パディントン 2の作品情報・感想・評価 - 236ページ目

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれ…

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている・・・・・・!

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

吹替・字幕どちらも鑑賞。最高に楽しかった! パディントンはもちろん、ブラウンさん一家、彼らが住むウィンザーガーデンの街の人たち、みんな素敵な人ばかりで、映画観てる間中ずっと顔がにやけてました。
そして、今回はパディントンが刑務所に入ってしまうんですが、強面の囚人たちも小さなクマさんの魔法にかけられてしまうというか。
そんな中、悪役ブキャナンを演じるヒュー・グラントがはじけてました! 落ち目の俳優という役だけど、それを生かした七変化は見物です(笑) 新境地というよりは、これまでからコメディを演じてきた彼の演技の幅が広がったのではないかな。
盗まれた絵本を巡って、はらはらどきどきのアクションも見どころです。ブラウンさん一家勢ぞろいで一丸となるところもいい! 終盤はブラウンさん、子どもたち、バードさん、そして何と言ってもブラウン夫人とパディントンの絆の深さは親子のそれと同じだなぁって。
そして、囚人の仲間たちの優しさにもほろりとさせられます。人の良いところしか見ないパディントンだからこそ、周りのみんなも幸せにできちゃう。
映画とともにロンドンの名所も巡っている気分になれるし、移動遊園地や刑務所・囚人服までもが可愛らしくてほっこり♬ 随所に「あの映画のオマージュかな?」って思わせてくれるシーンもあるし、終盤への伏線もちゃんと張られてます。
そうそう、ルーシーおばさんへの誕生日プレゼントはどうなったのか? それは観てのお楽しみ♪ エンドロールでも十分堪能させてくれます。心がぽかぽか温かくなる可愛い映画です♡

2回目字幕版鑑賞後、スコア変更しました。
taka

takaの感想・評価

4.2
前作以上にパディントンが可愛く思えた!
そして、大好きなヒュー・グラントの茶目っ気たっぷりの悪役。誰得って、私得の他無いわ(笑)おじ様になっても素敵だわ♡♡
絵本そのもの、そして童話の様なほんわかしてて暖かい作品でした。
(2018年2本目)
Milly

Millyの感想・評価

3.8
パディントン期待を裏切らない面白さ。
温かい気持ちになれるファミリー映画で、前作同様に笑える箇所が満載で、
ヒューグラントのコミカルさも良かったです。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

4.2
軽いノリで見に行ったけど、とても面白くてあっという間だった。
ところどころパディントンに感情移入して目頭が熱くなるような感動する作品。
伏線の回収も見応えがあってよかった。
SouAzami

SouAzamiの感想・評価

4.0
パディントンは故郷の老クマホームにいるルーシーおばさんの100歳の誕生日に、骨董屋で高価な飛び出す絵本をプレゼントしようとするが、その絵本にはとんでもない秘密が...

1同様にパディントンの紳士ではちゃめちゃなハプニングは健在!
刑務所で睨みを効かせるシーンの緊迫感が半端なかった!

汽車でのアクションシーンはとても迫力があって、アドベンチャー性が以前よりも増している!
最後のシーンは思わず号泣してしまい、パディントンに「良かったね」と言葉をかけたくなるほどでした!

年明けからイギリス映画のクオリティがすごすぎる!
面白かった〜!
前半の小ネタを後半に生かしていて、そうきたか!と楽しめた。
絵本の中に入り込んだような可愛らしい演出も、前作に劣らず見応えあり。あんなロマンチックな監獄あるのかと笑いました。
好きな映画の仲間入り。
mimico

mimicoの感想・評価

4.5
2時間弱があっという間に感じられる面白さ。パディントンがとにかくかわいいし、ストーリーもよくできている。いっぱい笑えるのはもちろん、思わず涙してしまうところも。落ち目の俳優役のヒュー・グラントが、もうおかしくておかしくて。見たあと幸せな気分になれる映画。
別にストーリーつながってるとかではないけど、前作忘れてたから復習してから観ればよかったなーとちょっと後悔。
パディントンがおばさんにあげるための絵本を巡ったドタバタ劇。
パディントンはずっとずっとどんなシーンでも可愛くて終始ニヤニヤ。
それぞれの人物に関する細かい伏線が後半一気に改修されてお見事!!
ブラウンさんの的当ての名手だった設定、ブラウン夫人の海峡を渡ろうと水泳を猛特訓してる設定、ジョナサンの実はSLオタク設定、ジュディの失恋して今は個人で新聞を作ってる設定、バードさんの名前覚えられてない設定。他にもパディントンは毎晩物語を聞いたあと寝てる設定とかブラウンさんの中年の危機とか他にも色々!!
物語がスムーズに進んでいって約2時間があっという間。ラストシーンはなんか知らんけど涙出ました笑
とってもよかった!!!!
Mio

Mioの感想・評価

4.5
前作よりも更に面白い。期待を優に上回った。
登場人物ひとりひとりに与えられたユーモアある設定、キャラクター付けがこんなにも活きるとは!
相変わらずどんな環境にも順応して誰からも愛されるパディントンには癒される。

今作の一つの目玉であるヒュー・グラント演じるフェニックス・ブキャナンは、やはり魅力的なキャラクターであった。皮肉めいていて、どこか胡散臭い、それでいてお茶目な雰囲気がぴったりだったが、パンフレットを読んだところヒューを想定して書かれたキャラクターとのことでこれも納得。七変化もエンドロールでも非常にチャーミング。ますます彼を好きになった。
atsuki

atsukiの感想・評価

5.0
嘘と夢。映画と現実。まさしく絵本のように飛び出して、不純一な世界を解毒する喜劇!「窓拭き」という思いやりが、どれだけ世界に影響を与えるのか?この精神に気付きたい、気付かせたい!現代のクマ版チャップリン。