スターリンの葬送狂騒曲の作品情報・感想・評価

スターリンの葬送狂騒曲2017年製作の映画)

The Death of Stalin

上映日:2018年08月03日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

スターリンが死んだ!ソ連最高権力の座をめぐり、狂気の椅子とりゲームが今始まる――。劇薬ブラックコメディ。 1953年3月2日、一人の男が危篤に陥る。 ソ連の絶対的独裁者、ヨシフ・スターリンだ。「今うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスが!」最高権力の座を目指し、色めき立つ側近たちの、姑息で熾烈な頭脳戦はやがて―。

「スターリンの葬送狂騒曲」に投稿された感想・評価

この夏最高。それぞれ実名だということだけは偽りがないでしょうが、このような作品をよく出せたと感心します。とにかく面白いので事実と無根だと思ってしまうほどの面白さ。どこまでが作り話かわからないとしてもとても面白かったです。
maro

maroの感想・評価

3.5
シュール&プラックな笑いが好きな人にはおすすめ。
予告映像をみてかなり期待したけど、個人的にはそこまでコメディ色強くないかと。これはこれで。
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.8
めちゃめちゃ笑った。

ロシアに詳しかったらもっと面白かったんだろうな。

ベリヤ、フルシショフ、ブルガーニンなどの面々が小学生過ぎて爆笑必死。

実際に起こったことには目も当てがたいけど、コメディ調に描いてくれると非常に観やすい。
映画館鑑賞。

スターリンのことをどのくらい知っているかと言えば、彼が死んだら、捕まっていた人たちがかなり解放されたことぐらい。
なんでもかんでも捕まえて、処刑したり牢獄に入れていたのだろうと察したぐらい。

今の日本の近くの国の最高権力者のように、周りの誰も信じず、敵と思えば誰であろうと処刑。
この人をマネして政治をしているとしか思えない。

死んだかどうかをしっかり確かめて、それからが、今度は誰がソビエトの長になるかのドタバタ劇。
フルシチョフになるのは歴史から見て明らかだったが、どうやって彼がなったのかを見ていく映画だった。

人を人とも思わない。
自分だけしか信じない。
ロシアになった今も同じなのかもしれない。
ちょっと、仲良くなったふりはしているけれれど。

早く死ね、そしたら、俺の番だ。
と、きっと誰かが思っているのではないだろうか?

調べてみたら、スターリンはジョージア人だった。
お相撲さんにもいるんだよね。
少し怖いとも思ったりしたんだけど。
きうい

きういの感想・評価

4.2
ロシア語だったら満点だった。どうして英語なの。ソ連時代なのにみんな英語ペラペラすぎるよ…なんでロシア語じゃないんだよ!!!
ただし全編英語であること以外は文句なしに面白かった。アネクドートが好きな人は絶対好き。不謹慎な笑いに満ちたブラック・コメディ。なるほどロシアで上映禁止になるわけだ。バカみたいに笑い転げたけどあんまり笑える状況ではない。
Wikipediaで良いのでスターリンの「逸話」の項目を読んでおくとはちゃめちゃに楽しめる。
個人的にはソ連軍元帥のジューコフがめっちゃ好きでした。肩にひっかけたコートばっさあするの良すぎるし私もカラシニコフとおデートしたいなあ。
20年ほどモンティパイソンが好きな私にはとても楽しかった!迸る英国産ブラックコメディです。マイケルペイリンの所作がマイケルペイリンで!とにかく私は大満足。ブリティッシュコメディが好きな人にはおススメです!
Qvoymi

Qvoymiの感想・評価

3.0
予告が面白そうだったのと
ブシェミが出てたので観たんだけど
面白かった!

けど、実話ベースだよね?
笑っていいのかどうか…と戸惑いつつ
笑ったけど。

独裁政権怖い。
スターリンの突然の逝去後に起こる
後継者争い。それはそれは醜い…。

人間って怖いね。
akane

akaneの感想・評価

3.6
めちゃくちゃ笑ったし会場全体も大爆笑だったんですけど流石にブラック過ぎません??????
BLACKMICKY

BLACKMICKYの感想・評価

2.0
スターリンが亡くなってから葬儀までの側近たちの大混乱をコミカルに描いている。拷問や処刑のシーンもあり、笑っているだけでは済まされない。コミカルに作られている分、より怖さを感じた。
ねこ

ねこの感想・評価

3.0
スティーブ・ブシェミ観たさに鑑賞。

前半から中盤までは時の独裁者であるスターリンに媚びへつらう側近たちの滑稽さ、死んでもなおどこに権力が定まるか分からず、誰を出し抜くかを大の大人がまるで小学生のような振る舞いをしていてそれを面白おかしく表現しているなと。誇張はあるものの、実際こんなことあったのでは?とも思わされる。。。

後半はかなり真面目なトーンで、恐怖政治というものの本当の恐さをよく描けていたと思います。
ちょっと予告やチラシから期待するほどのおかしさはなかったかな。
>|