「グリーンルーム」に投稿された感想・レビュー

りょこ
りょこの感想・レビュー
2017/04/08
-
グロさが丁度いい。
サイコーか!

アントンの作品はあと何本観れるかな…
今作はひたすらアントンを応援してたのでおセンチにならずに済みました。
ばるでむ
ばるでむの感想・レビュー
2017/04/08
4.4

このレビューはネタバレを含みます

大興奮、大満足。
期待していた以上にハイレベルなスリル、恐怖を味わった。
パットが手首をパックリやられる場面では、あまりの緊張と痛々しいゴア表現のせいで思わずのけぞってしまった。
鑑賞中は終始胃がムカムカして、ときおり軽い吐き気を感じた。
ラストの何ともいえない徒労感もいい。
約90分の中にここまで強烈なバイオレンス描写が盛り込まれているとは。
JunjiHarada
JunjiHaradaの感想・レビュー
2017/04/07
3.5
スタトレのアントン・イェルチン出演作だけで鑑賞!!
中身はに関しては触れないでおこう。
スタトレで有名になったけど、こういう映画に出るんやね笑
まさかのパトリック・スチュワートとスタトレ?共演もしてたし笑
ご冥福をお祈りします。
ほしの
ほしのの感想・レビュー
2017/04/07
5.0
意地はってバンド頑張ってる奴らが、急転直下で絶体絶命に陥る!そこから絶体絶命の連続!ネオナチのクズ共がマジで殺しにかかってくる!めっちゃピンチピンチピンチ!ピンチ怒涛のつるべ打ち!
自分でもよくわからないんだけどピンチの連打の途中、それが映画的に楽しすぎたと思ったのか、泣いてしまった!
敵も味方もばかばかあっさり死ぬのが良かった!損傷箇所の肉と皮のまくれ具合がイイ!グリーンルームがそもそも完全に安全ではない感じとかも好き。人間食べてる犬 最高! 闘犬ブリーダーが自分の犬を思いやって「最後に肉食わしてやりたい」発言、身勝手過ぎてもう最高!
あと、ネオナチのスキンヘッズの奴らの狂信具合がいちいち良かった。奴らの程度の浅さ具合が良かった。身勝手具合が良かった。ネオナチカルト、fuck off。
イモージェン プーツの乾いたクールさにやられた。そしてラストシーンのドライさも良い。
ナチ公の前でナチパンク fuck offって歌ったところもしびれた!
人がドライにどんどん死ぬ映画は最高!死ぬことに何の意味づけもなされていない、ただ急に死ぬだけ。( 本作とは関係ないけど、死体は多けりゃ多い方がいい。大量の無駄死にの先にしかない何かがそこに立ち現れてくる気がする)

追記、もうダメだって思ったアンバーがもらす「あー」「オーマイガー」が自分はたまらなく好きなんだとわかった
rur
rurの感想・レビュー
2017/04/06
3.8
また消費しきれなそうな優待が山のように残っている…多かったと正直反省している…

思っていたよりわりと好き! これ系は誰かが助かるつもりで見るとただただつらいので、もう全員死ぬつもりで! とギルティなとこ探して、うんコソ泥なら仕方ないな!と言う気持ちで見始めたけど、り、理不尽すぎて、もう主人公たちが殺し始めても当然だよね!以外の感想なかった…
生き残る人も見当付かなくて、真っ先に死ぬリストにいた子が健気に頑張ってて、でも数人ぐらいもうどこでリタイアしたのかわかんないなー。
頭悪いなりの知恵比べ的タームもよかった。しかし敵のリーダーあまりにも乱暴すぎて唖然…

あ、ナイフの圧倒的性能にビビった。あんなふうに皮膚弾けるナイフとか新しいな!
テープで回復していたけど、傷口は合わせる努力しよ…? あのまま巻いたら意味ないからね…?

最後の気の抜ける会話好き…てっきり最後にガソリン漏れる車に乗って爆発してみんな死ぬんやー!と言う気持ちで見ていたから、なんかすごいハッピーエンドだった気がした! もちろん気のせいだ!

たぶんDVDで見たら面白さ半減するやつな。
けろりーぬ
けろりーぬの感想・レビュー
2017/04/05
-
ライブハウスいって楽屋に閉じ込められてバンドメンバーみんな抹殺されそうになるなんて、怖すぎ!もう楽屋にケータイ取りにいけない。襲ってくる犬は怖くて可愛い。
アントンイェルチンはゾンビガールでも好きだったので、若くして亡くなってしまってとても悲しい。
終わり方がすごく好きです。
スー
スーの感想・レビュー
2017/04/05
3.8
面白かった〜!ネオナチvsパンク野郎 ふぁい!という感じでおっそろしい戦いが始まります。やられたりやり返したりと目が離せない状況が終盤まで続き、めちゃくちゃ面白かったです!
アントン・イェルチンの遺作でもあり、彼の演技がとても光っていました。
音楽もとてもいいので、映画館で見れて良かったと思っています。

あと、これ最後に言いたい。ワンコがめっちゃ怖いし、めっちゃ可愛いーー♡
OS
OSの感想・レビュー
2017/04/05
3.5
記録
タダ氏
タダ氏の感想・レビュー
2017/04/04
-
わんわんおのあまりの忠犬っぷりに涙が出ました。
ヤマシン映画
ヤマシン映画の感想・レビュー
2017/04/04
4.0
絶対にビビらないパンクバンドVS絶対に逃さないライブハウス

我をゆく、ビビらない、他人のことなんて気にしない、という勝手なパンクバンドイメージが私にはあって、
そんなパンクバンドがライブハウスで恐怖で焦ってヤケクソで戦う姿が見れる!

最初はそんなイメージから鑑賞し始めましたが、もうライブハウスの方が圧倒的に、思ってた以上に恐ろしくて震えます。
パンクバンドも震え上がってます。

ただのライブハウスが地獄の要塞に思えること、恐らく人生でこれっきりでしょう。。

鑑賞後映画館の扉を出るとき、
こんな簡単に扉から出てごめんなさい
という他から見たらただのドM的な発想に変わっています。

映画館という限られた空間の中にある、
スクリーン中の地獄のライブハウスという限られた空間。

私達は席に座ったそのときから地獄の要塞からの脱出ゲームに参加しているのです。。

スプラッター表現も満載なので、マニアにはたまらない映画。
マニアでなくてもたまらない映画です。