城の中の城の作品情報・感想・評価

城の中の城1954年製作の映画)

Et slot i et slot: Krogen og Kronborg

製作国:

上映時間:9分

3.2

「城の中の城」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「城の中の城」
本作はシェイクスピアのハムレットの舞台となったクランボー城を舞台にしているらしく、1947年時点ではまだ記録映画としては誰も作っていなかったそうだ。とはいってもデンマークでの話だが…。この作品は短編ながらに大赤字を出したらしく、なかなか大変だったそうだが、共同監督として何とか制作できたらしい。やはり左右シンメトリーに近い城の中の構図の美的センスには圧倒される。まさに西洋らしい美術の塊を見せつけられた一部始終だった。海峡を挟む対岸のお城の冒頭の描写は美しい。そして空撮やロングショットが入り混じり、城の解説が始まる。中世の地下室の中が個人的にはすごく面白い構図だった。6本の柱が聳え立ち、それが城を支えている。そして井戸もある。
ROY

ROYの感想・評価

-
シェイクスピアの『ハムレット』の舞台とされたクロンボー城についての短篇映画。

デンマーク語で何を言っているか理解できなかったが、ロシア語字幕をつけて更に分からなくしてみた。

しかし、城の造形美などを解説していることは映像で分かった。
ドライヤーが監督した最後の短編だけあって、それまで撮った短編の要素が多数含まれていたのが感慨深いし、何より毎度のこと構図が美しい。