ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 100ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

オカ

オカの感想・評価

3.7
マクドナルドの創始者(≠マクドナルドさん)がいかにしてマクドナルドを成功に導いたかというお話。
最初に店を作った人と今の会社を作った人が違うというのがまず驚きだけど、だからこそ伝記になりえる人物なのかなとは思った。
ストーリー自体は、マイケルキートン演じる主人公のレイがいかにしてマクドナルドと出会い、会社を大きくするか、また自分の会社にするかという話で、多少の演出や脚色はあるんだろうけどおおむね伝記を読んでいるような気持ちで観られた。
こういう人物だったから今のマクドナルドがあるんだろうなあという説得力をもたせるようなエピソードだったし、マイケルキートンの演技もパワフルかつ狡猾という雰囲気が滲みていて良かった。
一方で、伝記的になりすぎるがゆえに、ちょっとストーリーに盛り上がりが欠けているような気もした。
ストーリー的にカタルシスを感じるような展開があまりなく、終始同じようなムードで物語が進むので、「あーこのオッサンすげえんだなあ」とはなってもそう来たか!となるようなシーンは少なかったと思う。
そうしようと思えば出来る展開もいくつかあったので、あえてそういう作りにしているのかもしれないけど、そこはちょっとどうかなと。
でもこの映画をマクドナルドの協力はなしに、ロゴなども勝手に使って作ったというのがまず面白いので観て損した気にはならなかった。
しらす

しらすの感想・評価

2.5
想像を絶するえげつない方法で競争社会を生き抜いたファウンダーの話。
MasayanTK

MasayanTKの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「契約は心と同じで壊れる」っていうセリフそのまま、創業者兄弟との契約も破棄して名前を奪い、奥さんも捨てて加盟店主の妻を奪い、辛抱の後アメリカンドリームを見事実現したマクド「創業者」🍔🍟
最低な資本主義スピリットをルンルン気分で拝みたくなったわ😌笑
ni3

ni3の感想・評価

3.3
序盤の紆余曲折を経て最初のマクドナルドができるまでの流れがとてもワクワクした。このあたりをメインにした話も見てみたいと思った。
「マクドナルド」の響きについての言及ほ確かにハッとした
KIDO

KIDOの感想・評価

3.8
人間ドラマとして、とても興味深い内容。

兄弟のことを考えると、とても切ないしやり切れないけど、これが現実なんだなあと帰り道にマックに寄りながら思った。

昨日のスパイダーマンに引き続き、2日連続マイケル・キートン。
演技力に惹きつけられる。
exodus

exodusの感想・評価

4.0
原作であるレイ・クロックの自伝を読んでいたので事前知識はあったのだが、マイケル・キートンの熱演が光る作品で見応えがあった。
マイケル・キートンは癖のある役柄がホントに合う。
それにしてもアメリカ人というのは良い悪いは別にして、dealの力がモノをいう世界なのだなとこの作品を観て痛感させられる。
トランプ大統領も正にギリギリのdealを仕掛けている最中。
良い結果が得られるのか否かは全く分からないが、dealすることに躊躇がない。
義理人情がどうしても優先される日本人には真似のできない世界観。
でも、これから生き残るためには必要な能力なのだろうなとは思う。
1号

1号の感想・評価

3.5
よくできた面白い映画。
あの野心はどこからくるのか、成功者の典型的なタイプでもあるのだろうけど、状況次第では皆があのようになりえるのか。というか、あのようでなくてはこのスケールの成功者にはなりえないのかな。とても男性的な世界観。
だけどその中身はどうあれ、肉焼いて、人が口に入れる実態のある商材であることに、いまの巨大ビジネスよりかはリアリティが感じられるかも。…いやでも、実は不動産で儲けたんだっけ。。
辻利

辻利の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

マクドナルドの”創業者" をマイケル・キートンが怪演

途中で出てくる天才が成功するのではなく、根気のあるものが成功するという言葉を体現していく

システムを作ったものではなく、広めたものが実験を手に入れた話

マイケル・キートンの選ぶ作品がすごい。
年齢相応の役を演じるため、役とのブレが殆ど無い
konocourse

konocourseの感想・評価

4.0
創業から発展に至る成功譚や、それに付き物のダーティな話など、経営者の話はどれも興味深い。まして、この話は店名のマクドナルド兄弟から「創業」を奪ったという驚愕の事実。
まろ

まろの感想・評価

4.0
レイ・クロックの野心むき出しの姿勢や創業者であるマクドナルド兄弟との対立が面白い。
何よりも、マクドナルドという誰もが知るお店だからこそイメージしやすいというのは大きいと思う。
日本でも上映館もっと増やせばいいのに。