痴漢電車 聖子のお尻の作品情報・感想・評価

痴漢電車 聖子のお尻1985年製作の映画)

製作国:

上映時間:60分

3.3

「痴漢電車 聖子のお尻」に投稿された感想・評価

☆☆★★

2009年3月30日 銀座シネパトス2
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
百恵のお尻みたいなゴシップ的なやつではなくグリコ森永事件かー。
米の品種に注意して見ないとややこしくなる。
通行人がカメラを避けるゲリラ撮影も良いけど手前向いてる取調室のシーンがフレッシュだな。
痴漢シーンはじめ、駅でのもゲリラ撮りの面白さ。
主演の蛍雪次郎の怪演に、今回はグリコ森永事件を題材にした、タイムリーさ。
リアルタイムでたくさん見た。
画面に向かって話す演出など遊びに満ちた演出も懐かしい。
しかし、今のAVより女優が感じているように見え、いいのは、感じていないリアルがAVだからなのか。
昔は、表現もテーマも自由だったとわかる一本だった。
グリコ森永事件をベースに展開されるコシヒカリ業者とササニシキ業者を巻き込んだ密室殺人モノの一風変わった日活ロマンポルノ。『天国と地獄』のパロディなどといったミステリー要素の徹底ぶりが凄まじく、特に最後のトリック解説の場面は「あれ……何の映画見てんだっけ?」てと思うこと間違いなし。まさかこの監督が後にアカデミー賞取ることになるとはねぇ。
映画男

映画男の感想・評価

3.9
素晴らしい。実は、これの監督は、おくりびとの人。