羊の木の作品情報・感想・評価 - 133ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

クー

クーの感想・評価

3.0
・原作漫画からの改変が大きく、もはやオリジナルになってしまっている感が、、、
・いつもの市川実日子にキレイな木村文乃を差し置いて優香のエロさ!
・松田龍平はやはりサイコがよく似合う。
・犯罪者たちの罪状を説明しないサスペンス展開はよかったが、それぞれのキャラがほとんど交わらない。複雑になりそうな話もタイトル通りにやや単純になってしまっているのは残念。原作のおもしろ展開をカットしてしまっているのでは?
nagata

nagataの感想・評価

3.2
所謂な地方の閉塞感と訳ありまくりの6人が織りなす映像は完成度高いですが
顛末を追いかけるには尺が足りないような… 原作通りにする必要がないのなら人数削ってもよかったのではとも思いました。
役者の配役 演技は概ね満足で、特に素晴らしかったのは松田龍平の死んだ目と優香のエロさと何処にでもいそうなクリーニング屋のおばさん。

このレビューはネタバレを含みます

吉田監督はほんと外さねぇな…
面白かった!

桐島にも通ずる全編ヒリヒリした不穏な空気と他人事じゃなくなっていく感じ、吉田イズムが溢れてて最高でした。
(ついでに、あの「え、付き合ってんの?」って感じ!)
クライマックスの映画的飛躍も非常にらしい豊かさがありましたね。
冒頭の6人の出し方といい、「いいところですよ、人もいいし、魚もうまいです」の反復とかやっぱり映画を観てる気にさせるギミックがいいんだよな。

錦戸くんは華がありつつフツーの佇まいがよかった。優香のエロさ。

ラストのファンタジックさ含めて仕掛けを堪能して文句なしだけど、やっぱりサイコパスが出てくるとドラマはどうでもよくなるな…
多分死ぬ二人以外の四人にテーマ性は込められてるんだろうけど、それでも。(自撮りとかはめっちゃよかった!)
あと水澤紳吾は話から消えすぎでは?笑

毎回エンディングテーマにもこだわりがあるのがすごく好きです。
わたる

わたるの感想・評価

3.3
どこか不気味な雰囲気が本編中ずっと漂う。

そこにいつ始まる?いつ始まる?と妙な緊張感を味わえるんだが、その緊張感を持ったまま何も起きずに終わるという残念な結果。

正直、お前必要あったか?という人物も多い。

話に全く入ってこないのにポスターに出て来たり、なんか脇役がイマイチだった。

でも、緊張感を持たせてくれたという事で3点越え。

どこかのタイミングで急展開盛り上がりを見せてくれたら評価はだいぶ変わった。
千里

千里の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

予告編を見て、自分の中で去年ヒットだった「愚行録」枠になりそうと勝手に期待しての観賞。ある港町に元殺人犯6人が同時期に住み始めるという設定が魅力的。もうこの設定だけで面白くなること間違いなしって思ってたのだけど、思ったより設定を上手く使えてなかった印象。

過去に罪を犯した人をどこまで受け入れられるか?
また罪を償った人はどう変わるのか?

罪の大きさにもよるのかもしれないが、過去に過ちを犯した人でも1度はチャンスを与えられるべきだと思う。そのチャンスで変わった姿を見せられれば受け入れてくれる人もどこかにいるかもしれない。逆にそのチャンスで変われない人は関わったら危険な類の人なのかもしれない。そんな人の温かさと怖さが描かれている作品。

前半はそれぞれ元殺人犯たちにどんな過去があるのか、誰が動き出して誰が脱落するのか等、ワクワクさせてくれる。しかし後半はその設定を使いきれておらず、6人も登場させる必要はなかったのではないかと。良い人たちももっと掘り下げて欲しかったな。あとあの政策もかなり穴だらけというか、市役所の対応も守秘義務とか言いつつずぼらだったりで馬鹿っぽく見えた...。メインの2人の関係性はどことなく「ヒメアノ~ル」に似ている気もするけど、「ヒメアノ~ル」程衝撃的でもなく、怖さもなかったかな。決してつまらないわけじゃないし、なんなら結構好きなタイプの作品だっただけに色々もったいなく感じた。

