ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

がべ

がべの感想・評価

4.8
お父さんが言った、「お前の顔が大好きだ。ずっと見ていたい」っていう台詞が凄くわかる。どんどんオギーが可愛く見え、みんなみたいに大好きになる。
オギーだけでなく、お姉ちゃんや友達など、子供たちを中心とした様々な視点から向き合う姿が描かれていて良かった。
可哀想っていう描き方でなく、苦しいこともあるけどとにかく明るく前向きに生きようとする彼らに心打たれる感動作。
Lissa

Lissaの感想・評価

4.8
初めから終わりまで泣いてた

辛さとか切なさで泣いたけれど
泣いて重い気持ちを流してくれるような愛の映画

いろんな視点と最後の格言で自分の辛さ大変さに必死になってしまうこともあるけど、そういう時にこそ周りを見て周りを助けることが自分を救うことにつながる気がする。
ricopin

ricopinの感想・評価

4.0
ぁあー、こんなパパいいなぁ

友達にオススメされて一年越しくらいにやっとみた

最初から最後まで
所々涙ぐみながら

あったかい気持ちにさせられました
Yudai

Yudaiの感想・評価

3.8
誰もが特別で、誰もが普通の存在

気になっていた作品をようやく鑑賞。
多視点から描かれる多角的な人間描写に心を奪われた。
もちろん、主人公のオギーの心理描写や成長を描く為でもあるが、
それ以上に周りの1人1人にストーリーがあり、特別な存在であることを感じさせてくれる。

オギーの周囲を巻き込み、心動かす力に太陽と呼ばれる所以があった。
明日から仕事頑張ります、、
ふう

ふうの感想・評価

3.5
心がホッとする物語。
オギーの母も父も姉も、学校の人も、心の悪い人が出てこないストーリー。
sub

subの感想・評価

1.0
エグいいじめのシーンもあるかと覚悟して見たけれど、全体的に優しく、大した重さのない、誰でも気軽に観られる手っ取り早い感動映画と言う感じだった。お決まり展開の詰まった絵本のよう。
正直障害者の弟より、長女がかわいそうすぎて見ていられない…。長女だってこの両親の子供なのに…弟のせいで太陽になれない…。
原作を読んだことがないのでわからないけれど、どうしてこの映画は、各母親を酷い人間として描いているのだろう…。
richard

richardの感想・評価

4.2
子供の方が、大人よりも良く見えてる事が多い。
同時に大人よりも答えを知らない事が多い、だから彼等なりに答えを探し苦しむのだろう。
そして大人の知っている答えもまた答えではない。
しかしどんな答えもいつもシンプルだ、誰かを思い、誰かと過ごすのがとても幸せなはず。
aaaiuc

aaaiucの感想・評価

4.3

人生の素晴らしさを教えてくれる
愛が詰まった作品。
観て良かったなぁ…と思いました。


『Be kind for everyone
you meet is fighting a harder battle
and if you really want to see
how people are,
all you have to do is look...』


『優しくありなさい
あなたが出逢う誰もが
より困難な闘いに挑んでいるのだから。
相手を知りたければ
やることはただ1つ
よく見ることだ。』


プラトンの格言が心に響きました。


将来、もし子どもができたら
この映画を見せて、感想を聞きたいです。
りほ

りほの感想・評価

5.0
普通ってなんだろう。
生きている人は皆、強さと弱さをそれぞれ持っている。それを持ち合わせながら生きていく。姉として、ヴィアの気持ちが痛いほどわかった。何も嘆きたくない、誰も悪くない、みんな一生懸命生きている。そう感じれば感じるほど自分の中の孤独は深まっていく。けれど、その孤独を癒してくれるのもまた家族であり、友達であり、大切な人達だ。ありふれた言葉かもしれないけれど、人は支え合って生きていくからこそ人生は面白くなるってことを再確認させてくれるあったかい映画。
オギーの頑張りに、母の包み込む優しさに、父の寄り添う優しさに、姉の受け入れる優しさに、全てに心を打たれた。

"強さを正しく使うこと"忘れたくない言葉。
とても良い話。ただ、クサすつもりはないけど、ちょっと詰め込み過ぎな気が....いや、各々の抱えている問題は興味深いんだけど、いかんせん数を増やし過ぎで話がアッチにいったりコッチにいったりするので「いや、こっちは彼のいろんな面を見ているから心動かされるけど、この登場人物たちはどこで心動かされたの?」と。ミランダがオギーに電話するシーンがグッときただけに、ヴィアと勝手に仲直りしてるのとかハアァァァ⁈て感じ。
あと正直、主役が特殊メイクというのがどうにも引っ掛かってしまう....
ポリフォニックスプリーの曲を合唱曲で使うのはナイス!
あと街がキレイ。
それにしてもオーウェン・ウィルソンの脇役っぷりよ....エライとも言えるけど
>|