スターリンの葬送狂騒曲の作品情報・感想・評価

「スターリンの葬送狂騒曲」に投稿された感想・評価

面白いと言っては不謹慎かもしれんが、面白い。笑いって奥が深い。
eiganoTOKO

eiganoTOKOの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

政治風刺、ブラックコメディは大好きなのだけど、この映画は面白く感じなかったので原因を探ってみた。
スターリニズムを笑い飛ばす、これ自体は良い素材なのに何がダメだったのか…。

スターリニズムと、ナチズムは、全体主義として括られがちだが、根本的な原因が全く違う性質を持つ。その違いが上手く描かれている箇所はいくつかあったが、基本的には椅子取りゲームのすったもんだが除幕から終盤まで小ネタの繰り返しで単調だったこと、そして、「資本主義国家」が「社会主義国家」を笑うのは、庶民にも浸透している一般論でしかないので、予想の範囲を超えてこないのがつまらない。
オッサンの見苦しいごますりやご機嫌伺い、スターリニズムで監獄行き、あるいは死んだ人リストの二転三転、このへんの小ネタが「まあそうゆうことあっただろうね。で?」という意外性がない内容に感じてしまう。緊迫感がないなか、笑いを取りに来てるからこそシラけてしまう。
製作国がイギリスとフランスなわけで、あんたらの国から社会主義の失敗した部分だけ抜き出してゲラゲラ笑ってるならイギリスとフランスの失敗だけ抜き出してゲラゲラ笑うことも出来ますよって話。鋭い批判ではないからつまんない。
プロパガンダは自分の思想とあっていたとしても基本的にタブーだと思う。あと歴史学者が事実とはそれる箇所がある、と指摘しているのにコメディだから許してちょんまげ感も、雑だなあと思う。
要するに、スターリニズムを笑うならば、正確な情報と、なぜ失敗したのかの視点が無ければ「風刺」とは言えず、そこを入れてこそブラックコメディとして成立するのだ。
もちろん風刺はノンフィクションでも成立するが、スターリンの危篤から死後のピンポイントなら、史実に正確であればあるほど「やりすぎ」だと思う。
やりすぎって人の死を笑うことじゃなくて、それだけ思想をわかってるのに笑い飛ばせるのはやりすぎ!ってことだと思うけど、それはなかったかな。

スターリニズムの視点として面白かった場面をいくつか。

会議中亡き同志スターリンの「全員賛同」にこだわり、発言の様子やご機嫌伺いしながら、手を上げ下げするシーン。

オーケストラを録音するため客を戻した際、貧富の差、文化の差(パンとバラで言えば、バラを知らない、人間の尊厳を奪われている状態)が見えた様子。
一緒に見に行った人の指摘だけど、オーケストラのシーンで観客が自らスタンディングオベーションするのはスターリニズム特有のものだったという点。あれは自ら進んで自分の思想をどれだけ素晴らしいと思っているか、という行動なのだそう。スターリンが自分のスピーチをした際に自分も拍手をするのは、己に対しての賞賛ではなく、思想に対しての賞賛、という「てい」。

うーん期待はずれ…
LDK

LDKの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

1500人が死んだ事実を失脚させる理由に使うだけで大衆はコマ
ぽんぽん人が死ぬ
直接的に見せずぼやかしたり壁の向こうで行われる殺し

スターリンの葬送狂想曲
タイトルがめちゃくちゃいい
ずん

ずんの感想・評価

3.8
もっと見苦しいブラックコメディなのかと思ってたけど、史実に基づいたお話で勉強になりました
爽快なエンディングで良かったです!
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

一番笑えたのが、最初あたりのスターリンのためにオーケストラを最初からやり直し客を連れ戻し指揮者探してきて録音し直すとこであとはちっともクスリとできず結構拷問。僕以外のお客様の席からもちっとも笑い声が聴こえてこなかったのが一番笑えた。とりあえずブシェミの変な顔をひたすら眺めて退屈を紛らわしてた。あとオルガ・キュリレンコン久々に見た
みなみ

みなみの感想・評価

3.8
ブシェミラブ!

滑稽な大人達の権力争い、不謹慎なのにおもしろい!
冷静に考えたら恐ろしいことのはずなのにたくさん笑ってしまった
333

333の感想・評価

3.7
全然退屈せずにずっと続きが気になって見れたし、プスプス笑えてよかった!ブシェミ♡
めっちゃ面白い。‪
‪現実には現代史上稀な程に激しい権力闘争を勝ち抜いた、非常にエネルギッシュな人物であるはずのフルシチョフをスティーブ・ブシェミに演じさせているミスマッチにより、全編に漂うブラックユーモアになんとも言えぬ意外性を加えている。‬
Iman

Imanの感想・評価

4.0
どこまで本当の話かわからない、しかし抜群に面白い。偉大なボスがいなくなったら、ダメな人達ばかり。どこの組織でもある話です。本当のナンバー2を作ることは中々難しいと、改めて思いました。
また、本当の歴史を調べてみたくなる映画です。
ryo

ryoの感想・評価

2.6
消すか消されるか!
ロシアこわい…

思ったほど乗り切れず…。めちゃめちゃ英語やね…と思いながらみてた。
>|