トーヴァルセンの作品情報・感想・評価

トーヴァルセン1949年製作の映画)

Thorvaldsen

製作国:

上映時間:10分

3.2

「トーヴァルセン」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「トーヴァルセン」
本作は美術史上の作家を取り上げた唯一のドライヤー作品であり評価の高い1本だ。彼の「奇跡」の美術設定などを見てみると、監督自身かなり美術に深い愛着やセンスを感じ取れる人物だろうと勝手ながら思う。なので、こういった作品を短編で作れたんじゃないかなと推測する。ちなみにタイトルはベアテル・トーヴァルセンの名前である。余談だが彼の名前を取った美術館がコペンハーゲンにあり、今現在でもあるそうだ。この映画は彫刻の造形美が非常に写し出されていて、興味深い。よくよく考えると彼の長編映画には様々な彫刻が位置づけられていたと気づく。やはり果物を手に持った女性の真っ白な彫刻のショットが魅力的だ。暖かさと人間性の古典的な共通する静けさと画期的なギリシャ女神像は、非常に美しく繊細で、職人技だなぁと思う。へーべ像やアモールとプシケの像は心のそこから美しいと思う。肉体的な線が伝えたいことを表し、優美な姿勢が滑らかなリズムを構築させており、非常にリスペクトできる。ときには気がふさいでしまうほどメランコリーな像も中にはあるが、美しさは変わらず……。
ROY

ROYの感想・評価

-
デンマークの彫刻家ベアトル・トーヴァルセンを主題として制作した短編作品。

彼の人生のみならず、彼が制作してきた作品の造形美などを解説している。


トーヴァルセン美術館の協力を得て完成できたらしい
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
困ったな…(笑)
英語を聴き取ろうとすると…画面に集中出来ない…(笑)

映されているのは…「美しい彫刻」ばかり…
うっとり〜♡

…と…眺めていると…ナレーションの「英語」が…あれ?って…(笑)
(…「彫刻」一つ一つの説明だったのかな…笑)

モノクロで…「彫刻」だけの短編…♡

美術館に…来たみたい…(o^^o)

YouTubeにて鑑賞…☆

原題で検索…♪
ここで映される彫刻の抑制された白色の美、これももしかしたら奇跡やガートルードのインスピレーションとなったのかもしれない