羊の木の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

mol

molの感想・評価

3.3
他人を信じることは難しい
優香エッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ネネネ

ネネネの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

人間は変われないのかな。
一体過去に何があったのか、どんな風に感情が動くのか、他人のことはどうしても分かれないってことをあらためて実感してしまった。

もしもあの新聞記事が世に出なくても、やっぱり過ちは起きてしまったのかな。

「分かったから付き合うんじゃなくて、分かりたいから付き合うんじゃないの」って言葉にズーーンときました。
それでも、決定的なことを知ってしまったら、分かろうとすることさえ恐怖になるのかな。

登場人物が多いゆえ、ひとりひとりのエピソードがどうしても薄くなってしまうけど、映画でぜんぶ語られてしまうのがあんまり好きじゃないので自分で想像しながら場面をつなげられてよかったです。
ドラムの友達、パパ会幹事上手くやれてるのだろうか。。

あとエンドロール。
名前がだんだん海に沈んでいくのいいね。
神話みたいなのろろさまの首が引き上げられるシーンもじっと見てしまいました。
過疎化対策として殺人の前科人を転入させ人口増を図る迄は分かるけど、で⁉️だから⁉️意味が分かりませんでした⤵️
tosheeee

tosheeeeの感想・評価

3.4
吉田大八監督作にしてはなんだか手堅くまとめたなという印象。錦戸亮の役をどちらともつかない曖昧な対象として描く意味はわかるんだけど故にクライマックスの台詞がまったく響いてこないんだなぁ。脇を固める俳優さんはみんな良かった。優香が良かったなぁ。
t

tの感想・評価

3.4
鑑賞後もぐるぐる葛藤の残る作品。
木魚みたいな音が不気味でどんどん不安を掻き立てる。
クリーニング屋さんの店主と田中泯のシーンに救われた。
悪とそして更生と。最後、のろろ様オチにしたのは、人間には下せない決断だからじゃないか。難しい。難しいな。

このレビューはネタバレを含みます

引き込まれる感じがとってもよかった!
松田龍平が轢き殺した後にバックするところとか、ギターの不快な音とか。
不快感と違和感を演出するのが上手くて、超いい映画って感じではないけど。悪くない
木村文乃以外の演技がうますぎて、素晴らしかった。木村文乃だけ「木村文乃だよ」って感じを出しすぎて…………………
原作があのがきデカの山上たつひこ×吉田大八の組合せに注目したが秀逸だった。のどかな田舎の港町、どこかおぞましいのろろ祭り、6人の受刑者、男前だが持てない好青年公務員、わけありっぽい出戻り美人等…が絡み合う人間模様がシュールでブルーな空気感の中でラストシーンへ突入する感じが面白かった!!
いがらしみきお(・∞・)のゆるさは2パーセントくらい

白黒のよくあるエンドクレジットが左上から右下に流れる珍しいかんじ。妙な違和感が気持ち悪くてよかった。
&ボブディラン

安藤玉恵と市川実日子を見ると安心する

人は優しい人に支えられてどうにでも生きていける
ただそれを何も感じず自ら壊していくのがサイコパス

オチはそんなでもないけど
それまではずっと気を張って観てしまういい映画でしたまる🙆⭕

のろろ祭の胡散臭さ、グッジョブ
あんなんみんな下向いてたら継承出来ないし警備員は仕事できないでしょ。笑
なんやかんや最後みんな見てるし半端

木村文乃のギターうるさかったです
どうせならもっと難しそうな奏法を見たかった
原作未読だが、非常に興味のある題材で公開を待ち望んでいた作品。
過疎地の閉塞的で淀んだ空気感と元受刑者たちから発せられる不穏さが非常にマッチングしており、世界観や雰囲気は抜群に良かった。錦戸亮演ずる地方に暮らす普通の公務員・月末を主役に据え置くことで、元受刑者たちの個性が引き立つ構成も良かったし、難しい題材をエンタメに落とし込んだ木村監督の手腕は素晴らしい。月末が定型文のように繰り返す町の紹介や、木村文乃が一心不乱に同じフレーズを奏でる演出も何とも心憎い。田中泯演ずる元ヤクザの圧倒的な存在感や、水澤紳吾演ずる理容師の繊細さには思わず引き込まれる。冴えない主人公の錦戸亮も登場人物たちとの間に生じる気まずさを絶妙の塩梅で演じ切ってくれた。
しかし、受刑者を六人も取り扱うとなるとどうしても尺の都合で一人一人の扱いが中途半端だし、あまりにリアリティのない設定には不満が残る。月末のような若手職員一人にこれだけの大型プロジェクトを任せるわけがないし、月末と同僚がいつしかオープンに受刑者の話を職場でするようになったのも違和感がある。あれだけの事件があったのに住民が何事もなく生活を続けているラストは流石にご都合主義が過ぎる。松田龍平と北村一輝ははまり役だけど、彼らのこういう役柄は既視感があり過ぎて新鮮さに欠け、木村文乃もどこか似たような役柄ばかりで使い回されて何とも味気ない。
もっとリアリティを追及して、バッドエンドとはいかなくとも問題定義をして終幕するような作風を期待していたので、エンタメに偏り過ぎた作風は非常に肩透かし。特におろろ様の落首に至ってはそのやり過ぎ感に辟易する。エンタメにしても、社会派エンタメとしても薄味過ぎる。悪くはないが、この題材を扱っておいて、ここまで余韻の残らない作品なのは幾ら何でも勿体なさ過ぎる。
sh415

sh415の感想・評価

3.8
狂ってる人もいたけど
更生しようとする人を認めてくれる人もちゃんといた
人間は怖いからこそ素晴らしい