ヴァン・ゴッホの作品情報・感想・評価

ヴァン・ゴッホ1948年製作の映画)

VAN GOGH

製作国:

上映時間:19分

ジャンル:

3.2

「ヴァン・ゴッホ」に投稿された感想・評価

やまち

やまちの感想・評価

3.1
ゴッホ展観ても感じたことは、ゴッホの色彩と独特な筆致の中には暖かさを感じることは感じるんだけど、それを凌駕するクレイジーさというかえげつない狂気が渦巻いてて観ると背筋が冷たくなる。もちろんとても美しいし観ると心震えるのだけど。やばいわ本当。
Hero

Heroの感想・評価

3.5
ポン寄り、ポン引き、ピン送り、ズーム、等々の映画的技法を駆使してゴッホの作品群を映し、作品の端々に眠る彼の人生をコラージュした作品。
ゴッホ半端ないって。あいつ半端ないって。だって自分で自分の耳切んねんもん。そんなんできひんやん、普通。
最初見たときは折角のゴッホの油彩画をモノクロで撮って台無しじゃないかと思ったけど、よくよく見てみたらこれはこれで味わい深いし、モノクロ映像って元々は色のついたものを白黒に撮っているという当たり前だけど忘れがちな事実を思い出して中々に目から鱗だった
ueno

uenoの感想・評価

-
客観的視座に立ってるように見えて実際は恣意的な切り取りや言い回しをしているような印象を受けてしまった。
pika

pikaの感想・評価

4.0
最初「カラーだったらな」なんて思って見てたが作品を伝える目的ではなくヴァン・ゴッホの半生を語る作品なのでモノクロの方がとても映える。
客観的なナレーションと主観的なヴァン・ゴッホの作品を、半生になぞらえるよう意図的に演出していくことでドラマが生まれていく構成がとても面白い。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.5
音楽がナンカロウみたいなんだよう、って言いたいだけ。流石に生の「ひまわり」見た時は興奮した覚えがある。耳切った後のゴッホはなかなか尖ってる、ええ加減にせんと気い狂て死ぬ。
MINA

MINAの感想・評価

2.8
モノクロで映し出されるゴッホの絵と不気味なBGMの融合、長時間観たら鬱になりそうな予感もする世界観…
わざと絵がクローズアップされるんですが、それによりまるで自分が陰鬱な雰囲気漂う絵の中に入ったかのような気分にさせられます。絵画を映像化する事で、より没入感が増しますね。

色使いに定評のあるゴッホの作品をモノクロで映像化することは冒涜だなんて言われたようですが、が、個人的に嫌いじゃない。不思議な気分にさせられました。
yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.0
アラン・レネ/ジャン=リュック・ゴダール 短編傑作選より。

ゴッホの人生を辿りながら、彼の描いた数々の絵画が映し出されていく。
上手くナレーションとリンクさせた絵がチョイスされていて、見せ方が面白い。
不協和音の鳴り響くBGMは、さながら彼の人生を表しているかの様。

ひまわりや自画像、タンギー爺さんなど、見た事がある絵も沢山出てきたが(美術の教科書でだけど)、惜しむらくは白黒なこと…。
カラーで見たいなぁと思うのは贅沢かしら。
t

tの感想・評価

3.2
アラン・レネの作品として最初に見るべきではなかった
Chihiro

Chihiroの感想・評価

-

芸術史にて

白黒で、ゴッホの作品の紙芝居みたいな感じで、終始不穏な音楽が流れてる
>|