優香さんエロい!おっぱい!
・80/100点
・あの吉田大八監督の最新作ということで、観ないわけにはいかないでしょう。
・ただ、前作『美しい星』が「良作だけど乗れない」テンション低めの印象だったので、「今回も乗れなかったらどうしよう」という若干の不安を抱えつつ、鑑賞。
・結果、その不安は杞憂に終わりました。


・刑務所の経費削減と地方の過疎化対策が目的の国家プロジェクトとして、6人の元殺人犯が魚津市に引っ越してくる。市役所職員の月末は6人の受入を担当し、殺人者達の動向を見守るよう命じられる。そんな折、港で殺人事件が発生。誰かが関与したのか、月末の不安は膨らんでいく。


・6人の元殺人犯達のキャラクター説明の手際と、描き分け・配置の的確さがすごく良い。
・一番わかりやすい悪は、杉山(北村一輝)。全く更生していない上に、どうにかして相手より上の立場を誇示しようとするプライドの塊のような人物。街で見かけても、絶対に近づきたくないタイプ。
・福元(水澤紳吾)は和ませ担当。髭剃りシーンの面白さは映画的で良い。その分、酒を飲んだ瞬間に豹変する異様なシーンとの落差があり、これまた見事。「あぁ、酒が原因でのトラブルで殺しちゃったんだろうなー」ってのも伝わってくる。このシーンこの映画の雰囲気の転換点にもなってる。
・元ヤクザの大野(田中棍)も和ませ役。<元ヤクザ>って肩書きの通り、異様な世界の元住人。でも、更生してこっちの世界に馴染もうと苦心している人物。
・太田(優香)は「家族の中に他者が入り込んでくることを受け入れられるのか」という問いを投げかけてくる配役。
・宮腰(松田龍平)も太田と同じように「友人の中だったら…」という配役。但し、こっちは本当にヤバい奴のパターン。
・でも、そういう時こそ、「真の意味で他者を受け入れる、共存することを選択する価値を信じたいじゃないか」と、願わせてくれるバランスの描写がとても良かった。
・栗本(市川実日子)は…よくわからない人物。怖い感じではないけれども、何を考えているかわからない、先が読めない異質感が、危うくも思える他者。だからこそ、この作品のテーマを伝える役でもある。
・6人共、一度人を殺めるという一線を超えた行動をしているだけに、普通の人とは異なる<他者>として描かれている。

・自分の苦手な相手、嫌いな相手、価値観の合わない相手、つまり、<他者>と、どう向き合うべきか、どう共存していくべきか、という問いを投げかけてくる良作。

・「もし、自分の親しい人間(家族・友人)が殺人犯だと分かったらどうするか」というようなことをひたすら考えてしまう作品でした。
kkcckkcc

kkcckkccの感想・評価

4.1
優香がどエロい。やばい。
のろろって響きが絶妙。造形も絶妙。
まあ、バラバラなんだけどのろろ様がハブになって柔らかく繋がる。ラストとかすげえな。
優香がどエロい。
こう

こうの感想・評価

4.0
ザ・吉田大八作品。
原作からのアレンジが秀逸。
繊細な余韻を残したエンディング・ニックケイブの曲も意味深。
genhosoya

genhosoyaの感想・評価

4.0
「がきデカ」と「ぼのぼの」の作者が原作だと知り驚きつつ納得。
バンドが練習するプログレはかなり良い。
gurucinema

gurucinemaの感想・評価

2.5
松田龍平はすごかった。
優香もドキッとした。

もうちょっと6人一人一人の背景が知りたい。

最後のアレはない方が良かったなぁ
ちょっと昔のCG映画みたいで残念な気がした