ワンダーストラックの作品情報・感想・評価

ワンダーストラック2017年製作の映画)

Wonderstruck

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧…

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結びつけられ、ひとつになっていく――。

「ワンダーストラック」に投稿された感想・評価

イブ

イブの感想・評価

2.6
予告動画で惹かれてたものの映画館では観れず、DVDでようやく観ましたがー
映画館で観なくても良かったかも。(笑)

セリフが少ない分、映像で魅せる部分が多い映画でした。引き込まれて観ていた割には、ストーリーがありきたりで緩急なく見終わって何かが残ったかと言うとそれも無く、正直期待し過ぎた感が否めません。
ちょっと残念な作品だったな。
Xi

Xiの感想・評価

3.5
耳が聞こえないことの表現や、2つの時代の見せ方が上手だった。
ストーリー的にはベタなんですけど、繋がった時にはやっぱり感動した。
子供同士すぐに打ち解けて友達になるのが見ていて微笑ましかったと同時に羨ましい。
Space Oddity が泣ける。
あつ

あつの感想・評価

3.5
宝箱ひっくり返したような映画。とにかく子どもがかわいいし、髪を切った後の女の子が、めちゃくちゃ可愛かった。セリフが無いことに、最初は違和感があったけど、気づいたら慣れていた。筆談の時も、最低限の言葉で伝えていて、私たちは普段余計なこと沢山言ってるんだろうなって思った。
あきら

あきらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

博物館好きには頗る楽しい映画ですね!

子供たちはみんなかわいいのだけど、年代的についつい心配する保護者さんたちのことを考えてしまうのです。

全体的にあまりにも綺麗なおとぎ話なんだけど、兎にも角にも模型の凄さ!
あれは本当にぐうの音も出ねえ。
あれの造形とスケールだけでもぐっとくるってのに、息子の想いがあの中に仕込まれてるとか、なによそれ…(涙)

あれって事実上のぼ墓標というかもはや古墳なんだろうな。

そして最後にスペースオディティは本当にずるいよ……(嗚咽)
ストーリーはさほど。20年代と70年代の空気感(らしきもの)は画面から滲み出てくるようだった。N.Y.のジオラマはわけもなく泣ける。

このレビューはネタバレを含みます

1977年。母を交通事故でなくし、 父もおらず、おばの元で育ったベン。ある嵐の夜、母の家に行ったらワンダーストラックというニューヨーク自然史博物館の本を見つけ、書店の名前と父親ではないかと匂わすしおりを見つけて、電話したら雷が落ちてしまい、ベンは病院へ。気づくと耳が聞こえなくなっていたが、父の手がかりを得たベンはニューヨークへ行く。時は遡ること50年の1927年。耳が聞こえないローズは暴力をふるう父親から逃げるため、憧れの女優がいるニューヨークへ行くことを決心!時代は違うもベンとローズは1人ニューヨークに足を踏み入れました、、、

1977年と1927年の街の雰囲気が良かった。実際に見てさたことないけど街のネオンサインとかーみんなパンツインしてるファッションとかー、髪型とかー、当時っぽい(笑)中盤で出てくる書店は味があって良かったなぁー。本1冊1冊の赤茶具合が本物みたい。

1927年代はモノクロでさらにアンティークな舞台でした。ローズ視点ではあまり声がないので音楽がメインになるんだけど、それっぽいんです(笑)こっちはわりとローズ目線で見れたなぁ。

たんたんと思って書いてたけど、展開もたんたんとしてたので、泣くまでの感動は起きなかったです(笑)

博物館のジオラマはすごかった!あれは感激しちゃって、終わってからギネスに乗ったジオラマをググって見てさらに驚きました。ドイツのミニチュアランドですって。これはすごい。生で見たらまさにガリバー気分になれそう。行きたいとこ増えました\(^^)/
耳の聞こえない人の表現が面白かった!様々な音によって表現されてて上手いなーって思った
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
物語はそれほど好みのものではなかったが、1927年と1977年の話が交互に進行し最後に交わるというプロットは面白かった。また子役たちの演技はその心象をよく表せている好演。モノクロ描写での20年代NYの街並みやファッションは大好物。そしてトッド・ヘインズ監督はやっぱりボウイが好きなんだなぁと。
繋がっていくまでの無音の時間。
映像だけで伝わるってすごいなー
考察するのが好きな人、グラフィック、音楽を楽しめる人にオススメしたい
>|