ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

みか

みかの感想・評価

3.8
ジャックの汚れのない心、好き、かわいい
子供は親を1番見てるんだなーと
感動した。
ただ、気持ち強く持って見らんと
感情入るとダークになって見るのに疲れそうになる。
それぐらい表情とか見せ方が最上級。
Hide

Hideの感想・評価

3.5
5歳の子供の話を聞いてピンとくる黒人警官、それだけそういう事件が多いって事なんだろうな。
見終わってから分かった、賞いっぱいとってるんだ。でしょうね、とても感動するいい映画でした。
ともみ

ともみの感想・評価

3.9
もし自分が同じ立場だったら…
って考えただけで息苦しくなる。苦しい。
それなのに、生き抜くだけじゃなくて、あの狭い部屋で出来る限りのことをしてジャックを素直ないい子に育てて。母強し。
実話を元にしてると聞いて、尚更たまらなくなった。

ジャックが初めて外の世界の空を見た時の表情がもうたまらないね。きっと、あの天窓からの空と比べたら、壮大すぎて作り物に見えるくらい初めて見る空は広いんだろうな。

最後のさよならが凄く良かった、特にジョイにはとても必要な儀式だったと想う。それを本能的にわかってるジャック、素晴らしいよジャック。
TAROU

TAROUの感想・評価

4.0
この映画作るときに、宣伝のイメージも考えにあったんだろうなあ。
単なるパニック映画じゃないって言われたような。
小さな男の子でも、母親が弱ってる時こそ強かったりする
実話とかで。こんな状況下の母親、子供の心情など全くわかりません。ただ、母子ともに今後も非常に苦労するでしょう。
理解できるのは犯人の気持ちと被害者の父親の気持ちくらいです。犯人のほうは理解はできますが、当然、自分で誘拐監禁しようとは思わないし、してしまったら自殺します。こういう犯行はアメリカでは多発してるのかもしれませんが、日本でもありました。
女子高生コンクリート詰め殺人事件です。
犯人たちは少年法によって保護され現在は出所してるようです。ネットに実名があったので面白半分にここに晒しておきます。
犯人の氏名
●宮野 裕史 主犯格。懲役20年の刑。すでに刑務所から出所。
●小倉 譲(出所後は神作譲に改名)サブリーダー。すでに刑務所から出所。出所後に同じような犯罪を犯し、逮捕されている。その時成人してた為、目線無しの写真が報道された。
●湊 伸治 犯行現場の部屋の提供者。すでに刑務所から出所。
●渡邊 泰史 少年院でいじめに合い、現在引きこもり症候群。
●中村 高次 宮野、小倉、湊からささいなことでリンチにあう。現在は地元スナックでこの事件のことを面白おかしく語る無反省人間。
●伊原 真一 結婚し娘をもうけ、新聞配達員を経て、某建築会社で社員として働いている

普通の生活を送っているのが許せないですね。
と

との感想・評価

3.5
男の子の演技すごかった

人間は支え合って生きてるって言ったおばあちゃんの言葉がささった
実話を元にした作品
あってはならない人生背景での
特異的な世界観は考えさせられる

このレビューはネタバレを含みます

話しに普通に引き込まれた。
へやに閉じ込められて外の世界を知る。
5歳になるまで外という概念がない。
子供叫びと母親の葛藤と愛素晴らしい。
外の世界に出てからはまぁ予想通りの展開だったけど
へやの中で子供に栄養のあるご飯を食べさせようとしたり運動をさせたり、監禁されてる状態でいろんな工夫しながら生活してることにすごいなと思った。外に出るための母の愛もまたひびいた。
Marika

Marikaの感想・評価

3.6

5歳という、世界の常識を知らないけれど、自分の知っていることは正しい、、とにかく複雑な頃合いで、今まで見たこともない世界に飛び出す怖さはきっと計り知れないんだろうな。

引き込まれました。
親からしたら、言うことを聞いて!って言いたくなる気持ちがわかるような…
それを黙って抱きしめる真の強さを主人公の母親から感じました。
>|