マッスルモンクの作品情報・感想・評価

「マッスルモンク」に投稿された感想・評価

netfilms

netfilmsの感想・評価

3.8
 大切な人を失ったことが原因で、他人の前世での業(カルマ)が見え、その人の死因を予知する能力を有したビッグガイ(アンディ・ラウ)。しかし、そのことで因果の非情さを悟り、僧衣を脱ぐ結果となってしまった。いまではその類い希な筋肉美を活かしてストリッパーをするなど享楽的な生活を送っていた。そんなある日、ひょんなことから彼は一人の女性刑事フンイー(セシリア・チャン)と出会う。しかし、彼は彼女が背負う醜悪なカルマを見てしまう。彼女の前世は中国人を虐殺する日本兵だった。彼は非情な因果の環からフンイーを救うべく立ち上がる。今作を強引にジャンル映画の枠にはめるとしたら何になるのだろうか?そもそも二つの事件のうちのストリップ・バーでの事件は明らかに喜劇に属するシークエンスであり、2つめの惨殺事件のシークエンスは猟奇ミステリーに分類される。混じり合わない要素が強引に一つになった後、主人公であるアンディ・ラウの特殊能力が明らかになる。ここでは映像がオーバー・ラップしてわかりにくいが、彼が見ている白黒映像は前世で行った蛮行のイメージである。前世での特殊な因果が今世にもつながっており、アンディはすぐに死ぬ人を見分ける力を持っていることが明らかにされる。彼の見た映像の中でフンイーはじきに死ぬことがわかった主人公は、彼女の命を守るために葛藤する。

 これまでのジョニー・トーの物語は、どこまでもシンプルで相関関係や対立構図も実にわかりやすかったが、今作において物語は二転三転し、混迷を極める。中盤まではアンディがバイクの運転に苦戦するなど笑える場面が度々訪れるが、中盤以降はまず今世と前世の区切りが分かりにくく、登場人物たちの把握も難しい。ボクシングの場面で、アンディを倒したのかいったい何者でどういう役割を負っているのか?また深夜の闇の中で、屋上に逃げ込んだスパイダーマンのような男も何者でどういう役割を負っているのか?初めて観た中で正確に把握するのは難しい。ビッグガイの筋肉の肉襦袢は『ダイエット・ラブ』の経験が活きたのだろう。特殊メイクでの体重の増減は『ナッティー・プロフェッサー』や『ヘアスプレー』などアメリカ映画に参考映像があるが、ルックスの優劣が関係ない世界へと舵を切る脚本において、アンディ・ラウの筋肉を強調する判断はある意味一番暴力的であり、この後のジョニー・トーのフィルモグラフィにおいてもほとんど例がない。そのくらい異色の作品であり、歴史に名を残す怪作である。しかもジョニー・トー久々のカンフー映画であることも忘れてはならない。
アンディ・ラウのマッチョマーンスーツ、いやボデーを見るだけでもレンタル代くらいは出してもいい。

