君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

【追記】草むらで2人が寝転ぶシーンはやっぱり『モーリス』のオマージュだと判明してスッキリ🐿✨

『🌍この世の美しいいきもの代表』である2人✨👦🏼エリオ(17)と✨👱🏻‍♂️オリヴァー(24)のひと夏の物語。もう…眼福の極みですよ👀✨終始ハァハァですよ♨️

冒頭で、オリヴィアのはだけたシャツの胸元からのぞく✨🌳胸毛🌳✨にエリオが心震わせる描写は『アソコの毛量でマウンティングし合う思春期男子あるある🐒』なのか?三島由紀夫のように同性の体毛に
『性が目覚めた🌱』のか…?謎🗿💦

あと豊かな緑やプール・湖。さらに室内・衣装まで画面内が徹底的に💚緑と💙青で彩られている理由を考えました(´・∀・`)👇🏻

エリオの溢れる若さを📗緑、7つ歳上のオリヴァーの思慮深さを📘青で表しているのかなぁ…と。2人で迎えた早朝の光も青でしたし🏙なんつっ亭👨‍👦

さらにエリオの心情はシンプルなピアノの旋律で語られ、壮大なオーケストラの劇伴など一切ナシ🎹✨製作者側の策にハマって鑑賞中ずーっと耳をすましてますた🎶👂🏻

で✨🌞避暑地&ひと夏の恋❤️✨の終幕は想像に易く、最後は❄️雪の日。白いシャツのエリオが美しかったなぁ☃️✨続くエンドロールも素敵でしたね👌🏻

【理想と現実】80年代初頭は性的マイノリティには優しくない…むしろ迫害の暗黒時代。舞台がイタリアの避暑地とはいえエリオの博識deリベラル💡な両親など👫全く現実味がない本作。”LGBT映画”というより✨ファンタジーなラブストーリー❤️✨だとアタシは解釈しますた☝🏻✨
GAMAKO

GAMAKOの感想・評価

3.8
特徴_________________

繊細な情緒と、何処からともなくやってくる切なさに殺されかける映画
___________________

ティモシーの表情にギューーーーーーーーーーーーーーーっと
胸が締め付けられて、危うく過呼吸になるところでした。

エリオとオリヴァーの
ひと夏の大恋愛を描く作品です。
イタリア避暑地の幻影風景によく馴染む容姿端麗な2人。
惹かれあうのも無理ないです。

「君の名前で僕を呼んで」という印象的なフレーズには、
個体としての境界線が曖昧になる…そんな愛情の深さと危うさを感じるし、
所々に挟み込まれる耽美な表現には少しハラハラしました…。
こういうと性的消費を思わせる表現になりかねないですが、
ティモシーは毒々しい官能的な表現との相性がエグいぐらい良いと知りました。
世の人々の特殊な性癖ににぶっ刺さっている事でしょう…。

オリヴァーの概要は父の御言葉に集約されているのかな。
とにかくエンドロールのティモシーの表情!!!
私にとっての本作はこれに尽きます。
k

kの感想・評価

-
みんな大好きなやつ
目真っ赤にして泣いてるティモシーシャラメらぶだよーーアプリコットかと思った

見終わったあとに思い出してドキドキしちゃった

小説貸してもらって夜中にもう1回見る
87

87の感想・評価

5.0
音楽と景色
一生記憶から消えることは無いと思う

1度はあんな恋したい

Myster of Love聴けばあの夏にいける
Visions of Gideon聴けばあの冬にいける
Ami

Amiの感想・評価

4.3
ずっと見たかったやつやっと見た
映像がすきティモシーシャラメ美しすぎ
全てが美しかった、、、
色が全部映えていて、すべてが美しかった。一生忘れられない夏は儚くて、一層美しい。両親も素敵だったし、何より最後のお父さんのセリフを、そばにずっと置いておきたい。
自分的にはタイトルがとても好きです。人間の関係って様々な形があっていいですね。

2022/01/06
Kana

Kanaの感想・評価

2.2
途中でやめちゃった、、
miyurin

miyurinの感想・評価

4.5
BLの物語でありながら、これは純愛の物語である。
まずエリオット演じるティモシーシャラメがいい。
みずみずしいティーンエイジャーの、自分でも持て余すほどの感情、憧れ、恥じらいを見事に演じている。
オリバー演じるアーミー・ハーマーが
大人の男性の眩しいほどの魅力を演じているが、時に戸惑い、時に冷淡に見えるほど冷静に生きているのだ。

ラストはとても胸に迫るものがあった。
原作も読んだのだが、ラストは違うものだった。
それに映画では描ききれないほどの細かな心の機敏を描いていて、あのシーンはこういう気持ちだったんだと改めて知れた。

映画を先に観るか、原作を先に読むか
その人の好みにはなるだろうが、私は原作を後で読み、その行間から立ち昇る、鮮やかな映像が映画の余韻をさらに深くしてくれた気がするのだ。

続編を待ちたい。
だが、エリオがなるべく若いうちに撮影して欲しいと切に願う。。。
Karen

Karenの感想・評価

3.7
地中海の夏、音楽、歴史、全てが美しく儚かった
>|

あなたにおすすめの記事