グレート・ビューティー/追憶のローマの作品情報・感想・評価

グレート・ビューティー/追憶のローマ2013年製作の映画)

La grande bellezza

上映日:2014年08月23日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.5

あらすじ

偉大なる美が集う永遠の都ローマ。 美の探求者が人生の最後に追い求めたものとは…? 真夏の夜の眠らないローマ。ジャーナリストのジェップは俳優、アーティスト、実業家、貴族、モデルなどが集うローマの華やかなセレブコミュニティの中でも、ちょっとした有名人だ。彼は初老に差し掛かった今でも、毎夜、華やかなレセプションやパーティーを渡り歩く日々を過ごしていたが、内心では仲間たちの空虚な乱痴気騒ぎに飽き飽きして…

偉大なる美が集う永遠の都ローマ。 美の探求者が人生の最後に追い求めたものとは…? 真夏の夜の眠らないローマ。ジャーナリストのジェップは俳優、アーティスト、実業家、貴族、モデルなどが集うローマの華やかなセレブコミュニティの中でも、ちょっとした有名人だ。彼は初老に差し掛かった今でも、毎夜、華やかなレセプションやパーティーを渡り歩く日々を過ごしていたが、内心では仲間たちの空虚な乱痴気騒ぎに飽き飽きしているのだった。そんなある日、彼の元に忘れられない初恋の女性の訃報が届く。これをきっかけに、長い間筆を折っていた作家活動を再開しようと決意するが……。

「グレート・ビューティー/追憶のローマ」に投稿された感想・評価

You

Youの感想・評価

2.5
芸術的で美しいシーンやその撮り方も素敵だったけど、ことばが哲学的で、わたしには難しくてふわっとしてしまい、だめだった。
NEMO

NEMOの感想・評価

-
皆優しいから、君の嘘も矛盾も黙ってるんだ。
頼むから紳士でいさせてくれ!
まる

まるの感想・評価

3.8
久しぶりに結構好き。
特に後半とても良かった。
この映画を美しいとは言い切りたくないけれど、美しさをどう描くか悩む作者が好き。
zhou14

zhou14の感想・評価

-
これこそ難解、解説の説明など、的外れでしかない、これはそれ以上の物語。
2014/08/07
最初に垢抜けない日本人観光客が出てきて、違和感あり。
頑張って見たが、最初から最後までよくわかりませんでした。
イタリアの景色は綺麗だった。
smoke

smokeの感想・評価

5.0
要約すると"大いなる美"を「無」に見出してきた主人公が人生の彼岸の立場に立って初めて、その居場所を新たに発見し、それを埋没させてしまう人生のトリックを解明するというお話。
映画以前にジェップガンバルデッラ(主人公)は"大いなる美"をフローベールの引用が示唆する通り「無」の中に見出していた。しかし主人公は愛着寄せる人間との別れを通じ考えを変化せてゆく。大いなる美の居場所は生活裡に隠されたものではないか、と。
人間の嘘や醜さや遺物の底に流れる死に至るまでの生の営み…ここに大いなる美が在る、と発見する。しかし駄弁と雑音の元にそれは世間に音無く埋没してしまい、それを実感することはできない。世間に"自分"が存在し"大いなる美"もそこにある限りそれを世間から眺めることは出来ないのだ。ここに"大いなる美"が埋没してしまうトリックがある。
スクリーンを飛び越して地中海にダイブしたくなるような美しくどこか退廃的な世界。冷笑的な老ジャーナリスト、しかし彼の心は記憶のありかを常に求めていたような感じがする。青い海と太陽…
misaki

misakiの感想・評価

3.0
ごめんなさい。
テンポも話も全く合わなかった。


これを面白いと堪能できる大人になりたい。


観賞中何度も残り時間確認した。
30分ぐらい経ったかなーって思うと10分ぐらいしか経ってないっていうのが何度も続いて辛み。
これ正直いって何が言いたいのかいまいちわからなかったなあ。主役のトニさんと監督のパオロさんはイルディーヴォのコンビなのね。華やかな社会に嫌気が差したのが飽きたのかで、ローマをふらふらするおじさん。美しい物や人を愛でて歩き回るみたいな印象…
 ソレンティーノ版「甘い生活」。ニヒルな老ジャーナリスト兼小説家が華やかなローマをさすらう。リッチな世界を垣間見れて楽しい。でも宗教や美術史的な部分は分からなかった。
>|