君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

【追記】草むらで2人が寝転ぶシーンはやっぱり『モーリス』のオマージュだと判明してスッキリ🐿✨

『🌍この世の美しいいきもの代表』である2人✨👦🏼エリオ(17)と✨👱🏻‍♂️オリヴァー(24)のひと夏の物語。もう…眼福の極みですよ👀✨終始ハァハァですよ♨️

冒頭で、オリヴィアのはだけたシャツの胸元からのぞく✨🌳胸毛🌳✨にエリオが心震わせる描写は『アソコの毛量でマウンティングし合う思春期男子あるある🐒』なのか?三島由紀夫のように同性の体毛に
『性が目覚めた🌱』のか…?謎🗿💦

あと豊かな緑やプール・湖。さらに室内・衣装まで画面内が徹底的に💚緑と💙青で彩られている理由を考えました(´・∀・`)👇🏻

エリオの溢れる若さを📗緑、7つ歳上のオリヴァーの思慮深さを📘青で表しているのかなぁ…と。2人で迎えた早朝の光も青でしたし🏙なんつっ亭👨‍👦

さらにエリオの心情はシンプルなピアノの旋律で語られ、壮大なオーケストラの劇伴など一切ナシ🎹✨製作者側の策にハマって鑑賞中ずーっと耳をすましてますた🎶👂🏻

で✨🌞避暑地&ひと夏の恋❤️✨の終幕は想像に易く、最後は❄️雪の日。白いシャツのエリオが美しかったなぁ☃️✨続くエンドロールも素敵でしたね👌🏻

【理想と現実】80年代初頭は性的マイノリティには優しくない…むしろ迫害の暗黒時代。舞台がイタリアの避暑地とはいえエリオの博識deリベラル💡な両親など👫全く現実味がない本作。”LGBT映画”というより✨ファンタジーなラブストーリー❤️✨だとアタシは解釈しますた☝🏻✨
k

kの感想・評価

4.2
call me by your name
互いに愛することは愛される自分をも受け入れること。自分を愛してあげることなんだよね。80年代のヨーロッパ彼らが結ばれることはそう簡単なことではなかったけれど、2人はお互いに愛し合っていたし、エリオは思春期の複雑な心情の中で自己を受け入れ確立していくんだろうなと。映画って見始るまでにめっちゃ体力使う…でも観てよかった。多分当事者ではないと理解し難い部分が多く、評価が低いのではないかと勝手に思ってしまうほど私の中では評価が高かった。性別云々ではなく一つの恋愛として見てほしい。
matsu

matsuの感想・評価

3.5
一夏の恋。切なくも美しい。
とにかくティモシーシャラメの演技が素晴らしい。好きで好きでたまらないっていうのがヒシヒシと伝わってくる。
あんな避暑地でチャリで爆走したり、のんびり本読んだりって生活に憧れますね。
k

kの感想・評価

5.0
北イタリアの風景とティモシーシャラメがすごく綺麗
お父さん素敵すぎる
年齢設定に批判もありましたが、ピュアな恋愛とイタリアの風景がとてもいい。Timmyの才能を開花させた監督は素晴らしい。
"痛みを葬るな"

"君は運がいい"

【STORY】
 少年エリオは、家を訪ねてきた父の生徒オリヴァーと出会う。
 最初は傲慢そうなオリヴァーの態度に反感を覚えるエリオだが、共に時間を過ごすうちに…


【一言まとめ】
●美し過ぎる、一夏の恋
●両親が素敵過ぎる
●ラストは何度観ても泣ける


【感想】
《今夜のzoom会に向けて鑑賞》
 
 3度観て3度泣きました。

 美少年と美青年による一夏の恋。
 爽やかなピアノと、映像だけでも熱気が伝わってくるような "夏" の世界が彩る、美し過ぎる映画です。


 察しているけれど余計な干渉はせず、息子にどう接し、どう言葉をかければ良いかをしっかり考えている両親の姿勢が素敵過ぎる…
 最後のお父さんとの会話は本当に染みますよね。


 ラストは何度観ても泣いてしまいます。薪の爆ぜる音が綺麗。

---
観た回数:3回
直近の鑑賞:Hulu(20.09.29)
my

myの感想・評価

3.6
パパとママが素敵だった。

すべてが美しかった。
中方

中方の感想・評価

4.4
父ちゃん……(;;)
>|