DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧の作品情報・感想・評価

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧2015年製作の映画)

上映日:2015年12月26日

製作国:

3.8

あらすじ

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──2014年7月25日フジロック・フェスティバル、グリーン・ステージのライヴをベースに、莫大な量の26年間の映像からピックアップしたシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気…

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──2014年7月25日フジロック・フェスティバル、グリーン・ステージのライヴをベースに、莫大な量の26年間の映像からピックアップしたシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気と関わってきた13人の証言で、電気の26年間を総括するヒストリー&ドキュメンタリームービー。1989年8月20日十三ファンダンゴの初ライヴなど、初めて世に出る映像も多数。監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──この作品で初めて明かされる真実も!

「DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧」に投稿された感想・評価

tento64

tento64の感想・評価

-
超面白かった。自分の中のイメージとしてはVOXXXというカオスなアルバムを作って、メロン牧場で馬鹿話をしている面白おじさんみたいなイメージだったんだけど、偉大な歴史があったんだな〜。若い頃のピエール瀧かっこよすぎ。
最後の最後のところ、ピエール瀧の動きにハマって爆笑してる卓球みて★5つけそうになったくらい、いい場面だ。
歴史を垣間見れてよかったけど、語れない映像にできないところがあるんだろうな!そこを、もうちょっとなんとか…できないところがきっといいんだろうな!
キヨ

キヨの感想・評価

4.2
何年前⁇
年末の仕事終わりに映画館に走ったやつ。

電気サイコー。

楽しいオヤジたち。
音楽サイコーー。
まりん・卓球・ピエールの3人体制になってからの電気をフェスで見てから、CDを買って聴くようになった。リアルタイム世代だけれど、私はまりんファンだったから「人生」まで遡って聴くほどマニアではなく、それでもやはり気になる存在が電気だった。

当時私は高校生。
その当時だからこそ余計に「本気」で卓球と瀧のおふざけ満載のステージに笑って踊れた。色々思うところはあるけれど、何よりエンドロールの後ろで瀧の動きに卓球が大笑いしているシーンが一番好きだ。

一緒に笑っていながら気づいたら涙が出ていた。何涙かは知らない。

青春の1ページ。
これはいい。

そもそもフジロックでの活躍は言うまでもなく、ライジングサンでも電気の盛り上がりはとてつもない。

テクノか。いやいやテクノの枠には収まらない凄まじいパワーとおふざけと笑顔。たまらない。

卓球とタキの魅力も伝えてくれるが、関係の方からのコメントの入れ方もなかなかのもの。特にまりんからのコメントは情にあふれたナイスなもの。脱退してもなお仲のいい3人の絆を感じさせてくれる。

富士山やシャングリラやNOなどのツボもおさえつつ、初期からの映像もてんこ盛りはファンにはたまらない。ナゴム時代(人生)のフォトショットもある。なんとケラまで素顔でコメント。これはすごい。

1番良かったのはライブ終了後のメンバーの中の良さ。

いいなあ電気は、とつくづく感じさせてくれる秀作。これを観れば電気ファンになれる。
1ミリも興味ないのに観てしまったので、内輪でワチャワチャやってる風景にゲンナリしてしまった。ファンにはたまらないシーンがいっぱいあると思う(棒)
yamashit

yamashitの感想・評価

3.5
電気ファンだったらきっと観てしまう映画。狂ってる2人、大好きです。
劇中に時折挟まれる、電気に関わり合いのある方達のインタビューも面白かった。無駄にオシャレな絵面で笑
あ

あの感想・評価

4.5
いままで数曲しか知らずそれでも好きだなあと思っていたが、こんなにジャンルの応用や変遷をきかせてやってきた人たちだなんてのは全く知らなかった。日本のテクノシーンをここまで牽引してきた人たちだったんだってことも。どっぷりハマってしまいそう。

この手のタイプのドキュメンタリー、上手くまとまっていればいるほど短時間で沢山の魅力を隅々まで知れるしアルバムの特徴とかもざっと拾えるからすごく好きだ。

それはそうとこれFilmarksの富士山映画10選に選ばれてんの面白すぎるな
電気あんまりちゃんと追ってない人間からするとちょうど良い感じだった。
電気グルーヴのファンではなく、私のような電気グルーヴをほとんど知らない(曲はShangri-Laぐらいしか知らない)観客も楽しませることができるのかどうかがこのジャンルの映画の良し悪しの判断になるのかと思う。

結論から言うとかなり面白かった。

石野卓球とピエール瀧の自分語りは盛り込まず、電気グルーヴの結成から現在までのヒストリーを中心に映画はすすむ。
元メンバーや関係者の話を挟んでいくことにより客観的に電気グルーヴを見ているような錯覚に陥る。

王道なやり方かもしれないけれど『この2人、おもしろいやん』と言う感情が湧いてくる。

実際、おもしろいんやから映画に引き込まれたんだろうけど。

あと、コンビ(夫婦生活)を長く続けていく秘訣なんかもわかるかもしれない。しらんけど。
>|