イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

11 minut/11 Minutes

上映日:2016年08月20日

製作国:
  • ポーランド
  • / 上映時間:81分
    監督
    イエジー・スコリモフスキ
    キャスト
    リチャード・ドーマー
    ボイチェフ・メツファルドフスキ
    パウリナ・ハプコ

    「イレブン・ミニッツ」に投稿された感想・レビュー

    べけべけ
    べけべけの感想・レビュー
    1日
    -
    非常に残念ながら、結構真剣に深読みしながら見たつもりが全く響かず。ある意味でどこかありきたりで…のわりに少しナンセンスなところも受け入れがたかった。必然的な偶然みたいなことをいいたいのかなぁ。勝手にサスペンスを想定していたのもあり、案外あっさりしてたのも不満の種かも。
    たつたYA
    たつたYAの感想・レビュー
    1日
    3.0
    えへへへ(笑)
    あかさ
    あかさの感想・レビュー
    1日
    3.5
    宇宙人オチだと思ってワクワクしてたのに…
    トゥン
    トゥンの感想・レビュー
    1日
    3.4
    斬新で難解だったけど、心惹かれた。
    おにぎりボーイ
    おにぎりボーイの感想・レビュー
    3日
    3.7
    意地悪な映画。こういうのも好き。
    それぞれの人物の11分間が微妙に絡み合い、そしてすれ違い、ある一つの運命へと収束する。
    どんな幕切れを迎えるのか、様々な予測を巡らせる観客を唐突に見放すかのようなラストの衝撃がとてつもない。
    不安を掻き立てられる演出と音楽、ミスリードを誘う謎めいた脚本、時系列を複雑に交差させた編集にグッと引き込まれ、82分があっという間です。
    りのあはコマンチ族になる
    りのあはコマンチ族になるの感想・レビュー
    3日
    3.2
    TSUTAYAで「超絶観たい映画」というコーナーに置いてあったので興味を持ちました。

    5時から5時11分までの間の11人と1匹(犬)の群像劇。

    最初はバラバラに過ごしている他人同士が最後は同じ場所で…ということで
    それぞれの物語をドキドキワクワク見ていたので、最後まで楽しめました〜!
    …と言いたいところなのですが、
    いや、実際楽しめたのですが、
    途中で謎に思った事が全然わからないまま終わったぞ(笑)
    それでいいんだったら、普通に面白かったけどね。

    でもできれば全部わかった方が良かったと思うんだけどね!
    ちょり
    ちょりの感想・レビュー
    3日
    3.0
    ファイナルがデッドコースター
    MasayaJoe
    MasayaJoeの感想・レビュー
    4日
    4.1


    ヒューマントラストシネマでイエジースコリモフスキ『イレブンミニッツ』を見る。
    京都行きの深夜バスを待つ間にみて、バスの車内で映画のことをじっと考える。


    夕方5時の11分の出来事を描く81分の映画。3秒を3時間かけて描くとか3時間を10分で描くとか、いろいろな時間操作があるけど、これは11分を繰り返し描く。


    ある日、空に黒い点が現れた。隕石かUFOか、それとも?一体あれはなんだ。関係あるのかわからないが、この日の17時11分に大事故が発生する。街の中心にあるホテルの前の道、大量の死傷者、事件に関わった十数人の、17時から17時11分までの11分間の出来事とは。

     まあ、新しさを感じる映画だったし、とても実験的な映画にも思ったし、難解だなとも思った。何かを象徴するような(9.11だったり)示唆もあり、空に黒い点が現れるというアイデアはSFとして読めたりもする。婚約した女優と夫とエロ映画監督との三角関係のラブストーリーでもあるし、サスペンスでもあり、本当にいろんな角度から見ることのできる映画だった。それは、いろんな人物の視点から描かれることと無関係ではないだろう。(犬視点まである!)


    なぜ、これが映されるのか。一見はてなマークなショットでも、そこには意味付けやショット間のつながりがある。第一、いちいちショットが強く、驚きに満ちている。犬主観は特にそうで、カメラが犬の気持ちで動く。飼い主の顔を見上げたかと思えば地面を見下ろし、草むらに突入する。こんなショットいる?と思うのだが、無駄ではない。ある悲劇に直面する複数の視点に、犬だって含まれるアイデアの面白さ。
     
    空白の多い映画だ。観客に想像する余地を与えてくれている、そうした余白の部分が大きいことが難解に思わせる一つの理由だろう。けれど、時間の限定性を与えられた人物たちがそれぞれの目的に向かって動く。

     映画は「未来の予兆」と「過去の記憶」を「現在地」の11分間に落とし込む。ここでの「未来の予兆」は、「何か不吉な出来事が起こるのでは」というシンプルなものだ。スコリモフスキによる人間描写の襞に楽しまされ振り回されはするものの、先行きを見守る観客たちの興味はその一点に集約される。不穏な音楽や時計の針の刻む音がムードを形作り、並べられたそれぞれのストーリーが町の地図を埋めていく。登場人物たちはそれぞれ空に異変を感じているようなのだが、その異変を観客は見ることができない。観客はずーっと欲求不満にされ、あまりにその正体が明かされないので、段々と不安になってくる。それが解消されるとき、それまでのヒッパリに見合うものが提示されるかというとそうでもない
    のが唯一の不満か。


    少なくともジジイが撮る映画ではない。
    社交性の低いラッパー
    社交性の低いラッパーの感想・レビュー
    4日
    3.4
    視点の暴力。人一人の人生など所詮井の中の蛙であり、平凡な日常で起こる全ての喜劇も悲劇も、偶発的に発生したバグでしかないとでも言わんばかりの悪意と冷笑さに満ちた作品。逆説的に言えば人生を謳歌しろということなのかもしれないけれど。
    正直、僕はあまり好きではなかった。
    >|