デアボリカの作品情報・感想・評価

「デアボリカ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「ローズマリーの赤ちゃん」と「エクソシスト」の要素を間違って調合した謎ハイブリット。OPの悪夢シーンとポルターガイストのシーンは好きなんだけど、全体を見ると面白いんだか面白くないんだかよく分からない仕上がり。そして次男坊役のデヴィッド・コリン・Jr君さんは「ザ・ショック」でダリア・ニコロディを困らせていたエロクソがき。

*最初は「浦安鉄筋家族」経由で見た思い出。「デアボリカ」はポセイドンの奇声だっだ気がする・・。浜岡賢次には名作、珍作、駄作とたくさんの映画を教わった。
Rei

Reiの感想・評価

1.0
うん、、、
最近見てた映画が良すぎて本当に面白くなかった。笑

翻訳がひどかったです。笑
悪魔の子供を懐妊した妻を救うために旦那が右往左往するって話☆

“悪魔憑き映画”の金字塔「エクソシスト」にインスパイアされまくっていて、あちらは少女に悪魔が取り憑きましたが、こちらはオバハンです。

ミドリ色のゲロ吐いたり、首が180°回転は勿論、こちらは回転椅子に座ったかの様に体全体も高速回転してこちらをビビらせにきます!

悪魔祓い師と悪魔の戦いといった展開が無いのは大いに不満ではありますが、名前とパッケージビジュアルのインパクトにつられて鑑賞するのも一興な一本(* ̄ー ̄)☆
時代の割に映像がちょっと弱かったような。
遥

遥の感想・評価

2.8
エクソシストのパクりっぽいお話で、若干ダラダラ。
ラストは良かったものの、所詮B級映画止まりの作品。
これを見るなら、エクソシストを見ろ!!って感じでした。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.4
DVDで鑑賞。

エクソシストの大ヒットで製作された便乗映画。
それなりに恐ければ良いけど、あまり怖くも無く、どちらかと言えば退屈な部類だね。

エクソシストとはちょっと違うよ、ってことで悪魔と男(主人公の元カレ)の取り引きみたいなのをベースにしてるけど全然生かされてない感じ。

安いけど一応、見せ場はそれなりに多いのにもかかわらず、何故か怖くないし、うまく生かされてないんだよね。すごく勿体無い。
再編集してみるだけでももう少しまともな映画になるかもね。

しかし豆のスープを缶から直接ストローで飲む子供とか本家エクソシストを皮肉ってる?
Kazuma

Kazumaの感想・評価

2.6
多分…エクソシストより衝撃強い悪魔物だったような。

母親が悪魔に憑かれ目玉がグリグリ上下逆さまとか、左右にとか、挙句にエクソシストリーガンよりもかなりの量のが口からドロドロ汚物はでるわでるわ。。
首もエクソシスト同様回るわ回る。

悪魔つきの母親悪魔パワー半端やないし、
まぁ、エクソシストのイタリア版ですね。

デアボリカの方がエクソシストよりも、
えぐいかも。。
Taka

Takaの感想・評価

2.2
『エクソシスト』や『ローズマリーの赤ちゃん』のパクリと思われる。
怖いというより汚い。
オチにのけぞる。
とろ松

とろ松の感想・評価

2.7
イタリア版エクソシスト。

ママの身の毛のよだつ演技を堪能して下さい。
また不気味な演出がたまらない!

エクソシストとは違った首回転はゾッとします。
そして右目だけの回転…悍ましい…。

後はカルト的な悪魔映画です。

人形を使ったポルターガイスト現象シーンも好きです。
『エクソシスト』の大ヒットのおかげで量産されたイタリアンオカルトホラーの中でも最大のヒット作。
内容的には完全に『エクソシスト』の影響を受けた悪魔つきの映画だったと思うが、正直あまり記憶に残って無い‥。
近いウチに見直したいと思っている。


三鷹オスカー、1977.頃鑑賞。
>|