実録三億円事件 時効成立の作品情報・感想・評価

「実録三億円事件 時効成立」に投稿された感想・評価

やじま

やじまの感想・評価

3.3
クライム4畳半フォーク
デカの金子信雄が良い。人権もクソもない。
タイトル通り三億円事件を描いた作品で、実録とあるように東映作品です
東映作品、しかもこの年代、あの金子信雄が刑事役で出てくるし、主人公は東映社長の息子で現在の社長?会長?とかいうまさに東映!って映画

つまり実録ってあるけど、そもそも未解決事件だし、細かい経緯や物証を描くわけでもない、そういう点では予想通りかな
事件自体は最初の方にあっさりと終わらせて、残りは刑事の追跡やくだらないお話で埋める

どうやって終わらせるのかだけが気になってたけど、消化不良的な感じ、これじゃ誰も救われてない、逮捕させるわけにはいかないだろうからまだ犯人側の完全勝利とかのほうが気持ちいいんじゃないのかなー、馬が死んだとか変なミソいらない

んー、感想書いてくと不満点、悪いことばかり浮かんでくるので最後にかろうじて良かった点をあげる
岡田裕介はたぶん見たの初めてだけど、そんなに大根でもなく普通に好演かと
金子信雄は正直イロモノ以外何でもないけど、その演技、キャラクターとして楽しめるという点では良い

あ、あとジャケ絵のような小川真由美の全裸シーンとかないですよ、石井輝男が監督だけどそういうのは控えめ、小川真由美含めなにかと放尿シーンはあるけど、、、
ume

umeの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

警察のために作ったような映画
時効になったてしまった理由や
警察の悪かったところを出して欲しかった


三億円の犯行シーンは良かった
otom

otomの感想・評価

3.8
悪魔のようなジュリーとは似ても似つかない程に心臓に毛が生えた小川真由美と岡田祐介を金子信雄が顔芸を盛り込みつつ、ジワジワと追い詰める。完全なる東映実録ものの作りで楽しい。あり得ない特撮や小川真由美の茂みのはばかりなど本筋とはあまり関係ない見所も多い。流石の石井輝男良作品。良作。
実録とうたってますが、作品の内容も、もちろんフィクションです。
作品冒頭に、平塚八兵衛本人のコメントがあり、現在、犯人だと思われてる現職警官の息子で、青酸カリ自殺した男の事も、劇中で語られてます。
大事なポイントのモンタージュ写真がデタラメなのも。

劇中の犯人役の岡田裕介は、大人しい役が多いですが、この作品の役は見事です。情婦役の小川眞由美は、うまいけど岡田より格が上なのでちょっと違うと思いました。
刑事役の金子信雄に関しては、言うこと無しです(笑)

ちなみに、ウルトラセブンのクラタ隊長役で有名な南廣を確認しました。
金子信雄出てきたらもうそれですべてだなw

2017/6/9 シネマヴェーラ渋谷 石井輝男十三回忌追悼特集
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
こういう実録スタイルもあるんだと驚いた。
犯人像も新鮮だし金子デカのアプローチも面白いな。
あれだけ盗品が多かったらアシがつきそうな気もするが。
3億円の用途もこれなら納得いくし。
しかしなんと言っても小川さんが色っぽくて良かった。個人的にはあのくらいの熟れ具合がもう
金子信雄のキャラがクドすぎるのがアレだけど、そのぶん小川真由美が素晴らしいのでヨシ。クライムドラマとしてけっこう好み。
「十三回忌追悼特集 甦る映画魂 The Legend Of 石井輝男」@シネマヴェーラ渋谷
三億円事件に着想を得て、架空の犯人を想定して作成された作品。

古き良き邦画という雰囲気が好みでした。ストーリーもまとまっていて最後まで目が離せなかったです。

賭け事が好きで借金だらけの西原は、孝子の稼ぎで食べさせてもらっている状況。そんな西原には一獲千金を狙うある計画があった。その計画とは・・・。

昔の刑事ドラマの良作を見ているような感覚。ラストは賛否両論あるかも知れませんが僕は好きでした。
>|