川沿いのホテルの作品情報・感想・評価

川沿いのホテル2018年製作の映画)

강변호텔/Hotel by the River

製作国:

上映時間:96分

4.0

「川沿いのホテル」に投稿された感想・評価

gosunny

gosunnyの感想・評価

3.5
期待を裏切らないクオリティ
予想通り
やっぱりホン・サンス

いいかどうか…
好きか嫌いかは…
Sats

Satsの感想・評価

4.0
恥ずかしながら、初めてのホン・サンス作品を鑑賞。モノクロームの映像にどこまでもカラフルな感情が現れて、ずっと見ていたくなる物語でした。
白

白の感想・評価

3.0
フィルメックス2018
モノクロームと雪原情景は「それから」でハマったのか。
声にならぬ想いが静寂として画面中にこだまし、無限の広がりを帯びて私たちの胸を締め付ける
ここまで成熟した作家がほとんど「社会」を描かず(リンクさせず)個と個の問題、その先にある孤独でいまだに映画を完結しているのはさすがにどうかと思うが、ホン・サンスとしては新機軸の「家族」から物語を転がしていくのはそれなりにわくわくした。ホン・サンス組の常連役者たちがホテルという限られた場でホン・サンスの日常を構築していく、まだ見ぬ世界を開拓して動き続ける映画というより長年見続けてきた劇団の一つの公演(新作)に触れているような感覚。ラスト、扉の向こう側から聞こえてくる叫びや嗚咽で映画が閉じてしまう(逃げ切ってしまう)ことを恐れたが、しっかりと死者の顔を映すその誠実な姿勢にいまだ信頼できる作家だとどこかホッとした。ホン・サンス映画での「仕掛け」をあえて避け、ただすれ違い、ただ生きて死ぬだけの映画。どこか『マルグリット・デュラスのアガタ』の匂いもした。
とえ

とえの感想・評価

4.0
東京フィルメックスにて鑑賞。

ホン・サンス監督ならではの会話劇を堪能できる作品

偶然から生まれる人の出会いや、人の生き様を思う作品だった

川沿いにあるホテルに宿泊する詩人
彼の元に訪ねてくる二人の息子
そして、同じホテルに泊まる二人の女性たち

彼らは、そのホテルで偶然に出会う

ホン・サンスの映画が面白いのは、日常の一場面をそっくりそのまま切り取ったようなところにあって

とくに事件が起きるわけでもなく
ただ会話が進んでいき
その会話の中から、いろいろと考えさせられていく

この映画では、地方のホテルで暮らす父と、その様子を見にきた息子たちの会話がメインで話が進んでいく

その中で、父は立派に育った息子たちに目を細めつつも、巣立ってしまった寂しさも感じている

そこへ現れた美しい女性の二人連れに心を奪われてしまう

子供たちが立派に育って巣立っていったことに、父は寂しさを感じていたようだけど
そのタイミングで妻と別居を始めたあたりに
人生を整理しようとしていたのかなとも感じられる

その一方で、美しい女性たちに
ナンパするみたいに声をかけていたのは、もう父ではなく、男として生きたかったのではと感じさせた

この映画の舞台挨拶には
主演のキ・ジュポンさんがいらしてて
「個人的に悲しい出来事があって
そんな時に、一緒に映画を撮らないかと、声をかけてきたのが
ホン・サンス監督だった」
と話されていた

そんなキ・ジュポンさんの寂しさが、この映画に現れているような気がした

時折、笑えるところもあったけれど
冬の川沿いのホテルにピッタリな
流れていく人生と、彼の家族、そして偶然に巡り合う人々を描く
ちょっと寂しい物語だった
SatokoKUZU

SatokoKUZUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

淡々と続く毎日に見えて会話から垣間見える関係性。相変わらずご飯を食べてチャミスルやマッコリ飲むシーンはお腹空きます。ラストが、これまでの作品と違和感がありました。
晩春

晩春の感想・評価

4.5
フィルメックスにて
いつにも増して笑える
詩人の口説き方、最高
モノクロで、カットも割らずに、
ドラマチックな事件などもなく、
それでもこの映画は深くドラマチックだった
見終わった後の余韻がいい
nagashing

nagashingの感想・評価

3.5
男女の寓話だとしたらヤバい話。女は男の会話を盗み聞き、ものまで盗めるのに、男は女の存在すら認識できない。唯一、上界の「天使」たる彼女たちに接触したオッサンはラストで昇天。例によって、女優には監督(と思われる男)への批判や自作(と思われる映画)の批評を語らせる。こうも徹底して女性優位の世界を偽装するホン・サンスがいちばん怖い。黒(?)猫もそうだけど、雪もたまたま積もったのを入れ込んだんじゃねーかという気が。結果的に「死の予感」みたいな雰囲気に寄与しているし、こういう反射神経はさすがなのかもしれない。
健一

健一の感想・評価

3.8
第19回東京フィルメックスにて。

休日と上映時間の関係でまたまたホンサンス&キム・ミニ映画を観る事になってしまいました。今年で6本目です。一体私は何をしているのでしょう?あくまで有楽町朝日ホール来館が最終目的です。
が。
これもまたまたいい作品でした。ホンサンスは今後もモノクロ映画だけ撮ってほしい。6月に観た4作品もモノクロ映画の"それから"が一番良かったので。
本作を含め6本観たトータルの感想は登場する男達がまぁ〜だらしなくてどうしようもないオッサン達ばかり。愛人作って家族を捨てる。浮気はする。ナンパはする。酒は飲む。酔っ払う。タバコは吸う。大声で怒鳴る。ダメおやじのオンパレード。
最後に
この映画はホン・サンスの贖罪なのか?それとも遺言なのか?不謹慎とは思いつつ少し嫌な予感がした。
のうこ

のうこの感想・評価

3.0
まあまあ。ここまで「家族」が全面に押し出されたホンサンス作品は他にないだろう。というかこれまでホンサンス映画でディゾルブすることなんてあったっけ。登場人物がアイコス吸ってること自体すごい新鮮に感じてしまった。話はいつもの感じで、主には親子三人と女二人を編集の妙ですれちがわせたり、時間をもどしたりなどという特に変わりばえのないいつもの感じ。
しかし、通りがかった猫のズームに反応するシネフィル多いな。たまたま映ったからズームしただけといえば、それまでですが。タイミングはあまり良くない気が。
>|