ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

やま

やまの感想・評価

-
"へや"にいるときと、実家にいるときの二人の描写がリンクしているのが状況をうまく表してるなと思った!

ジャックがおばあちゃんに頭拭いてもらってるシーンと、犬を初めて見たシーンが一番好き

家族ってそうだよね 離れてると恋しいはずなのに3日一緒にいれば揉めるのって家族だよね

基本子供目線で描かれてるから見えない部分があるのも良いなと思った

ずっと気になってた作品。
詳しくは知らなくて、あらすじを見たときディストピア物とか、SF物なのか?と思ってました
見た感想は
本当に母は強しです。
彼女の息子に対する愛情は本当に深い。
彼女にとっては子供が唯一の希望であり、日々の救いだったんだろうな。無邪気で好奇心旺盛で。
後半からは彼女の心情が丁寧に描かれていて見ていてキツかった。
それだけじゃなく、彼女の両親の想いが伝わってきて考えさせられました。
息子のジャックはこれから沢山壁に当たると思うし、部屋に居たことを恨むかもしれないけどこれから
彼が部屋で想ってた本当の世界を知ることができるし、なんにでもなれる。だから彼と彼女が部屋にさようならした時1つ前に進めたのかな?って思いました。

自分的にかなり感情移入してて
とても辛かったなぁ。泣いた!
これも大切な人に見てほしい映画だ。
Seika

Seikaの感想・評価

3.5
こういうこと程伝えたいし、
かといって大ごとにして欲しくない。

“Room”から出てきたとき
7年ぶりだし、まさかの子供産まれてるしで相当な騒ぎだったことでしょう。
でも当人たち、もっといえばジャックの気持ちになったら、もう何もかも新しいし、
ママとオールドニック以外の生身の人間見たことも触れたこともないのに当惑しかないよな。

リポーターの質問に悪意を感じたし、これだからメディアを嫌いになりかける。
真実を伝えて欲しいけど、好奇心だけでひとの人生ズカズカと入っていいわけじゃない。ましてやテレビに映ることを生業としてるわけじゃないし。

事件のこと、犯人のことどうこう、じゃなくて被害者のその後をこうやって描く映画とか伝えかた、大事だな。
気づかなかったことに気付かされた気がする。

ジョイの心の不安定さもとても伝わってくるし、
なんか色々感じる映画だった。
事件後の苦しみを中心に丁寧に描いていた
不幸にもこういう目に合ってしまった人に対して、何故逃げなかったのとか何故早く助けを呼ばなかったとか、その人を責めるような事言っちゃいけないな
忌まわしい記憶を蘇らせてまで語らせるなんて、犯人と同じ、加害者だよね
NumaChan

NumaChanの感想・評価

4.5
"へや"に"おはよう"と告げて始まった物語は"へや"に"サヨナラ"と告げ、去って終わる。
そして、"へや"で生まれた男の子は広大な"世界"で生きていく。

この映画は重いし、濃い。
"へや"からの脱出で物語が終わると思いきや、"世界"に出てからのジャックとジョイの様子を描くという相当なボリュームであり、それが非常に自然な流れで移り変わっている。

本作はジャックの視点から描かれており、彼が初めて外の"世界"を見た時のシーンに目頭が熱くなっていた。
また、5年間ずっと一緒にいた母親のジョイと初めて離れてから頼もしく見えてくるのがすごく自然で、またまた目頭が...。
本作のもう1人の主人公である、ジャックの母親はジャックとは逆で後半の方で弱くなる。
それは彼女の人生の内の7年間を不当に奪われ、また彼女がどれだけあの"へや"での生活がどれだけ彼女の精神に深い傷を残したかを如実に語っていた。

そして、ジョイの入院を乗り越えて2人が再開した後は本当に良かったなと観ていて思うのであった。
ルリ

ルリの感想・評価

4.2
脱出のシーンは心臓ばくばくしすぎて自分で自分の心音聴こえるくらいだった
息子が扉の外に出てからお母さんは気が気じゃなかっただろうな
あのインタビュアーにすごくムカついてしまった
どういう意図であの質問してるの?

ブリー・ラーソンの演技がすごく良かった
ただちょっと長かったかなあ
pipi

pipiの感想・評価

4.2
脱出するシーンは見てて
とてもハラハラした。
外の世界へ出れて幸せって世の中
そんな簡単にはいかなくて。
子供が“へや”に戻りたいって言うのを
聞いた母親の気持ちを考えると
とても辛かった、、
take

takeの感想・評価

4.0
母の強さに本当に感動する。
観ているのが苦しいと思わせる環境が続く中、最後はホッとした気持ちになる。
ReinaKondo

ReinaKondoの感想・評価

3.9
世界は広くて、この世界で生きていくには時間が足りないという台詞と
「へや」に別れを告げるシーンはジャックにしか感じるとができない事だったと思う。
母親の精神面も細かく描かれていてとてもリアリティがあった。

この映画の大部分はフィクションかもしれないけど、監禁された事件はもっと残酷で長い長い時間だったと思うと胸が苦しくなった
Mycroft

Mycroftの感想・評価

4.0
生きることの喜び、力強さをみずみずしく歌いあげた作品。話に一区切りついたところでラストとするのではなく、後日談というべきシーンをしっかり描いているのが新鮮。この物語の始まりがあまりに痛々しいので評価は辛め。
>|