パターソンの作品情報・感想・評価 - 321ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

とある男のとある7日間を淡々と描くだけなのにあっという間の118分。まさに人生のごとく。
片田舎というほどのどかでもない、ざっかけない街並み。
文字通り白黒はっきりとした意識高そうなポジティブ彼女。(ギター、すぐ弾かなくなるんだろーなー)そんな彼女が作る個性のクセがすごい料理。
なにも考えてなさそうなのに、時折思慮深くみえなくもない愛犬。(キスシーンのたびなぜか吠えるw)
何度も登場する、似てるけど瓜二つというほどでもないいろんな双子たち。
バーの壁貼られた殿堂入りのスター達。(殿堂なのにしょっちゅうかわってそう)
出てくる人々や風景がいちいち愛おしく感じさせられる。ジムなんとか監督すげーよ。簡単にいうけど「何気ない日常」ってめちゃくちゃ難しい表現ですぜ。

ことさらポジティブでもネガティブでもない。粛々と人生をこなす主人公。でも、ちっぽけなマッチ箱に感情移入できるくらいの感性と、見知らぬ人に話し掛けてみる程度のコミュ力。それさえあれば人生の達人になれる。そんな気にさせられる。
tea

teaの感想・評価

3.9
繰り返しの日常生活は決してつまらない物ではなく、その中にも新しい発見や素敵な出会いのチャンスがいくらでも転がっている事に気付かせてくれるお話。

主人公が能力を失い今まで以上の能力を授かって終わる展開に、少年マンガ的興奮もひっそりと感じました。
reitengo

reitengoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

どうも近作のジャームッシュには乗り切れず。
数回眠りに着く...。ただ心地よさはあり終わらないで欲しいなぁ...と思えた。脈絡も回収も無くノートがワンちゃんに裂かれてからが執着と無執着を漂っていて楽しかった。

永瀬(アーハン)の存在を神格化するか偶然性とするかは彼自身が判断することなのだろう。
Misaki

Misakiの感想・評価

3.8
あまりに"普通な"日々を切りとって、そのまま映画にしたような、本当に優しい映画だった。朝起きて、働いて、家に帰って夕食、犬の散歩...そんな繰り返しの毎日だけど、そんな当たり前の日常こそ美しく、詩として書き留めておきたいほどに尊いものなのだなと。

何度も双子が登場する描写は、双子は「すごく似ている(一緒)けど、違う」という意味で、変わり映えのない日々でも、毎日が新しい、昨日とは違う日という表現かなと思った!
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

4.0
おかえりジムジャー!
観た後も日常に余韻と喜びを持たせる映画ってサイコーだ
パターソンを、最愛の人とお家でダラダラみながら、いつの間にか眠ってしまいたい。
abdm

abdmの感想・評価

3.0
何気ない一日の連続が続くけどその中に映るパターソンニキの習慣から同棲中の彼女との関係性やパターソン本人の人間性が浮かび上がる。
詩ズタズタにされて流石のパターソンニキもパキると思ったのだが、割と冷静で悲しかった。
a

aの感想・評価

4.2
「毎日が新しい。」

誰かと言葉を交わすこと。
誰かと誰かの会話。
彼女へのキス。
週末の1日だけ、一本の映画と外食をすること。

いまここに起きていること、全てが奇跡なの。

シャッフル再生で流してた音楽が、その時のきもち、その時の景色にちょうどぴったりだった時みたいな、そんな幸せがあればいい。

日常の中にこそ、言葉や、詩に残したくなるような大切な瞬間が詰まっている。

わたしの、いま、この言葉もそう。一本の素敵な映画に出会い、自分の言葉できもちを綴る幸せ。

毎日が特別じゃなくたっていい。

印象に残る一行の詩みたいに。
"Would you like to be a fish?"

1日の中に、ふっと思い出せる出来事があれば良いよなあ。

映画館からの帰り道、肌寒い風が吹いていて、秋に近づいたなって嬉しくなった。

______

ふたりみたいに、心から全てを許せる人、愛せる人に出会えるかな
yanone

yanoneの感想・評価

4.4
2人の関係性が素晴らしい
静かな愛に満ち溢れてた
こんな穏やかな生活は憧れる
ほのか

ほのかの感想・評価

3.6
何気なく始まる1日は、新しい1日。
今日という1日は、愛おしい1日。
そう感じさせてくれます。