マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

summer

summerの感想・評価

3.4
金持ちの道楽といってしまえばそうなのかもしれないけど、フローレンスの真っ直ぐさとユーモアが愛溢れる、愛与えるものにしたんだなと思う。
ピアニストとシンクレアのちょっとした男同士の秘密みたいなのもよかった。
たくさん笑って、ぐっときました。
shogo

shogoの感想・評価

3.0
ヒュー・グラントはこれまでに見られなかったキャラクターを演じていて、メリル・ストリープとの組み合わせは新鮮だった。道化の要素は変わらず保っていて、これをやらせたらやはり右に出るものはいない。アメリカの英国人を完璧に演じていた。

トスカニーニ役が本人そっくりで面白かった。一度オリジナルのレコードを一度聴いてみたい。
モデルになっているフローレンス・フォスター・ジェンキンスのLPは小学生の時に聞いてびっくりして大笑いした覚えがある。というか、モーツァルトの「魔笛」の夜の女王のアリアを最初に聞いたのアレだったかもしれない。

そんなにヒドいのかな、そうでもないじゃないと思いかけたところでどんと思いもかけない外れ方をするのがたくまずして絶妙で、今でいうおもしろビデオやNG大賞のおかしさの先駆のように思える。

で、そういう狙っていない可笑しさを最初から完全に狙って再現するというのは本質的に矛盾を孕んでいて、技術的に完璧であるだけ(メリル・ストリープですからね)に、かえってよくできた再現にとどまる。

以前「タモリ倶楽部」の歌ヘタ選手権のトップバッターにこのLPが出てきて、伴奏のピアニストはマダムの歌を聞かされて笑わなかった人が選ばれたというのが裏話として紹介されていたのだが、ドラマのピアニストはあまりのマダムのヘタさに唖然としたり笑いをこらえたりと相当にリアクションを見せている。それに気づかないのはマダムの人の好さでもあるけれど、無神経には違いない。

海外版のポスターでは左にいるピアニスト氏が日本版のポスターから消されてしまったのはコメディ色を消して感動作にもっていって宣伝する小細工だとネット上で批判されたけれど、このピアニストの視点から描いていったら完全にコメディから始めて感動作にもっていけたかもしれないが、全体にマダムの「寝床」ぶりをどう見ればいいのかつかみにくく建付けがあまり良くない。

夫役のヒュー・グラントがいい加減で調子がよくてそれでもそう悪い人間ではないという十八番の役で好演、これだけ二の線から三にシフトしてうまくいった人も珍しい。
Chiharu

Chiharuの感想・評価

3.5
ママと。
クスっと笑える場面がいくつもあって面白かった!
とにかく、メリル・ストリープの演技に脱帽です!! 天真爛漫なフローレンスの魅力に誰もが虜になる事まちがいなし👍
歌唱力に定評があるメリルは劇中歌を完璧に歌いこなしてから、ひとつひとつ音を外していくという作業で撮影したとの事😳
フローレンスに献身的に尽くす旦那様をこれまたスマートに演じてるヒューグラントにも注目!!
心温まるストーリーにハンカチ必須です
ゆり

ゆりの感想・評価

3.0
もっともっと明るい感じだと思ってた
もじゃ

もじゃの感想・評価

3.0
滑稽さと優しさと悲しさで何とも不思議な感じに…

重病抱える裕福な老女がカーネギーホールでリサイタルを。だが音痴だ。本人は気づいていない裸の王様のような実話。
周りの人間の優しさが染みる。ただ、人が笑われるのを見るのは快くない。
それにしてもメリル・ストリープのリアリティは凄い。
Riho

Rihoの感想・評価

3.1
メリルストリープ目当てで鑑賞。
流石すぎる、どうやったら音痴をあんな完璧に演じられるの、、(笑)
メリルストリープ大好き

シンクレアの愛は大きかった、、、
>|