マッスルモンクの作品情報・感想・評価

「マッスルモンク」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.3
因果

超絶アクション描写と仏教の輪廻転生という深遠なテーマを融合させ、アンディ・ラウが元僧侶の男性ストリッパーという異色キャラクターに扮した人間ドラマ

筋肉モリモリです笑

生まれ変わり

スゴい展開
いろんな要素があります

アクション
CGもあり

ロマンスの行方
笑いはそこまでかな
一見馬鹿馬鹿しい映画だが、実は仏教の因果応報をテーマとしている。難しいテーマをわかりやすくストーリーで表現出来ている。
yuko0925

yuko0925の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うーむ。ムキムキのアンディ。前世が見えるアンディ。これで主演男優賞受賞したんだとか。確かにアンディの演技は上手いけど…。
セシリア・チャンの前世が日本兵だというところが気になって映画をちゃんと見れてないのかも。
日本兵が残虐行為をせざるを得ない状況に陥らせた当時の無能な日本の政治家や軍の幹部が憎いわ。後世までずーっと言われ続けるんだから…。日本兵に限らず戦争は残虐行為を生むんだから本当に絶対ダメっていう風に映画とは別のこと考えちゃうんだよなー。
坊主でもアンディ・ラウ はカッコよかった。自分でも言ってた(笑)。
特典映像で言ってるけどアンディは因果応報を強く信じてる風だった。
様々なカルマを背負い過ぎた怪作。

誰しもがアンディラウの
筋肉スーパーアクションと思ってしまう
DVDのジャケ写。

グリーンディスティニー?
少林寺?

いえいえ、
東洋のバタフライエフェクト、違う
東洋のセブン、、、違う、

例えようのない作品である。

アンディラウの偽物筋肉が凄い、
何、そのヨガの殺人鬼、、、
えっ?シックスセンス、、
来世?前世?ヒロインの生首?

えっ、、、えっ、、、、

タイムリープ、、、?えっ?

カルト映画に分類されてもおかしくないと
日本人の私は思うのですが、

本国でのアカデミー賞的なのに
評価されている事実、、、、

東洋思想ってホントっ難解!!
kazusd

kazusdの感想・評価

3.5
ダメだ、これ観ただけではストーリーもよくわからなかった。もう一度観よう
(-.-;)y-~~~
のぶ

のぶの感想・評価

4.5
パッケージと邦題で損してる
でも売り込みしようがない珍作

アクション?サスペンス?コメディ?ホラー?恋愛?
ジャンル分け不可能
マッチョで元僧侶でストリッパーで武術が使えて超人的身体能力で、カルマが見えるとかいう設定詰め込みすぎの主人公
演出が過剰で本気なのか真面目なのかサッパリわからない、しかもやたらにグロくて猟奇的
おまけに反日

これは変な映画好きは絶対に見たほうがいい
顔夕

顔夕の感想・評価

4.0
坊主、マッスルで業を断つ!系の映画
前半はマッスルなアンディが映るだけでちょっと笑えるし、謎の敵(変なインド人、ヌルヌルの黒いおっさん)とのカンフーアクションもおもしろい。後半、シリアスにカルマと向き合う雰囲気になってくるのも好き!で、前半のコミカルな感じから後半の観念的な感じへの転換点になる、アンディとセシリアチャンが手繋いで歩くシーンが切なさMAXでめっちゃ良い!!
全体的になんか変な映画やけどめっちゃ面白かったし好きでした。
ひろや

ひろやの感想・評価

4.0
筋肉は裏切らない
~Your musles will not betray you~


って感じの映画です
筋肉の偽物感があるので-☆1です
りっく

りっくの感想・評価

3.3
これはB級映画の皮を被った怪作。
こんなに東洋思想をきちんと描いた作品に未だ出会っていない。
日本人には到底分らないような業(カルマ)。
前世が現世に影響し、現世が来世に影響する。
そこまで自分が責任を取らなければいけないのか。
死の運命を受け入れ、それでも明るく生きようとするヒロインの逞しさ。
そして、抽象的な空間で自分と向き合い、報復の連鎖を断ち切る主人公の高潔さ。
ただその高潔さをB級感で薄めようとする、作り手の配慮が見られる。
次郎

次郎の感想・評価

3.9
ジョニー・トーってこんなカルト映画も作ってるんですね。インパクト大な邦題とジャケ写真もキているが、そこから連想されるアクション系かと言われればすこし違うし、ラブコメもサスペンスも仏教思想も込められているのにどれも少しずつ外しているという謎の塩梅ぶりで、フォークを投げてくるかと思ったら分裂魔球を投げられた気分。一部で言われているボルヘス感も確かに納得。最初から出てくる謎のインド人を始め、謎のスパイダーマン、謎に料理にこだわる僧侶と登場人物の大半が謎だし、そもそもなんでマッチョなのかだってよくわからないのだけど好きか嫌いかと問われれば正直好きですこういうの。
>|