羊の木の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

DVDをデッキに入れる時はな「あ〜、カレー食いてえなぁ、よし観終わったらCoCo壱いこ!」思ってたんやけどな、冒頭で出所したての水澤さんが美味そうにラーメンとチャーハンと餃子食べてましてな…「あかん、王将にチェンジや、チェンジ!」なったんですがな…
結果今ネバネバ三昧カレー納豆追加のご飯500グラムを待ちながらレビュー書いているところです、やっぱり日本男児は黙ってカレーだよなぁ
しかし、長いからお腹すいたわ!ぷんすか!

出所したての殺人犯を町に受け入れるよ、って話

いや、まぁな細かい部分はさておき、全体的にはこれが正解なんやと思いますわ、でもなマシンボーイの根がポンコツB級映画好きやからな、どうしてもな、殺人犯達が経験と技術を駆使して殺人の腕を競い合う殺人キャノンボール的なん期待してしまうんすわ!(1個前に「劇場版アイドルキャノンボール2017」観てしまったばかりに余計な)

しかし、いざとなると6人も魅力的な殺人犯がいるのに、活躍すんのは…2人かな、マシンボーイ基準では2人、なんとももったいないよなぁ!
田中泯さんが通行人バッサバッサ切り捨てて血溜まり作ったり、水澤さんが剃刀手に舞い散る血飛沫ん中に佇んでたり、市川実日子がブツブツ言いながら爆弾組み立ててんのとか、優香が乳首に毒塗って男に吸わせてんのとか見たかったんよなぁ!
まぁ吉田監督やから期待はしてなかったけど、龍平さんと錦戸君見たかっただけやったから満足やけど、龍平さん安定の静かなる奇人っぷりにキュンしたから満足やけども
もちろん北村一輝も安定の北村一輝やったぞ!

ストーリーに関しては細かいツッコミどころがいろいろあるんだが、特に最後にファンタジー要素もってきたんが納得いかなくてな、スコアがスンッて下がりましたわ、なんか最後だけポンコツB級アクションの悪党の死に様みたいやったなぁ

本作の教訓、酒をむりやり飲ますんは…いくない!

そしてCoCo壱を出たマシンボーイは、シネマカリテにて「歯まん」完売の貼り紙を見て膝から崩れ落ちるのだった…マジか?3時間前ぞ!
はぁ…帰って酒でも浴びよ
「設定落ち」
設定が全てかな...と。早々に国家の極秘プロジェクトであることをバラしちゃったので、ヒヤヒヤはあまりしなかったです。個々人のキャラクターは良かったと思います。
Akiya

Akiyaの感想・評価

3.2
原作とはまた別の物語。
松田龍平のサイコパス感がなんとも…
ホラー映画の部類だと思う。
S

Sの感想・評価

3.3
少しずれる感想だけど、出所者を支える環境、触れ合う人は大切だと思った

どうしようもない悪っているのかなぁ
羊の木
原作未読。めちゃくちゃ面白かったです。やっぱり個人的に大八監督との相性良いんですよねー。期待にガッツリ応えてくれました。
のろろさまの判決…じゃないけど、変えられない過去への贖罪や人間性といった自分自身の業との向き合い方というか、それがまさに本人にも本人以外にも誰にもわからないことなので、人間というか自分以外の人間のことなんて誰にもわからないので正解はないんですよね。欠落=普通ではないとして、じゃあ普通とは?自分が普通なのか?という命題が突きつけられるっていう。難しい…。
とにかく、龍平がハマりすぎててさすがですし、木村文乃は相変わらずあーゆーイヤな性格演らせたら似合うし、北村一輝もあんな役はサクッと出来るし、キャスティングが絶妙でした。勿論、錦戸も凡人をちゃんと演じててコントラストとして機能してました。
そこをふまえてもやはり、自分以外の人間を信じること、罪を償うことやそれでも変えられない性のことetc、そしてそんな世界でしか生きられない生きていかなくちゃいけない私達人間の辛さ…。それは時代性関係なく、おそらくのろろさまが産まれた頃からある大きな命題なわけで。考えさせられます。
とにかく面白かったです!
たらこ

たらこの感想・評価

3.0
これまた勝手に期待しすぎてしまいました。
でも、勿体ないとおもいます。
もう少し、あと4、5歩は前に進んでも・・・
題材は面白いのに・・・
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.0
なんか、うーん、私はあまり相性が良くなかったようです。

気弱な優しいキャラクターは、錦戸くんのハマり役の気はしましたが、、、。

オカルトな感じが一周まわってちょっと滑稽で不思議な雰囲気をまとっている感じでした。

登場人物がたくさんいるのが、この映画の特徴なのですが、ひとつひとつがどうしても薄くなる気がして、、、。あまり印象に残ったところがなかったです💦
うーん。
オチがなーなんとも。
終始、松田龍平がなんかしてくるんじゃないかとドキドキはしたけど。結末がいかんせん。
理解力が悪いのかちょっと僕には理解しがたい作品でした。
キャストはとてもよく、登場人物多い割には一人一人際立っててそこは良かったです。
Gaki

Gakiの感想・評価

3.5
最後はなんとかサスペンスみたいだったけど、終始楽しめて観れた!
木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、松田龍平、などなど良い味を出してはまり役。錦戸亮が普通ぽさと良い演技で、ビタっと引き締めている。
面白かった^_^
ひろ

ひろの感想・評価

1.5
内容が薄い
キャストの無駄遣い
あのバンドシーンはいらないと思う。
ギターの音が不快だった。