羊の木の作品情報・感想・評価 - 133ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

akane

akaneの感想・評価

3.2
時間的に難しいだろうけど、6人それぞれについてもっと知りたかったな。終わり方が、うーん…って感じ。
juncat

juncatの感想・評価

3.0
錦戸亮が演じる
月末って市役所の人。

地元で普通に真面目に
生きてきた人。
好きな人には、つまらない
と相手にされてない人。

だけど、
多少ビビりながらも他人を受け入れられる純粋で心が強い人だった。

本当に優しい人って心が強い人。
元殺人犯の人達は心が弱い人。

心が強い人に出会えれば更正の道も開ける、、かも。

のろろゲームの終わり方がどうなるのか気になる。
monami

monamiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

映画としては何役か無意味なのでは。ドラマで1クールならかなりサスペンス性があって面白そう。最後の方とか、月末は短期間でなんでそんな宮越を友達だと言えるの?とハテナ。もうどのタイミングで殺されてもおかしくなかった...崖から飛び込むシーンからはたしかにSFまじりだったかも。この映画みて受刑者に対する価値観ってあんまり変わらない気がする。でもそれが現実。
ヒロ

ヒロの感想・評価

2.5
漫画原作らしいが、回収しきれてないんだろうなと。
6人の意味は?設定の行方は?
事件は完全に市側の失態だが、誰も何も負うことなくさっぱり終わるのはあえての皮肉か。
松田龍平はもちろん最高だが、MVPは北村一輝。
豪華な出演者で、演技が上手かっただけに、脚色が、もうひと押し欲しかったです‼残念(>_<)❕
僕も将来、優香ちゃんに介護してもらいたいです❤❤❤
かな

かなの感想・評価

3.6
レイトショーで観たので夜の道を、帰り道色々考えさせられました。余韻が残ってます。
それなりに楽しめた。松田龍平がよかったな。錦戸も公務員にぴったり!
ktotok

ktotokの感想・評価

2.5
なにが映画のテーマだったのか?
この施策は成功だったのか?
謎ばかり
カジ

カジの感想・評価

2.5
珍しく、邦画で公開初日に見ました。
キャスティングも素晴らしく、引き込まれたのに。結末でぶち壊されました。
残念。
カホ

カホの感想・評価

3.7
褒め言葉として「終始居心地が悪い映画」だった。

錦戸が本当に普通のお人好しでしかなく、危ない方向に進む度にこちらがハラハラしてしまい、見るのに集中できなかった。

優香が少し浮いた色のリップをして、あの性格(?)であるところも、木村文乃のあの嫌な女って感じもすごくリアルでよかった。

終わらせ方があまりにアクロバティック過ぎたし、人々が普通に日常に戻るところは違和感あり。
羊の木の意味もよくわからないまま終わってしまう部分も不完全燃焼。

だけど俳優さん達の演技が文句なしによかった。
クリーニング屋の人がこのまま静かに、穏やかに暮らせるのいいなと思う。

のろろ様の使い方も不気味でよかった。