パブリック・ハウジングの作品情報・感想・評価

パブリック・ハウジング1997年製作の映画)

PUBLIC HOUSING

製作国:

上映時間:195分

4.2

「パブリック・ハウジング」に投稿された感想・評価

登場人物になるものもならないものもひとしくカメラのまえに立つことができる公平性。なれんのかのやさしげな挑発と根気のよさ。よその映画からまよいこんできて、遠ざかってゆく少年少女おとな。
mingo

mingoの感想・評価

4.0
ワイズマンて社会派と思いきや、ただ目の前の事象を淡々と撮るからその名の通りドキュメンタリー作家の巨匠で間違いがなさすぎる。観ず死ねシリーズの「ドキュメンタリー77選」にワイズマン作品全部入れるべきだと思うし、そもそももう撮ってない題材ないんじゃないのっていう無敵マン。「肉」あたりの作品は当時の時代背景も相まって傑作すぎるのは言うまでもないけど、90年より前に撮られた作品は劇場で荒いフィルムを脳に焼きつけるべし。ちなみに武蔵美入学時に貰えるこれ観とけ100選にチチカットとか入ってたと思うけど(イメラのディスク調べたら全部観れるっぽいけど海外版…)、10代でドキュメンタリーに目覚めるやついたらいるのかっていう。大人が愉しむ映画や、子供には現実の刺激強すぎやあかん。

女性版コンドームのデカさと子供の泣き声と避妊教育は時空が歪みすぎて凄かった。あとシャブはやっぱりあかん。そしてストリートで音楽にのって踊るの最高に楽しそう。めっちゃ子供が腰ふってるのまさに文化。

社会人で歯車として働くの嫌じゃぼけ会社をぶっ壊したいて僕みたいな方には映画の先の応用として本作をオススメしたい。
意見を述べ相手に投げかけるとは何か。その先に向かうべきところは?
集合住宅はまさに世界の縮図。
街をどうしたらよくなるのかディスカッション。もう少し若者の様子も見たかったなー。ほとんど中年か年寄りか子供しか出てこない。でも街そのものの活気が撮れていて、かなり好きでした。ここでも良い電話のシーン。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.2
あらゆる人がスネに傷持つ身。

若いママさん向けの避妊教育の話、元NBAの先輩の話、どっちも語り手の異様なテンションにもかかわらず聞き手に全然伝わってなさそうなところが最高でした。
dailyfroth

dailyfrothの感想・評価

3.5
シカゴの黒人用集合住宅における福祉、衛生、自治、教育、犯罪、娯楽に職探しといったeveryday peopleの諸活動のスケッチ。私たちはともに生きなければならないと訴える希望あるラストがいい。
神

神の感想・評価

3.0
偉大なるフレデリック・ワイズマンⅡ
結構寝た。理想と現実は程遠い。