ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

空き時間があり、上映時間で観る映画を選んで映画館で鑑賞。

そして、一言。

良い映画でした。
もう一回観たいと思った。
普通のことってなんだろうね(*´-`)

生まれつき顔の骨が欠損してる難病を持つオギーと彼を取り巻く人たちとのヒューマンドラマ。
オギーに起きる色んなことは彼の顔立ちのことと切り離せないけれど、中には顔立ちとは関係なく、誰にでも起きることもたくさんある。
ともだち関係のいざこざなんて最たるもの…歩み寄りとすれ違いを繰り返しながら築かれる関係と成長が多視点でうまく描かれている。

うちは知的・精神・身体障害の娘がいて、生まれてすぐから私の仕事場に連れ回し1歳になる月から通常保育園に放り込み、今は保育園、療育×2箇所、自宅訪問リハビリを掛け持ちしている。どれも、親なりに娘の日々の喜びと将来のことをバランス取りながらやってるつもりだけど、正解は分からない。
プログラムを変えたり、増やしたり、変化のときはいつも大人よりも子どもたちの集団のことの方が正直怖い。娘が傷付くんじゃないかと思うから。でもお友達と同じように出来ないことを嘆いて、だから歩きたいと思うし話せるようになりたいと頑張って、出来るようになったことを本人も喜んでいる。成長に繋がるのも毎日の喜びも同年代のお友達といる時の方が大きいようで、親としては子どもの育つチカラを信じて支えて手伝える存在でありたいといつも思う。
イザベルとネイトの苦悩や言動は子どもへの関わり方の参考になりました。

あと何と言っても子役たちがみんな可愛い(*´Д`*)
評判通りすごくよかった。
みんな一度は観るべき映画。
自然に涙が何回も何回も出て、ティッシュを離せなかった。
ナゴミ

ナゴミの感想・評価

4.3
全世界の人が観るべき
sato

satoの感想・評価

-
記録。
いちか

いちかの感想・評価

4.2
側に置いてふとした時にまた観たいと思うような映画。

誰しもが不安を持ち、それと同時に勇気や優しさだって持ってるのでは?と教えてくれてる気がする。
オギーが主役ではあるんだけど、
お姉ちゃんに感情移入(泣)
いい子で生きていくって大変だよね。
魅力の形って人それぞれ。
好きになってくれる人が絶対いる
…ということかな。
hinano

hinanoの感想・評価

4.8
悲しそうなストーリーだと思い、躊躇ってなかなか鑑賞することができなかったのですが、すごく素敵な映画でもっと早く鑑賞すればよかったです。私も知識や所作、人間性などの、内面を磨いて成長していきたいし、強い人間になりたいです。また、私にもコンプレックスがあります。その不満な部分も自分にしかない個性だと思い、だめなところも私でこれが私のアイデンティティなんだ!と思いながら生きていけたら最高だと思いました。
周りにいる人たちの影響でどれだけ周りに変化が起きるのか、そう言うことを教えもらったと思う。
いい影響が出る人になりたい。
人をよく見ること。
これは大事だと気付かされた。
>|