DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧の作品情報・感想・評価

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧2015年製作の映画)

上映日:2015年12月26日

製作国:

3.8

あらすじ

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──2014年7月25日フジロック・フェスティバル、グリーン・ステージのライヴをベースに、莫大な量の26年間の映像からピックアップしたシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気…

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──2014年7月25日フジロック・フェスティバル、グリーン・ステージのライヴをベースに、莫大な量の26年間の映像からピックアップしたシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気と関わってきた13人の証言で、電気の26年間を総括するヒストリー&ドキュメンタリームービー。1989年8月20日十三ファンダンゴの初ライヴなど、初めて世に出る映像も多数。監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──この作品で初めて明かされる真実も!

「DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧」に投稿された感想・評価

みそり

みそりの感想・評価

5.0
でんき好きな人はみるべき
🏓の下ネタにはしゃぐまりんかわいい
けんし

けんしの感想・評価

4.1
きちんとトピックスと音楽性の変遷を追い、
関係者の証言を挟み、代表曲、 キーポイントの楽曲を外さない手法は、
海外のこういったアーティスト映画のスタンダードで、この手法を取り入れたWOWOWの「洋楽主義」は名番組になっているが、さておき、
とても、見やすく、分かりやすく、
電気グルーヴというものがなんであったか、
説明しすぎずに、伝える良質なアーティスト映画ではないだろうか。

私は、電気は、「UFO」「KARATEKA」のあたりから、
リアルタイムでずっとおさえてきた。
どのアルバムも素晴らしく、
現在の新作も素晴らしい。

全盛期のLIVEを観ておくべきだった。

狂気とイノセント、
前衛とPOPの共存。

日本のアーティスト番組って、
すぐに嘘くさい物語になるじゃない?

電気のグラフティーを並べるだけで、
映画になるとふんだ、映画監督の勝利。
Furunya

Furunyaの感想・評価

3.6
これ見てから頂フェスで石野卓球見てたら盛り上がれてたのかなと思うと、惜しい。
【36-290】正直、大根監督じゃなかったら観なかっただろうと思いますが、これは観て良かった。
電気グルーヴ入門篇として。
あたし電気好きで良かったわー!人生得したわー!って映画。

A以降の、暴力的なほどのハードなライブパフォーマンスの描写は一番電気が好きな時期のやつ。最高オブ最高。

このレビューはネタバレを含みます

弟と妹の3人で見に行った映画🎬
個人的に思い出深い。
デビューからの回想を語る内容⚡️ジャケットグラフィックを動かしてる演出が好きだった。
ひかる

ひかるの感想・評価

3.5
映画館で鑑賞。
この映画を、映画館で誰しも座っておとなしく見ている空間が凄かった。
pochayuki

pochayukiの感想・評価

4.3
こんなに楽しいドキュメンタリー映画があるなんて。踊りたくなる。
yummy

yummyの感想・評価

3.5
まりん変わらずかっこいい。
牛尾くんのインタビューないからマイナス。
電気グルーヴをたいして知っているわけではないけど、電気グルーヴのこれまでをまとめましたって感じで、彼らに更に興味を持てるような内容ではなかったかな…
曲はやはりかっこいい
>|