愛おしき隣人の作品情報・感想・評価

「愛おしき隣人」に投稿された感想・評価

全カット、奥行きが最高。

『さよなら、人類』の印象が強くて、今回ほんの少しだけ映画っぽいカメラの動きをしてて驚いた。
全編名シーンみたいな素晴らしい作品。

抜群のユーモアと色褪せた場所、人々。そしてラストの衝撃。

『スウェーディッシュ・ラブストーリー』からは大きな転換と見えるが、ペシミストを滑稽に描く点は同じようだ。

半端ないセンスが全編を打ち抜いてる作品。
konaka

konakaの感想・評価

3.0
「幸せを求めるくせに、彼らは自己中心的であり大変身勝手です」
【ベストムービー用】

ロイアンダーソン監督のファンです。

特にこの作品が大好き。

大雨の日には、
部屋の電気を消して、
窓を開けて雨音を聞きながら、
この映画を見るのが至福の時間。

なにが起こるわけではないんだけれども、
淡々とすぎて行く日常の日々の描写が、
日本と違ってまたよい。
drymoon

drymoonの感想・評価

4.8
大好き、今回もしっかり笑わせてもらった。ストレスフルな日々に疲れた全人類に観てほしい。絶妙なズレ具合が最高。不条理な社会だけど、明日があるさ
ne

neの感想・評価

3.9
リビングトリロジーの中で一番ダークな展開です。「ラストオーダー、明日があるから」が皮肉すぎる……

精神科医の独白が超好き、めちゃめちゃ笑った。
全く同じ意見です。
gi

giの感想・評価

3.9
まさしく邦題の通り"愛おしき隣人"。

絶対無理じゃん?!ってぐらい長いテーブルクロス引きを、やんわり止められてもやめずに挑戦し、案の定失敗するシーンが一番好き。
わかってるけどどうしてもやりたい時ってあるよなぁ。
人間のダメダメなところも愛して、「まぁ明日もあるし」って優しく微笑んでくれるような作品。

ラストの家が動いているのに気付いたとき、演出にグッときた。
Du levande
You, the Living

シュールで哀しくて可笑しいロイアンダーソンらしい映画
テーブルクロス引きに失敗して電気椅子送りになる夢、少女が片想いするロックスターと結ばれる夢、爆撃機が襲来するラストが印象的
CCC

CCCの感想・評価

3.8
このひとは音楽の使い方が好き。

冒頭の女性の愚痴がいつの間にかディキシーランドに乗ってるのとか、あとエリック・ベックマン(Cat Casino)の車窓のシーンもいいギターだよね。
にょ

にょの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

みんな生きてるなー生きてるってかんじ 
ロイアンダーソン監督の作品でいちばんすき
音楽があるとやっぱり人生は少し明るくなる
テーブルクロス引きのシーン、あそこまでくるともはや天才

人生が嫌だけどどうしたってしぶとく生きちゃう女の人がすき 人間は結局なんだかんだで生きちゃうものだ

バーの店主の明日があるから、は希望なのか諦めなのか そういえば彼は最後に明日があると言わなかった


ラストと最後が繋がってるとしたらすべては彼の夢?
みんなはほんとうにあの世界に生きていたのだろうか
>|