ワンダーストラックの作品情報・感想・評価

「ワンダーストラック」に投稿された感想・評価

面白い!

あんまり評価が高くないのは、この映画が序盤から中盤にかけて「めちゃくちゃ泣ける超絶感動作感」をプンプンに漂わせるわりに、最終的には期待されているような「壮大な奇跡」や「突如明らかにされる真実」みたいなものは与えられないからだろうか。

『カメラを止めるな!』や『若女将は小学生』のように、最近はいないいないばぁ的というか和牛の漫才的というか、正体を隠して近づいて最後に心臓をメッタ刺しにしてくる殺人鬼みたいな映画が流行っているけど、これはその真逆だ。

振りかぶられた拳を見てこちらが衝撃に備えて身構えていたら、優しく頭を撫でられて肩透かしを食らうみたいな。

実際他の人のレビューを見てみると「意外とスケールの小さい話でがっかり」とか「思ったより泣けなかった」といったことがよく書かれているし、ぼくもそんな印象はすこし感じた。

ただ、予定調和が破る爆発がなかろうが気持ちよく泣けなかろうが、面白いものは面白い。

とくに最後の方の美術館でのシーンはすばらしい。

ひたすら筆談でローズがベンに自分が歩んできた道を語るだけなので地味ではあるのだけど、その語り方に現れる情報、つまり「ローズは結局読唇術も自分で発話する技術も覚えなかったけれど、それでも立派に家庭を築き、ニューヨークの街をジオラマで再現するという偉業まで成し遂げた」という事実がベンをどれだけ勇気づけるかを考えると、じわじわ響いてくるものがあるなと思った。

あと、この映画を見ると「手話」が好きになるなと思った。

聾者と健常者のコミュニケーション手段には筆談と読唇術と手話の3つがあるけれど、筆談は健常者が聾者に合わせる、読唇術は聾者が健常者に合わせるという形で片方だけに負担を強いるものだ。

少女の頃のローズはマイノリティ側に苦労を強いる読唇術を嫌うが、相手に負担を求める申し訳なさから筆談もうまく使うことが出来ず、コミュニケーションに苦労していた。

それに対して、「手話」は聾者と健常者の双方の歩み寄りによって成立するものだ。この「相手とコミュニケーションを取るために苦労をしている」という事実を前提として共有できることがいかに大事かをこの映画は教えてくれる気がした。
reiko

reikoの感想・評価

2.9
最初音のないシーンが多かった。
なかなか男の子と女の子の2人の物語が交わらなくて難しいな〜て思ってたら 、あ〜そうゆう事!ってなったけど、なんかもっと感動すると思った、、2人のつながりがラストの方に駆け足でわかる感じがちょっと物足りなかった〜
natsue

natsueの感想・評価

-
演出は好きな感じなのに、とってつけたような設定が多々あって残念
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.4
音がなく音楽だけのシーンが結構長かった。

モノクロの過去とカラーの現在が交錯し、どう交わるのか?ファンタジー?と思って観てたら、最後にうまく繋がったからよかったな。
ジーナ

ジーナの感想・評価

2.0
感動巨編的なオーラを匂わせつつ、それほど大したストーリーではなかった。

愛してやまない「キャロル」の監督なので映像世界に不満はありませんが、なんでもかんでも上手くいきすぎ。

2つのストーリーの繋がりもその程度?と思うぐらい小さかった。
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

3.0
古い本のにおいが漂ってくるような

ふらりと立ち寄って
のんびりできて

そんな本屋さんが
この角にあればなーと
思いました

眼前に広がる
ニューヨークの街並みが圧巻!
ストーリーとかではなく

色と音

表現が素晴らしい

こういう映画って魅了する力がある
zak

zakの感想・評価

2.8
新作でレンタルしようか迷っていた作品がAmazonにあってラッキーだったのだが、結果から言うとレンタルしなくて正解であった。

非常にかったるい映画。
演出上仕方ないのかもしれないが、無声、手話、筆談のくだりが観ていてまどろっこしく、テンポが悪い。

時を隔てた2つのストーリーの交錯に期待していたが、そちらも想定の範囲内以下で衝撃度は全くなく残念であった。
私は血気盛んな暴れん坊です!!
もし歩いていてトラックに轢かれそうになったらトラックの運転手を怒鳴りつける👧💢

なんだ!トラック👧💢🚚なんだトラック👧💢🚚なんだートラック👧💢🚚ワンダートラック👧💢🚚ワンダーストラック👧💢🚚
だからレビューしないとイケません👧💢

もっと分かり易く出来そうな内容を複雑化して
逆に仇となっているような印象を受けました💖
ワンダの缶コーヒーをグビグビ呑みながら
ストラックアウトにチャレンジしたけれども
9枚割りは出来ずに7枚割りで終わった映画…
そう書いたら分かり易く伝わると思います。

それでも、この世界観キライじゃありません。
トラック雑誌「カミオン」をコンビニで立ち読みしながら菅原文太さんや愛川欽也さんと一緒にトラック談義したくなる不思議な底力は秘めていた映画でしたよ👧💖🚚
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.5
色々と凝った演出だなー。洒落た雰囲気はあるが、多少ファンタジー感が強すぎる気も。二人のドラマが重なったところなんかは心温まって良いね。ジュリアン・ムーアのさりげない演技とかうまいと思った。
>|