君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ぐり

ぐりの感想・評価

4.6
イタリアに行きたくなる映画☆

最初ただのPV映画か?と
ツッコミを入れてしまいましたが

完璧な風景を
見せ付けられると何も言えなくなります。
知的でアートな家族や環境に
恵まれていても全てが
上手く回ってくれるわけじゃない。

不器用で繊細な心情が
丁寧に描かれた作品でした。

もちろんイケメンフィルターで
私の目が誤魔化されてるのかも
しれませんが、同性愛だからどうこう
というよりもオリヴァーとの出会いを
通して、不可思議な自分という存在を
エリオが明確にしていくプロセスが
素敵だなぁと感じました。

因みに僕の名前で君を呼んで
と言う感覚は二回観ないと
わたしにはわかりませんでしたw

あーっイタリアに行きたい!
ぴこ

ぴこの感想・評価

4.8
OSTまでとても綺麗で、儚く危ういようなバランスが印象的でした。
幸せになってくれ〜〜
な

なの感想・評価

-
ずっと見たかった映画。
印象的だったのは、エンドロールと、ラストのお父さんからの台詞。

劇中に使われてた曲(ラヴェルの洋上の小舟)が映像美をより引き立たせてたと思う
さーや

さーやの感想・評価

4.0
もう父と母の愛の注ぎ方に涙。
なんていう愛情。

随所に描かれる深い家族愛がすごく印象的。
(日本人にはない距離感っていうのもあるけど)
両親に同性との一夏の真剣な恋を知られる
って自分ならとても嫌だけど、
でも寄り添い受け入れてくれたからエリオは
傷心をそれごと過去として抱えていけるのだろうな。

父の言葉に涙が溢れ
電話でのエリオの恋情に涙が溢れ
最後の母の声音の優しさに涙が止まらない。


評判通り
映像も音楽も表現も美しい映画。


最後まで観て
すぐもう一度観ずにはいられなかった。

24歳の葛藤が最初の街と言葉テストに知れて
出逢いから2人の物語が始まってたのね…!
と知らされてなるほどね、と。

その上で、
17歳にあの肩の触り方は
いろんな意味でアウトではないですか…。
自分の感情に戸惑う少年にあれを気付き答えろとは。
(そんな対応力あるもん?想像もできんよ…)


客人とピアノを聴く父と母の眼差し。
息子の変化と成長を、その原因を、
その尊さを、刹那さを、
深い愛情で感じ、受け入れようとしてたんだろうな。


しかし主役二人の美脚が目に焼き付いてもう!
みや

みやの感想・評価

3.8
夏に見てよかった 尊い

ポロシャツ着たくなる
Hamao

Hamaoの感想・評価

4.0
上品だけど奔放な田舎の生活の中で、思春期の混乱みたいなものを延々見せつけられる。
でもだからこそ、傷つくべき時にしっかり傷ついているエリオのラストシーンに共感できて良い。
シャラメがひたすら美しくて儚い。
いぶき

いぶきの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

夏の太陽の日差し、夏の草木、水辺、たくさんの本と音楽。飛び交う様々な言語と庭での食事。
こんなに美しい日常を観たのは初めてだった。
最後のお父さんの言葉に全てが織り込まれていた。エンドロールのエリオの顔もいいね。
>|