私が離れてただけかな?

    打ち上げ花火とかBerlinとか20世紀ノスタルジアとか

    でも、なんかやっぱり私はこういうのに弱いなぁ

    自分のセンチメンタルな部分にダイレクトにタッチされるというか、こういう映画を作ってくださるから私は何とか一番美しく充実した"あの時"を忘れずに、大切に、今を生きているのだろうと思います(^^)
    懐かしくて恥ずかしい笑
    なぜか走るシーンがうつしみぽくて、青春
    >|