イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

11 minut/11 Minutes

上映日:2016年08月20日

製作国:
  • ポーランド
  • / 上映時間:81分
    監督
    イエジー・スコリモフスキ
    キャスト
    リチャード・ドーマー
    ボイチェフ・メツファルドフスキ
    パウリナ・ハプコ

    「イレブン・ミニッツ」に投稿された感想・評価

    全てはあのラストを見るために…
    観なくてい映画
    『ドニーダーコ』とかデヴィッドリンチが好きな人に全力で進めたい映画。

    と言ってもピンと来ない人に説明すると、今作は分かりづらい映画なのだ。リンチとは違って特にお洒落でもない特徴の無い映像に最初に受けた印象は、「何だか面白くなさそうな映画だな〜」と言うアバウトだけど的確なものだった。それでも観続けたのは、単なる好みの問題だろう。

    何がリンチ的かと言うと、映画の構成にある。今作は群像劇であり、とにかく不条理で終わりの見えない映画なのだ。

    「この物語は午後5時から始まり、5時11分に終わる。」

    今作をDVDのパッケージの「イエジースコリモフスキ監督、うん年ぶりの待望の最新作‼︎」と言う言葉に煽られ、「誰だよそれ‼︎まあ、面白そうだしいっか!」と前知識なしで観賞。
    今初めて予告を観たのだが、今作は午後5時に始まり5時11分に終わる物語らしい。
    タイトルと、たまに映される時計からなんとなくわかっていたのだが本当にそう言う設定だったとわ…
    とあるホテルの11階の1111号室では、ある映画監督とある女優がプライベートで会うことになっていた。
    それと同時刻別の場所で、ある男はある女に犬を渡す。
    それと同時刻に別の場所でホットドッグ屋はある女に唾をかけられ、それと同時刻に別の場所でバイク便の男は5分遅れて荷物を届けようとしていた。
    11分の間色んな場所ですれ違う彼らの終着点はどこなのか?

    エレベーターで羽ばたく蛾、空に浮かぶ黒い点、窓にぶつかる鳩、ビルの間を低空飛行する飛行機、11という数字。これらは何か意味があるのかもしれないが、意味なんて無いのかもしれないのだ。普段通り上手くいっているはずの人生の一片で起こるバグ、それは文字通り虫(bug)かあるいはハエのクソ程度のことなのかもしれない。
    5時から5時11分まで色んな視点からみる群像サスペンス。
    様々なアングルから、不穏な空気やBGM、伏線、来るぞくるぞと思わせるのは上手なのにラストはこんなものかと拍子抜けしてしまった。それが狙いかもしれないけど。
    人にはオススメ出来ないけど、観た人とはああだこうだ話したくなるタイプのヤツね。複数のエピソードが最終的につながるって言うたまにあるパターンだけど、この作品はそこの組み立てのうまさよりも、作中に散りばめられた謎の表現が鑑賞後も頭の中にこびりつく。それらが何だったのかということについては多分解説とかないと理解不能でしょう。なのですごい賛否分かれそうだが、個人的にはそういう作り込みが激しくてマニアックな作品好きなんだよなぁ。
    くそ。この手法なら「明日、君がいない」の傑作を観てるから比べ物にならない。いろいろ伏線らしきものをばらまいては放置。意味深を装ってかっこつけ。最後に話を持ってくために無理矢理すぎて理解不能。しいて良い所をいえば、EDの音と劇中の音楽(効果音?)が良かった。あとヒロイン?の女優さんが肌白くてきれいで目の保養になったくらい(´・ω・`)
    男女11人(?)の17時から17時11分までの出来事をそれぞれの視点から描く11分間サスペンス群像劇。

    時系列を前後させながらそれぞれの話が徐々に交錯して行くので必死に流れを追うものの、なかなか繋がりと主題が見えてこずだらけムードに。しかし、中盤辺りからSFチックな展開を見せてきたのでこれは予想の斜め上を行く傑作になるかと思いきや…

    この手の作品ではお決まりの最後に話が綺麗に一本に繋がるというわけでもなく、ちりばめた伏線の回収もほとんどされなくて謎は謎のまま。結末は明確だが(これがまたしょうもない)、結局何を伝えたいのだか。カメラワークやBGM、音の使い方なんかは斬新だったが意図がわからないもんばっか。

    ひょっとして全てにおいて意味なんて求める作品ではないのかもしれない。観る人をすごーく選びそうな作品。もちろん自分は選ばれませんでした。
    最後に行き着くまで退屈だった。
    あまりに退屈で眠くなり、2日かけて観た 笑
    どれも17時から始まる11分間のなんてことないストーリー。
    全編に渡ってバックに流れる低音が、何か起こるぞ、と予感させる。
    そして、いきなり繋がるんだよね。
    ちょっと無理がある助走だが、ドミノ倒しみたいにバタバタと。
    これで途中までの退屈さが帳消しにされた。
    最後のあの黒い点。
    凝ってるなぁと感心。
    全面的に信じられる作品。それだけ。
    変な映画だ。場面ごとのそれぞれのカットには全く一貫性がなく、ほとんど別の作家が撮ったかのよう(犬の視点のカットはもうふざけているのかと思う程だが、かなり癖になる)。しかし、奇妙な不穏さが共通して画面を終始支配する。天才的と個人的には思えるラストは、いわゆる伏線回収のカタルシス的なものすらとっくに超越している。映画における「面白さ」とは何か。これはもう抜群。
    >|