なんで僧侶がマッチョなのか?
その必要性など劇中どこにあったかな?
machi

machiの感想・評価

5.0
初見は訳がわかりません。でも見終わった後、じわじわきます。あの筋肉スーツがwでしばらくするとまた見たくなります。

アンディ・ラウはこんな役までこなしてしまう役者だったのかと、最高じゃないか!
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.8
不夜城、香港。その夜、ふたつの事件が同時に起こった。ひとつはストリップ・バーで、ビッグガイ(アンディ・ラウ)が最前列で熱い声援を送る女性客リー・フンイー(セシリア・チャン)に応えてビキニを放った瞬間、「わいせつ罪で逮捕する!」。彼女は囮捜査官だった。捜査官がいっせいになだれ込み、ビッグガイは慌てて店を飛び出す。その頃起きていた、ある惨殺事件。警察犬と刑事らが犯人のインド人を現行犯逮捕するが、護送途中で逃げられてしまう。逃げるビッグガイとインド人は街角で衝突し、空気は一瞬即発に。そのとき、ビッグガイの目はインド人を追う警察犬に引き寄せられ、その犬がすぐに死ぬ運命だと瞬時に見取る。実は彼には、死ぬ直前の者が背負い、死因となる前世での業(カルマ)を見る不思議な能力があるのだった。そのとき見えたのは、犬を撲殺する子供の幻。その子供が前世での犬の姿。果たしてインド人に向けて放ったフンイーの銃弾が、誤って犬に命中してしまう。そして次の瞬間、フンイーの背後に、大量虐殺を行う日本兵の幻が現れるのだった! インド人を逃がした刑事たちは怒りをビッグガイにぶつけるが、彼を助けるフンイー。正義感にあふれ心優しい彼女だが、インド人と出会って犬を殺したことで、いずれその報いを受けるだろう…。一度は不法就労で本土へ強制送還されるビッグガイだが、かつて同様に救えなかった少女のためにも、フンイーを救うことを決意する。例のインド人を追うフンイーの前にビッグガイが現れ、特殊な能力を使って殺人事件のてんまつを再現してみせる。彼の能力に半信半疑ながらも、協力してインド人を捕らえることに同意するフンイー。ビッグは、今度はインド人に裁きが下ることを予見するが、その男は前世である善行をほどこしていた。死の直前にカブト虫を救うというその小さな行いが、現世で繰り返されている殺しの連鎖を食い止めることができるかもしれない。救いをもたらすかもしれないカブト虫の生まれ変わりである、左腕のない女を見つけるため、ビッグガイとフンイーは奔走する。翌日、逃亡犯は前夜人質にとった女性に助けられて、バスのターミナルに現れる。再び銃撃戦となり、そのさなか女性の左腕が吹き飛ばされる。駆け寄ったフンイーに彼女は、逃亡犯に何か懐かしさを感じて助けたことを、後悔していないと語るのだった。やはりビッグガイの言うように、前世からの因縁は存在するのか? 格闘の末に逃亡犯を捕らえ、怒りに我を忘れる刑事が逃亡犯を殴り殺そうとするのを制止したビッグは、殺しの連鎖を無事終わらせる。事件は解決し、ビッグは去った。しかし、彼を忘れられないフンイーは、かつてビッグが修行していた石窟寺を訪ねる。そこでビッグが僧衣を捨てるきっかけとなった悲劇を知る。
香港ノワールの雄ジョニー・トーとワイ・カーファイ監督が、前世の業が見える元僧の活躍を描いた異色作。
自分が、愛している人が背負った業を購う葛藤はユニークで面白い。
アンディ・ラウが肉襦袢を着てボディビルダーのポージングしたり、殺人鬼と戦う珍しい姿が楽しめる珍品。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.3
うん、なんだかよくわからなかったけどアンディのムキムキダンスと偽物?お尻が見れたからまあよしとする。
山猫舎

山猫舎の感想・評価

3.5
なぜアンディが筋肉を着てるのか、よくわからないけど、すごいインパクト。怪作です。
小さな箱に入ったヨガ行者のインド人が怖かった。
後半、話がガラッと変わって、セシリアの負うカルマの悲劇も、個人的には興味深かった。
でもネタバレ知らずに見たら、衝撃大き過ぎたかも。
ボディビルダーでストリッパーの元お坊さんが自分の特殊能力である”前世が見える”を武器に事件を解決していくJDC的な前半と愛した女は輪廻によって死ぬ運命にあったという悲恋が展開される後半のギャップが凄い。後半のもろに仏教的な話も興味深かったけど、とにかく序盤から中盤にかけて主人公と相見えることになる犯罪者が全員超人的な身体能力を持っているのが面白かったな(何で強いのかの説明はない)。こんな映画はジョニー・トーとワイ・カーファイにしか作れないよ。
君子

君子の感想・評価

3.7
コメディっぽいジャケだけど、そうではないっていうのは聞いていて、覚悟を持って観始めたつもりだったんだけど…

後半の展開においてけぼり……全然理解できてない。でも、解説とか読んで理解するのは違う気もする。どう思ったか感じたかを考えるのが大事なのかな、、

にしても前世の業で現世が決まるのは悔しい、というか、理不尽というか。そのことを知っても、それでも、しっかり毎日を努力するセシリアの役柄にはちょっと憧れた。
#1日1本オススメ映画
マッスルモンク

坊主マッスルで業(カルマ)を断つ!

元僧侶のマッチョが筋肉襦袢を着てストリッパーしたり、ボディビルに出たり、ギャグ前回で進む珍作と思いきや

後半途端にシリアスになり因果応報、輪廻転生などの仏教要素がグッと出て化ける怪作 前半アホな分、より面白い
LEE

LEEの感想・評価

5.0
すごいすごいすごい…
自分でも100%は理解しきれてないけどこれはすごい…

ジャケから分かるようにムキムキの元僧侶のアンディラウのお話で前半はマッスルなお坊さんが事件を解決?!みたいなハードなシーンはあるもののコメディタッチでとても見やすく描かれている
しかし後半はムードがヒロインのカルマに関する話にだんだんと視点が向かっていって…とお話もハードになっていく
なので見た人が戸惑うのも分かるしシリアスとコメディのバランスがめちゃくちゃだ!って言う人がいるのも分かる
でもこの作品のハリウッド如きでは到底たどり着けないような(つーかアジア的)凄惨な結末からのエンディングを見てからだとやっぱりコメディを入れておいた方が格段に見やすいし、これがジョニートーの味でもあるので(ちょっとハズしてくる的な)個人的にはいいと思った

素晴らしいと思うかは保証はしないけど個人的にはめちゃくちゃすごい映画だと思う
少なくとも1回では完全には理解できないスルメ映画だと思うので何回もみるといいかも(という僕もできてないです

あと韓國材を久々にみた
よく動くなぁ…
それとセシリアチャン声がカサカサやなぁ…(笑)