グレート・ビューティー/追憶のローマの作品情報・感想・評価

グレート・ビューティー/追憶のローマ2013年製作の映画)

La grande bellezza

上映日:2014年08月23日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.5

あらすじ

偉大なる美が集う永遠の都ローマ。 美の探求者が人生の最後に追い求めたものとは…? 真夏の夜の眠らないローマ。ジャーナリストのジェップは俳優、アーティスト、実業家、貴族、モデルなどが集うローマの華やかなセレブコミュニティの中でも、ちょっとした有名人だ。彼は初老に差し掛かった今でも、毎夜、華やかなレセプションやパーティーを渡り歩く日々を過ごしていたが、内心では仲間たちの空虚な乱痴気騒ぎに飽き飽きして…

偉大なる美が集う永遠の都ローマ。 美の探求者が人生の最後に追い求めたものとは…? 真夏の夜の眠らないローマ。ジャーナリストのジェップは俳優、アーティスト、実業家、貴族、モデルなどが集うローマの華やかなセレブコミュニティの中でも、ちょっとした有名人だ。彼は初老に差し掛かった今でも、毎夜、華やかなレセプションやパーティーを渡り歩く日々を過ごしていたが、内心では仲間たちの空虚な乱痴気騒ぎに飽き飽きしているのだった。そんなある日、彼の元に忘れられない初恋の女性の訃報が届く。これをきっかけに、長い間筆を折っていた作家活動を再開しようと決意するが……。

「グレート・ビューティー/追憶のローマ」に投稿された感想・評価

tshtsh

tshtshの感想・評価

3.5
物語が終盤に差し掛かったとき
人々の動向が
闇に浮かび上がる油画のように
照らされる様が叙情的だった。
同監督の「グランドフィナーレ」が好きだが、本作は見逃したままで本日ようやく鑑賞。
誰にでもお勧め出来る作品では無いが、観て良かったと思う。

主人公は30年間何も書けずにいる著名なジャーナリストである。変わりゆくローマを嘆いている。

映像・音楽が美しい。ローマの街を歩いている時、知人とのパーティ・豪華な自宅・教会・クラブの中・・等々で流れる音楽、場面の切り替えを楽しんだ。

後半、とりわけラスト15分くらいのシーンが映像ともに美しく興味深い。

以下、ラストについて全くの個人的感想。

「この世の全てを見てしまったように思うのはまだ早い。この世には信じられないようなことも起こるし、美しいものはまだまだある(嘆いてばかりいる場合じゃないわよ)。」と背中を押された気がした。

シスターの笑顔と「根っこは大切よ」という台詞が好きだ。
こんな優雅な世界、本当にあるんだろうなぁ。素晴らしいなぁ。自分では行けないところに秘密で連れていってもらった気分。
あらすじ説明してと言われて1番困るやつ。
感覚で観る映画。

面白くない人は全然面白くないだろうし、
面白いと思った人はきっとその良さを鼻高々で語るのであろう、そんな映画。

20年後くらいの方がこの映画の良さをわかるかも。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

4.0
どれだけ内容を理解できたかというと、悲しいかな、あまりできてない。もっと生きてからならよくわかるのかな。ぜひ将来観直したい。
とにかく映像が素晴らしい。鮮やかでみずみずしくて、光と影が印象的で、画面全体にツヤがあるというかなんというか、ゴージャスな映画だった。被写体が必ずしも美しいとは限らないが、観入ってしまう作品だった。
飛び飛びの場面をぼやっと楽しめなきゃダメ。
整合性は後からくる、読後感。みたいな作品。
集中したら負け。
Keny

Kenyの感想・評価

4.4
言葉の及ばない美がある。
それを創り出す者がある。

フィナーレより始まるこの映画は、僕の中の美の居住空間でほとばしった。花開いた。でも、その花が何を語りかけているのか、僕にはわかっているのかわからない。
美しさは理性を凌駕する。

人生の彼岸ってなんだろう。僕らの生はどこに埋もれしまっているのか。
いい顔するよToni Servilloさん。

なるほど、映画体験の事件性の質はフェリーニに近い。
のん

のんの感想・評価

3.5

30年間書けずにいる初老の小説家ジェップ。彼の思い描く理想の、非現実的で夢のようなローマの日々・人々との出会い。
冒頭のインパクトのあるパーティーシーンにたっぷり時間割いてるせいか、一気に迷宮に入ってしまう感じが凄い。ローマの堕落した上流階級を洒落たビジュアルで描いていて、醜悪さと洗練が同居。


監督いわく、「今でも『甘い生活』はあるか?と問う作品でもある」とのこと。
その問いかけで登場人物たちの平均年齢考えるとかなり冷笑的な感じだけど、暖かみもあるのが不思議。

監督はフェリーニ作品が好きとのことだけど、単に私の好みだからかそう思うのか、セルジオレオーネ感もあるセンス。
otom

otomの感想・評価

4.9
己が生きている事を発見する瞬間の美しさ。石の都にてと云うのがまたニクい。素晴らしい。傑作。
mmarrrcc

mmarrrccの感想・評価

3.8
トニ セルヴィッロxパオロ ソレンティーノ
未だの人、是非観てみて
>|