羊の木の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

YK

YKの感想・評価

1.5
記録

レビュー書く気にもなれない陳腐なサスペンス。サスペンス、とは?
akishimo

akishimoの感想・評価

2.9
嫌ぁ〜なハラハラ感がある映画。

コメディ系かと思ってみたら、とても笑うポイントのわからない映画だった。
ちょっと無理のある設定も多々あり。

殺人犯7人が独特で、最初から最後まで何となくモヤモヤが消えない感じ。
演技が上手なのかもしれないけど…。
北村一輝の悪人感は板についてた。笑

見終わった後も、結局は何が言いたかった映画なのか、疑問が残る…。
MikaNiwa

MikaNiwaの感想・評価

3.4
ひとつの共通項で人は語れないということが言いたいのか、原作も最後まで読めてないから解釈がなかなか難しかった。
でもそれが狙いかな…
すべてがぱすっと割り切れるものではなく、このモヤモヤした感情と人間は生きていかねばならない。

優香はかわいい。
さびれた田舎町の魚深市。市役所職員として働く月末一は、この町に新たに移住してくる6名の男女を受け入れるよう命じられる。しかし、受け入れた6人の男女は言動に落ち着きがなく、尋常でない様子。しかも、彼らには必ず不審な同行者が付き添っていた。その異様な様子に違和感を感じた月末は上司を問い詰めたところ、実は新仮釈放制度により自治体が身元引受人となった元殺人犯であることを知る。過疎化が進んでいる町としては、この国家プロジェクトを受け入れなければいけない状況だったが、平穏だった町の日常がゆっくりと狂い始めてくる。。ギャグ漫画の巨匠2人による同名漫画を基にした、「紙の月」の吉田大八監督の人間ドラマ。2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した原作を大きくアレンジした作品。

どことなく静かな雰囲気の中で始まっていくスリラー劇で、不穏な空気感を演出していく手法は嫌いじゃない形のオープニングの作品でした。「桐島、部活やめるってよ」で業界では注目を浴びた吉田大八監督ですが、この人は日常の中に非日常を描き出すのが上手いと思います。本作についても、過疎化が進み、町中は古くから住んでいる知り合いしかいないような地方都市の日常という中に、元殺人者という一癖も二癖もある人間を投入することで、異常な非日常が組み上がってくるという作品構成になっています。ちょっと設定は違うかもしれないですが、70年代のゾンビ映画のような、判を押したような代わり映えのない田舎町の中に、何か異様なものがジワジワと町を侵食していく様を、いい空気感で盛り上げていっていると思います。

ただ、こうしたいい空気感がストーリーとイマイチ噛み合っていないというか、町中で起こっていく事件の顛末と交わり合って、作品を動かしていくような形になっていないのが残念なところ。特に、映画の後半で、町に古くから伝わる悪魔的な祭りを登場させるのはいいのですが、事件の犯人が追い詰められていく様があまりに陳腐というか、ラストもVFXを使った奇抜な演出の割には安っぽさが拭えないかなという印象が残ってしまいます。6人の元殺人者についても、町で起こる事件の本流に関わる人物や、改心を見せていくキャラクターはいいのですが、その他でただ怪しげな雰囲気だけを醸し出す役回りの人物だけになっている人はちょっともったいない使われ方をしているかなとも思います。ただ、優香が演じる大田理江子は、個人的にはツボなキャラクター像でしたけどね(笑)。
貝崎

貝崎の感想・評価

3.5
ずっと感じてたあらゆる違和感の正体がわからなくて悶々としてたけど、ついに最後まで明かされなかった。なんかいろいろ考えて結局書くのめんどくさくなってきた。

人畜無害な一般人月末(錦戸亮)の地味さがちゃんと私に考える隙を与えてくれて、どんどん緊迫していく感じがして、超入りこみました。そしたら本当にずっと、市役所の職員という立場をしっかり演じて何も考えずに何も疑問に思わずに、ただ受け入れて、相容れないことはそのままに。最後まで誰にも関わろうとしなかった。孤独も幸せも感じてないし、感情がみえない。そういう月末に疑問を抱いてたら終わった。宮腰(松田龍平)が月末に対してやたら連呼する「友達」というワードの方が正常に思えた。お陰で殺人犯の彼らのことは、なんしか理解できたけどさ、月末は何者?

あーなんか、もう一回観たくなってきた。吉田大八監督、そうやって感情を揺さぶる作品本当多くてずるい。
ひとは、また会いたいから土に埋めるのかな。木になると信じて。違う出会い方をしていたら宮腰が 友達として? なんて聞くこともなかったんだろうなと、ありもしないもしもの話をいくつも考えてしまう。

このレビューはネタバレを含みます

終始退屈だった....
漁師のおじさんが軽トラで吹っ飛ばされるとこが衝撃すぎた
ekikawa

ekikawaの感想・評価

3.0
何話かのドラマにすればいくらでも原作に忠実にできるけど、2時間弱の映画の塊としてぶつける方が意味があって大切という時もあるってこと。
不穏な空気がずっと続く感じ
どこにも疑いばかりで、悪い意味でハラハラしっぱなし

かと言って意味がわからないと突き放すことも出来ず、どうにも引きつけられてしまう
MINAMI

MINAMIの感想・評価

1.0
設定は面白いですが、ストーリーがグダグダで途中から飽きてしまいました。結末もつまらないし、オチが最悪すぎて笑ってしまいました(笑)
ですが、キャストの方々の個性や演技は素敵でした^^これがなければ評価もしたくないくらいの駄作かも。