狂乱の大地の作品情報・感想・評価

「狂乱の大地」に投稿された感想・評価

3月14日は43歳で早世したシネマ・ノーヴォの牽引者グラウベル・ローシャ監督の生誕79周年に当たります。

発展途上にあったブラジルの映画界において、フランスのヌーヴェルヴァーグと同様に"シネマ・ノーヴォ"という新たなムーヴメントを巻き起こし、革新的な作品で世界の映画シーンに一石を投じたローシャ監督。
ゴダールをして「もっとも新しい映画監督の一人」と言わしめ、
今からちょうど半世紀前の1967年に公開された本作はカンヌ国際映画祭にてルイス・ブニュエル賞、国際映画批評家連盟賞などを受賞し、その名声と"シネマ・ノーヴォ"の確固たる地位を築き上げました。

本作はブラジルのフォークロア的下地を基に形成された現代政治寓話ですが、舞台は架空都市エル・ドラド。
エル・ドラドといえば16世紀にスペイン人が挙って追い求めた伝説の黄金郷であり、
この裏側にあからさまなブラジル政界批判を盛り込んだ作風は、当時の軍事政権下の厳しい検閲を免れる意図が挙げられます。

詩人でジャーナリストであるパウロは野心的に変革を求め、聖職政治家ディアスや民衆のリーダーである地方議員ヴィエイラ、資本家フエンテスの元へ次々に仕えるものの、
闘争の火種は失意のもとに潰え、その挫折を時に荒々しく、時に繊細なタッチで描き出します。

理想と現実の狭間で苦悶し、どれだけ権力者の助力で抑圧された人々の自由と解放を扇動しようとも、結果支払われる犠牲は決まって搾取される側の弱者であること。
虚飾と怠惰にまみれた上層社会の内部をアヴァンギャルドな手法で暴き出し、
回想から夢想、イデオロギーに至るまで、交錯する映像は鮮烈なまでに混沌とした狂乱の心象を構成していきます。
それはまるでローシャ監督の根幹的「怒り」に直結するかのよう。

土着音楽をメインとする宗教儀式の歌と打ち鳴らされる太鼓のリズム、そして激しい銃声音は、終演後も暫し鳴り止む気配がありません。
ロラン

ロランの感想・評価

4.5
60年代にしか成し得ないであろう傑作。この映画は凄い。ゴダールが『映画史』でカサヴェテスと並んでローシャを讃えた理由が良く分かる。

冒頭から語る気のさらさらない、時制と空間を越境するカッティングに驚嘆。ビルの屋上の俯瞰ショットは誰の視点なのか。まるでカーニバルのような人々の喧騒を銃を放つことで黙らせる一瞬も笑ってしまう。ドキュメンタリー風に撮られているが、ブラジルらしく多彩な音楽が鮮烈で、終盤には画面とは無関係に台詞や銃声が洪水のように氾濫する。映像と音声の不一致による途徹もないエモーション。この編集にショット/空間への美意識が加われば完全に吉田喜重の世界だが、そうはならずに南米的なバイタリティーに賭けた映画だからこそ素晴らしい。

多くのショットが複数の人物を映す中で、主人公の活動家と彼が出会った女性を二人きりにするアップはことごとく美しく、この瞬間だけは映画のムードが一変する。時制の混沌とした編集だが、終盤には何人もの政治家への期待が幻想だったことの主人公の虚しさも感じられる。そして、ラストの走馬灯にも悪夢にも似たモンタージュ。オフスクリーンの銃声に撃たれる主人公に寄り添う彼女。怒涛の銃声が轟く中、銃を持った主人公が倒れまいとするラストのロングショットは、ある種の崇高さすら湛えていた。
ブラジル映画界の至宝にしてブラジル版ヌーヴェルバーグ「シネマ・ノーヴォ」を代表する映画監督グラウベル・ローシャのアヴァンギャルド社会派政治ドラマ。

主人公のジャーナリストであり詩人のパウロは保守派の大物政治家の側近だったのだが、地方のリベラルで革新派のヴィエイラの政治思想に共鳴して彼と政治活動を共にする。しかし、このリベラルな議員さんも結局は変革を全然できない。そんなんだから主人公のパウロはこの人も捨てて、首都に戻り今度は大金持ちの資本家フエンテスと行動を共にするのだが・・・・。

さすがブラジル。音楽が素晴らしい。オープニングからブラジルの民族音楽がグルーヴィー。その後もジャジーなドラムの乱れ打ち。不思議と銃声までもが音楽的でパーカッシブ。

映画の構成としては過去と現在など時制がいろいろ飛び交い、幻想的なシーンも交じり合う。

特にラスト近くは映像のカオス。過去、現在、演説、言葉、銃撃、バイオレンス、政治思想、が入り乱れた混沌の世界が描かれる。

拳銃を持ち、倒れそうになりながらも立ち続ける主人公パウロをロングショットで映す場面が美しい。