ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 100ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

怖~~~~~っ!!!

マクドナルド兄弟はファウンダー(創業者)のやり方に「できないし、やりたくない」と言った。
幸せは人それぞれ。優しくて誠実な兄弟ですね(*^^*)
久しぶりにマクドナルド行ったらメニューが様変わりしてて驚きました。
総合評価点
29/50

評価点
21/35
3/5企画
3/5テーマ
3/5構成
3/5脚本
3/5演技
3/5音楽
3/5技術

好み点
8/15
レイ・クロックがクソ野郎だってみんな書いてるからどんだけクソ野郎なのか期待して観たんだけど。。

全然クソ野郎じゃないでしょ。起業家として見れば何も不思議なことはない。
だいたいマクドナルド兄弟のスピード感が遅すぎ。キッチンのオペレーションはあれだけ速いのに。むしろレイはよく我慢したと思う。

それより気になったのは、作中のマクドナルドが全部テイクアウト専門店だということ。でも僕らの知るマックはイートインがあるわけで。その転換も結構大きな判断だったと思うんだけど、それはもっと後の話なのかな。

どうでもいいけどインスタミックスでシェイクを作るシーン、ねるねるねるねを思い出してしまったw
桜花

桜花の感想・評価

4.0
マイケル・キートンの快演が光る作品。成功を目指す男の執念・冷酷さに約2時間目が釘付けになりっぱなし。
何かを得て、何かを成し遂げるためには、才能や学歴などのスタート位置の違いではなく、圧倒的な野心と根気の「走るスピード」が必要となってくるんだなーと改めて思った。
そこには必ずリスクが生じるけど、勝ち取るためにはそのゴールだけを見据え、他のものは手段として利用し、時には見向きもせず捨て去り、我が道を貪欲に進む。
冷酷であるけれども、そこにある意志の強さと自分の決定を信じ抜く強さは尊敬する。
自分の目標に対する執念、なりふり構わない姿勢等、色々考えさせられた。久しぶりに映画館で観たからか、すげー良かった
天下のマクドナルドがどうやって生まれたかの話。

ひたすらにやなやつだけど、ビジネスって結局これくらいのことできる人じゃないとここまで大きくは出来ないのかなと思った。
ちょっとマクドナルドが嫌いになります。(元から好きじゃないけど)
シェイク作る機械の営業から成り上がったと思うと、すごい。やなやつだけど、でも才能があるってこと。
兄弟たちはかわいそうだけど、もっと自分たちのことを信じて頑張ってくれてたらな。自分で自分の才能認めてあげられるかどうかも大事。アメリカにすごい経営者が多いのもそういうことなのかもしれない。
良かった。

マクドナルドの真の創業者である兄弟から、主人公の”ファウンダー”が企業を乗っ取って現在のハンバーガー帝国ができるまでの映画。
話の流れからして、”ファウンダー”は悪役として描かれていたのだろうが、見ようによっては「成功するためには冷酷でなければならない」という教訓を示した作品とも取れる。
実際、野心家の”ファウンダー”は単純で真っ直ぐな男だったし、本店との契約内容で揉めていたとき、参謀の案で見事兄弟を出し抜いたシーンは爽快だった。
対する兄弟は、ただの無力な一般人だったようにも感じられる。
そうしたことから、この作品は”ファウンダー”を貶めているのか、賛美しているのかがわかりにくい作品だった。
この、見る人によって解釈が分かれるという点が、この作品をより魅力的にしているのだと思う。
映画は時として、特定のイデオロギーを伝達するための手段となってしまう場合も多いが、結論を提示せず、観客が自由な発想で解釈できる映画は、本当の意味で心を豊かにする作品と言えるのではないだろうか。

上映時間は2時間弱で、退屈せずに最後まで見られたのも良かった。
マックが好きじゃない理由がなんとなくわかった。
@マクドナルドにて投稿