DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧の作品情報・感想・評価

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧2015年製作の映画)

上映日:2015年12月26日

製作国:

3.8

あらすじ

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──2014年7月25日フジロック・フェスティバル、グリーン・ステージのライヴをベースに、莫大な量の26年間の映像からピックアップしたシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気…

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──2014年7月25日フジロック・フェスティバル、グリーン・ステージのライヴをベースに、莫大な量の26年間の映像からピックアップしたシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気と関わってきた13人の証言で、電気の26年間を総括するヒストリー&ドキュメンタリームービー。1989年8月20日十三ファンダンゴの初ライヴなど、初めて世に出る映像も多数。監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──この作品で初めて明かされる真実も!

「DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧」に投稿された感想・評価

daisuko

daisukoの感想・評価

-
セグウェイに乗ったピエール瀧の勇姿を再び見ることができて感激
3son

3sonの感想・評価

3.4
大根さんはほんと電気グルーヴが好きなんだなぁ。すげぇ〜伝わってくる。

こんな歴史があるなんて知らなかった。電気グルーヴを好きになるドキュメンタリー的映画。
サコ

サコの感想・評価

5.0
電気グルーブ好きすぎる、濡れる。
どの時代も、すべて私の青春さ、
トークがみれる映画なんて、たまらんし、
やっぱり、ライブも普段も電気グルーブすぎる!
この2人の世界にずっといたい!
見よう見ようとは思ってて、
ツタヤ行ったら置いてあったので、
「おお!!」と、
スゲー興奮しながら「最近面白い事もないからメチャクチャ笑ってやろう」と意気込んで借りて見てみたものの、
全編通して関係者が語る普通のドキュメンタリーになってて、
特にマリンがそのほぼを語っている「へぇー」となる裏話的なのは、当時と今の感覚、自分の歳を重ね合わせて感動して涙出そうにはなるものの、期待ハズレで消化不良な印象。
まあ、本人達もあんま関わってなさそうだしな。
最近の年取ってからのライブ中心の映像も若干キツイ。
ニワカ電気ファンとかこれから電気を知る人にとっては上手くまとまってはいるので良い作品だと思います。

俺の友達は電気らしい笑いと破壊がない内容に憤慨してましたが、
電気のパブリックイメージも大分変わってきたんだなぁとか感じつつ、俺は普通に楽しめたんでオッケー。
KOIZUMI

KOIZUMIの感想・評価

3.9
大袈裟なギャグかと思った。電気グルーヴをいいと思える自分がいて良かった。

「仕方ないなとわかっていながら、どこかいまいち割り切れないよ。先を思うと不安になるから、今日のトコロは寝るしかないね。」
Leon

Leonの感想・評価

3.2
妙に真面目な感じが…

ナレーションは全て英語で、関係者からインタビュー、まるで上質なバンドの歴史を語ってるかのように見えるんだけどそこは電グル。放送禁止用語に、頭悪そうな感じ全開。

単純に電グル知ってるか知らないかで意見別れると思う。もっとエグい感じ欲しかった。
おじさん同士が仲良しなのをみれるのはなんか嬉しい
卓球さんと瀧さんの二人の仲の良さが心地いい。オールナイトニッポンの頃の毒舌も語られていたのが懐かしかった。エンドロールの場面が感動!
んもれ

んもれの感想・評価

2.6
電気グルーヴの偉大さを知る映画

エンドロールが一番ほっこり♡
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
監督 大根仁。電気グルーヴの歴史と活動、関係者の証言にライブシーンがうまくまとめられている。
>|