羊の木の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「羊の木」に投稿された感想・評価

えりい

えりいの感想・評価

3.3
途中から観ましたが、観はまりました。
それぞれが過去に犯した犯罪内容は、それぞれの特性に当てはまってるんだなと感じました。
内容の濃いものではなかったので、殺人犯との共存という重いものな割にはサラッと観れますね。
minami

minamiの感想・評価

3.0
お正月休みに見るような作品ではないと思うのだけど。
でも思っていたよりおもしろかったかな。
スリラー要素が結構強くあるのかなと思いきや、そういった怖さはあまりなかったので(すぐにだれがヤバイ奴か見分けられるからかも)そういった意味では怖いもの苦手な私でも安心して見られた。

キャストもみんな似合っていたと思う。
優香最高、最強。
田中泯の役もすき。
あと、木村文乃の演じた、自分のことを好いているというだけで相手に嫌悪感みたいなのを抱いてしまってきつく当たる女性の感じもよく出てた。

ただ、音楽が苦手。
邦画でありがちなのだけど、前衛的な感じを引き出したいのか、あえてシーンに合わない音楽をのせるのが空々しいというか寒々しく感じてしまって、もっと神妙に感じられそうな場面でちょっと白けてしまったのが残念。
niconico

niconicoの感想・評価

4.0
設定が最高に楽しい。
服役していた殺人犯を過疎化対策で受け入れる。もちろん社会問題の解決の一環としては重要な対策だし、偏見はなくさないといけない。でも実際は違うんだなぁ。鑑賞しながらも偏見を持ってしまう。その辺も計算ずくなのかな。
市役所の職員である月末さん。上司からの命令で受け入れるも不安がいっぱい。上司の裏腹な発言にも惑わされる。古くからの幼馴染の関係性も。
いやー、面白い。序盤から中盤まではぐいぐい引き込まれる。クライマックスも楽しみだったけど、まさかの展開が。原作を読んでないからわからないけど、ひとひねり欲しかったなぁ。バッドエンドなら、なお好物。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
錦戸くん、こういう役が一番落ち着く。

昔からのいい伝えは守った方が賢明‼︎
結城

結城の感想・評価

3.5
松田龍平がとにかく怖い。圧倒的な存在感を放っていて不気味。内容はちょっと良く分からなかった。

このレビューはネタバレを含みます

何とも言えぬ後味。ゆっくりゆくりと圧がかかり最後はパキッ!そして「のろろ様」の判断が下る。確かに犯罪者の更生には難しい問題があるわけで…。[Jan13 2019]
a

aの感想・評価

3.0
最初のまったり感が長くて、クライマックス的なものがふわっと終わってしまった感じがした
きっと原作はもっとおもしろかったんだろうな〜と思いました
最後まで退屈せずちゃんと観られたけど、結局どこに向かっているのか確かにわからなかった映画。のろろ~ですな。

刑務所の財政難解消と住民を増やす事による地方の活性化の両得を狙って、新しい制度として市が犯罪者の後見人になり、10年間住居と仕事をお世話するという設定は面白いです。確かにありそうな話。でも法案は通らないでしょうけど。

その制度第一号として、6人の受刑者が町にやって来るところから始まります。それぞれクセがありそうな、過去を背負った人達で、一体これからどうなるんだろうという期待は膨らみます。

その中でとくにすごいと思ったのが、優香演じる夫を殺害した元主婦ですね。なにがすごいって、とにかくエロい。見た目フェロモン丸出しではなく、一見まじめで可憐な感じなのですが、その内面はかなりの好き者であることが、その表情と言動でわかる演技でした。こんな人確かにいます。あんな顔して迫られたら、そりゃ爺さんだって興奮しますよ。それに引き換え、同級生役の木村文乃のツンツン感はちょっと無理がありましたね。自然じゃない感じでした。

話の中心は、過剰防衛で誤って人を殺してしまい1年服役していた、一見いい人にみえる松田龍平演じる青年の行動になるのですが、そこに行き着くまでに他の個性的な登場人物のエピソードもいろいろ重なって、どれが本筋かがみえにくくなります。それだけ脇を固める人の印象がつよいということですが。

お祭りのシーンやバンドのシーンは、確かにポイントになるので必要でしょうが、ちょっと長くてくどかったですかね。それと、映画ではよくある手ですが、「6人の受刑者を出会わせて団結させないのが重要だ」という、後にそうなるよねと明らかにわかるセリフもいらないんじゃないかと。第一、背景の違う受刑者が集まった所で、何がおきるのかっていう話ですし。もうちょっと、ストーリーで必然的にそうなる、という工夫があれば痛快なのですがね。

個性的な面々が出演していることもあり、娯楽作品として見る分にはよい映画だと思いました。のろろ~です。
刑務所から出所した6人の元犯罪者を地方で受け入れ職業支援をおこなう中で生まれる様々な人間模様を描いた、山上たつひこ原作のリメイク版映画。

6人それぞれが異なる思いや、犯罪を犯した理由をもってるが故に、周りの人間の人生もそれに左右されていく。

でも最後にチカラを発揮したのはまさかの…

とても人間味のある話でした。
元殺人犯6人を仮釈放で同じ街に暮らさせるという、何かが起こりそうでちょっと怖い映画。

すこし祭りのシーンとか長く感じたけど役者が好きだったのもあったせいか面白かった。

錦戸くん、松田龍平、北村一輝、市川実日子
あと優香の序盤がかなりエロくって茶の間で見るのきつかった。