ヴァン・ゴッホの作品情報・感想・評価

ヴァン・ゴッホ1948年製作の映画)

VAN GOGH

製作国:

上映時間:19分

ジャンル:

3.2

「ヴァン・ゴッホ」に投稿された感想・評価

へーと思う。それだけ。
ゴッホの原画をこの目で見て、そのとき私に受け入れる体制ができているならば、感激し涙を流すことだってあり得るのだろう。
けれど、皮肉にも同じDVDに入れられてしまったゴダールの映画で言っていた通り「映画はまやかしの芸術」である。
どんなに頑張ってもカメラを通して映されるのは過去でありまぼろしになってしまう。その中で、いかに現実を受け入れるか、という課題が映画にはあると感じている。
ゴッホの絵を映したって、やっぱりゴッホの絵にはかなわない。
まあ、超初期作に言ったって野暮なんですけども。
色彩豊かな(パリ以降の)ゴッホの絵画をモノクロで観ると、あの筆のウネリ感や肉質が際立ってきて、本筋ではないけど、逆に楽しかった。ちょっとした伝記もんやし、内容は別にいっかなって。
最古のゴッホ映画。寄ったり引いたり抜いたりと様々な撮影技法を用いていたが、映すは只々ゴッホの描いた絵画たち。これが私のアラン・レネ初体験となりました。
響介

響介の感想・評価

-
数年前に図書館で借りて観た
アラン・レネとジャン・リュック・ゴダールの短編傑作選より
qwerty6

qwerty6の感想・評価

3.0
Vincent van Gogh(1853-90)
Lautrec(1864-1901)
Seurat(1859-91)
Paul Gauguin(1848-1903)
格段面白いわけでもなく、並のドキュメンタリー作品。ゴッホの絵画をモノクロで映されても困ってしまう。
M

Mの感想・評価

3.4
1948年に製作されたアランレネ監督のドキュメンタリー映画。ゴッホの生涯を絵とナレーションベースで描いている作品。モノクロ映画なので当然色は無く、ゴッホの絵の1番良いところが全く分からず、なんだかなぁと。
★★★liked it
『ヴァン・ゴッホ』 アラン・レネ監督
Van Gogh 【白黒】

18分ショートフィルム
アカデミー短編映画受賞
ゴッホの絵画を使って
生涯を伝える

Full Movie
https://youtu.be/W-Rho38Zb30
レネとゴダールの短編集でまとめて観た
これが一番妄執感が出てていい

春休み88
Moomin

Moominの感想・評価

4.0
アランレネ監督
「夜と霧」を好きになった為鑑賞
ゴッホの画を使って物語っていく ただの画としてではなくて、画の中の細かい所を切り取ったり寄っていったり そこにどんな物語がっていうのと、次の展開に上手く使ってる

1つの表現方法としては勉強になった
あとアランレネは次元違うなって思う
友達にオススメはしないだろうなー

あなたにおすすめの記事